燐廻転生(りんねてんせい)

カード名燐廻転生[リンネテンセイ]
カードタイプアーツ限定条件-
コスト赤(1)・無(2)使用タイミング【メインフェイズ】
ターン終了時まで、あなたのルリグは「このルリグがアタックしたとき、このルリグの下からカードを好きな枚数ルリグトラッシュに置く。その後、この方法で2枚以上のカードをルリグトラッシュに置いていた場合、数字2つを宣言する。このターン、対戦相手は宣言された数字と同じレベルのシグニで【ガード】ができない。4枚以上の場合、ターン終了時まで、このルリグは【トリプルクラッシュ】を得る。5枚以上の場合、このルリグをアップする。」を得る。

 劇場版selector destructed WIXOSS来場者特典で登場したアーツ

 効果ルリグの下のカードを好きな枚数ルリグトラッシュに置くことで能力を発揮する。
 ルリグトラッシュへ捨てたカードの枚数が多いほど効果が強力になっていき、最大数を捨てた場合、ルリグ単独での勝利すらも可能としてしまうほどの効果を発揮する。

 ライフクロスを3枚同時にクラッシュできる、トリプルクラッシュテキストが目を引くアーツである。
 トリプルクラッシュだけでなく記載されている能力全てが攻撃に特化しており、レベル4の時点で使用すれば2つの数字でのガードを防ぎつつ3枚、レベル5で使用すれば追加のアタックの権利を得、合計6枚ものライフクロスクラッシュ可能である。

 また、4枚以上の効果を狙わず、《スピリット・サルベージ》や2枚目の《燐廻転生》で2枚送りを二度発動して数字を4つ宣言すればガードを完全に防ぐことが可能。
 相手ライフが0の状態で使用すれば、ルリグアタック自体を止めるかダウンされない限り確実にとどめを刺せる。
 なお、大抵のデッキではサーバントはレベル1と2が投入されるため、2枚宣言する場合は1と2を宣言すると防がれづらい。
 逆にこのカードの存在を意識してデッキに3以上のサーバントを投入することも考えられるため、最低でも使用前に相手のトラッシュを確認しておくと良い。
 《真実の記憶 リル》オーネストなどの手札を確認できるカードとの相性が良い。

 欠点としては、このカード使用すると、ルリグエクシード能力との併用が出来なくなってしまう点が挙げられる。
 エクシード持ちでなければ問題はないが、レベル4以上ともなれば強力なエクシードを持ち合わせているルリグが多く、それを放棄してこのカードを使うか使わないかはプレイヤー次第である。
 もう一つの難点は、このアーツが最高のパフォーマンスを発揮するにはレベル5にグロウするか、そうでなければ同レベルへのグロウを挟まなければならないことにある。言い換えれば、グロウを5回することを前提にデッキを組まなくてはならないため、このカードとレベル0も含めて6枚のルリグカードがルリグデッキを圧迫し、防御アーツが手薄になってしまう。
 グロウが完了する前に勝負を決められてしまえば本末転倒であるため、メインデッキ側に何らかの防御手段を用意したいところだ。
 このカードが再録されるレッドジョーカーで登場するアーツ《霹靂閃炎》使用すれば、ルリグデッキを圧迫するという点は変わらないがグロウ回数が4回以下でも性能を発揮しきれるようになる。

 同じ劇場来場者特典の《ディストラクト・スルー》《紆余曲折》と比べると汎用性が低く、使い所も難しいが、その代わり、強大な火力を有するロマン指向のアーツといえるだろう。

 ロマンの一例としては、イラストどおり《花代・伍》で使い、ダブルクラッシュを持ったシグニと同時に攻め込み、一気に勝負を決めるという用途のほか、《コード・ピルルク ACRO》《ロック・ユー》、または《遊月・伍》《四面楚火》で相手の対抗手段を完全に封じた上でライフクロス残り3枚から勝利に持ち込む……といった、いずれにしてもド派手な勝利を実現してくれる。
 極めつけに、タマ《虚無の閻魔 ウリス》でこのカード《アーク・オーラ》を組み合わせると、対戦相手アタックを防げなかった場合、ルリグルリグアタックステップ中に最高4回のアップをし、合計15枚ものライフクロスクラッシュするオーバーキルが可能である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《燐廻転生》の効果によりアップしたルリグは、もう一度アタックできますか?
A:はい、できます。ガードステップが終わりそのルリグのアタックを処理した後、アタックできるルリグがアップ状態であれば、再度ルリグアタックステップに戻りアタックすることができます。

Q:【トリプルクラッシュ】とはなんですか?
A:【トリプルクラッシュ】持つシグニやルリグが、アタックによって対戦相手にダメージを与える場合、ライフクロスを3枚同時にクラッシュします。

Q:《燐廻転生》を使用し、ルリグの下から5枚のカードをルリグトラッシュに置きました。どの効果を使えますか?
A:ルリグの下から5枚をルリグトラッシュに置いていた場合、2枚以上置いた効果と4枚以上の効果と5枚以上の効果を全て順番に処理します。数字2つを宣言し、ルリグが【トリプルクラッシュ】を得て、そのルリグはアップします。

Q:《燐廻転生》を同じターンに2枚使用し、アタックしました。どうなりますか?
A:それぞれの《燐廻転生》のアタックしたときの能力が別々にトリガーし、1つずつ処理します。それぞれの効果でルリグトラッシュに置いたカードの枚数は別々に参照しますので、1つ目の《燐廻転生》で2枚を置き、2つ目の《燐廻転生》で1枚も置かなかった場合に宣言できる数字は4つではなく2つだけです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-26 (水) 04:42:33 (306d)