selector(セレクター)

 WIXOSS TCGをベースにした深夜帯のTVアニメシリーズおよび、アニメから派生したメディアミックス作品群の第1シリーズ。
 原作はタカラトミー、ワーナーブラザース・ホームエンターテインメント、J.C.STAFFの3社で構成される「LRIG」の名義となっている。

 TCGの企画とアニメの企画は同時に並行で進められた。そのため「TCG原作の作品」でも「TCG化された原作」でもない。
 公式ではアニメ第1シリーズおよび外伝・スピンオフの漫画作品を総称して『selector』と呼んでいたが、TCGと区別せずに「WIXOSS」と呼ばれることも多かった。後述の通り、新シリーズ『Lostorage』の開始や『selector』と『Lostorage』のどちらにも属さないノベライズ作品の登場により、現在では「広い意味でのWIXOSSシリーズの一部」と言える状態になっている。

 全日帯で放送される他のホビーアニメとは異なり、作中ではルールはおろか基礎用語の説明すらほとんど行われない。これはアニメ雑誌やニュースサイトのスタッフインタビューによれば意図的な演出でそうなっているとのこと。
 TCG公式サイトのコラムでは本放送の1週間後を目処に劇中の対戦をリプレイで解説している。劇中でちらりと映されるだけの盤面も、大まかな対戦の流れに基づいて演出されていることがわかる。
 また、ホビーアニメでは物語を盛り上げるべく非現実的・超常的なストーリーが展開されるのが通例ではあるが、『selector』ではカードバトルに関わった少女達が戦いの中で傷つき、人生を狂わせていく様子を中心に描いている。登場人物が「WIXOSSなんてしなければよかった」等と言い出すなど、端から玩具の販促を放棄したような狂気的な設定が連続するが、これが斬新な「逆販促アニメ」として話題を呼び、TCGの初動売り上げに少なからず貢献した(と、思われる)。

 2015年4月19日に市川市文化会館で開催された「selectorスペシャルイベント」で、劇場版の製作決定が発表された。2016年2月13日より全国35館で公開。
 アニメとしての『selector』はこの映画で完結した形であり、2016年10月からはアニメ・TCGとも新シリーズ『Lostorage』へ移行している。

シリーズ作品一覧

 ストーリーや設定、登場人物、放送局や時間等については関連リンクを参照のこと。

selectorビジュアルコレクション

 発行・学研パブリッシング。第1・2期の版権画やメガミマガジンのピンナップを収録している。
 2015年5月1日発売。 ISBN 978-4-05-406262-7

アニメ関連のルリグ

 TCG未登場で名前が判明しているルリグは以下の通りである。各ルリグの詳細はルリグ/TCG未登場を参照。

栄光なき夢限少女たち―ネタバレ注意

テレビコマーシャル

 アニメの登場人物を起用したTCGのテレビコマーシャルがこれまでに2回作成されている。

メディアミックス

 アニメをベースにした以下のメディアミックスが展開されている。
 なお、ホビージャパンから刊行されているWIXOSS関連のノベライズについては『selector』や『Lostorage』とは世界観が異なるため別掲する。

selector radio WIXOSS

 音泉で配信されていたインターネットラジオ番組のシリーズ。パーソナリティは小湊るう子役の加隈亜衣タマ役の久野美咲(第40回以降、第1〜39回は「サポーター」として出演)。

  • selector radio WIXOSS
     2014年7月3日から2015年7月2日まで毎週木曜日に配信。全52回。
  • selector radio WIXOSS -Booster Pack-
     2015年7月16日から12月17日まで月1回いずれかの週の木曜日に配信。全7回(通算59回)。この時期はTCGの情報がメインとなり、ニコニコ動画で「WIXOSSガチンコジム」を別に配信していた。
  • 劇場版selector radio WIXOSS
     2016年1月14日から3月31日まで隔週木曜日に配信。全6回(通算65回)。この時期は映画の情報がメインだった。

 放送終了後、4月16日に開催されたWIXOSS2周年記念大・お花見大会で「エクストラターン」と題して公開録音を実施。

漫画

 4コマ等は省略。以下の3作はいずれも原作:LRIG、ストーリー原案:岡田麿里。


 この他「ラスボスいじり系スピンオフ」として以下の作品がある。

スマートフォン用ゲームアプリ

 2015年3月31日から2016年4月25日までスマートフォン用のゲームアプリが提供されていた。スカイリンクとコムシードの共同開発。

TCGのselectorシリーズ

 2014年4月から2016年9月までの間に発売された構築済みデッキのWXD-01〜16、ブースターパックのWX01〜14がselectorシリーズに該当する。

selectorシリーズのルリグタイプ

ルリグタイプ初出構築済みデッキ
タマカードゲーマー vol.15付録ホワイトホープ
spec selector[小湊るう子]
WHITE HOPE -movie ver.-
レッドホープ
花代カードゲーマー vol.15付録レッドアンビション
ピルルク(コード)ブルーアプリ
ブルーペティション
緑子(緑姫)グリーンワナ
ウリスブラックデザイアブラックデザイア
spec selector[浦添伊緒奈]
BLACK DESIRE -movie ver.-
ブラックコンフレーション(withグズ子
ユヅキ第2弾発売記念Wキャンペーンspec selector[植村一衣]
レッドプロミス
エルドラブルーリクエスト
ブルーコンフレーション(withあや
リメンバウルトラジャンプ2014年9月号付録(無し)
イオナブラッククレイヴ
ウィクロスマガジン Vol.3付録(無し)
アンWIXOSS大運動会参加者特典spec selector[ふたせ文緒]
ミルルンspec selector[蒼井晶]
サシェホワイトプレイ
ウィクロスマガジン Vol.1付録
ホワイトプレイ
アルフォウ《comics WIXOSS》(無し)
ミュウWIXOSSツアー3周目参加賞ブラックニード
アイヤイウィクロス文化祭メインバトル参加賞グリーンドリーム
ララ・ルー(無し)
ソウイ(無し)
ハイティリプライドセレクター(無し)
ハナレ13弾発売記念キャンペーン(無し)
フタセサクシードセレクター(無し)
特殊タイプ太字レベル5のみ存在)登場カード
マユ
タマ/イオナ
ビギニングセレクター《創世の巫女 マユ》
《真名の巫女 マユ》
無色サクシードセレクター《紡ぐ者》
《?》

 selectorシリーズで登場したルリグタイプは以下の3〜6通りに小分類が行われる場合があり、それぞれ「○○組」または「○○勢」と呼ばれる。

 WX-03 スプレッドセレクターから登場したウムルとWX-06 フォーチュンセレクターから登場したタウィルはselectorシリーズの各グループのいずれでもなく「オリジナル(ツインメモリーズ)組」に分類されるが、ウムル構築済みデッキブラックウィルは発売時期からselectorシリーズに含まれる場合がある(タウィル構築済みデッキは未発売)。

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-06 (火) 12:40:48 (108d)