《ピンチ・ディフェンス》

カード名ピンチ・ディフェンス[ピンチディフェンス]
カードタイプアーツ限定条件-
コスト白(1)・無(1)使用タイミング【アタックフェイズ】
対戦相手のセンタールリグ1体を対象とし、ターン終了時まで、それは「【常】:アタックできない。」を得る。あなたのセンタールリグが白で、あなたのライフクロスが2枚以下の場合、代わりに対戦相手のセンタールリグ1体とシグニ1体を対象とし、ターン終了時まで、それらは「【常】:アタックできない。」を得る。

 フォーチュンセレクターで登場したアーツ

 普通に使用するとセンタールリグ1体のアタックを阻止するアーツとなるが、そもそもセンタールリグアタックを止めるだけならばガードで十分である。

 このアーツが真価を発揮するのはライフクロスが2枚以下の場合、つまり終盤である。
 終盤になると手札ガード能力を持つシグニがない場合も出てくる。
 ライフクロスが2枚以下である際に使用することにより「どちらか一方を止めるついでにもう一方も止めておく」といった使い方ができる。
 また、これでセンタールリグアタックを止めた場合、ガードの温存または次ドローによるガード能力を持つシグニを引きこむ可能性に繋げてくれるためルリグアタックに対しては非常に心強いカードになりうる。

 昨今はガードを制限した上で連続アタックを行う《燐廻転生》のようなカードも存在しており、センタールリグアタックを確実に止められる点は優秀。
 《バロック・ディフェンス》と違いエナ1つは無色を指定している点がいざという時には大きく、対象を絞るならば以外のルリグであっても採用は可能。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ライフクロスが2枚以下の状態で《ピンチ・ディフェンス》を使用した際、ルリグシグニ、どちらか片方のみに「アタックできない」を付与することは出来ますか?
A:はい、シグニルリグが両方いる盤面で、どちらか片方のみに「アタックできない」を付与することは可能です。また、どちらか片方しかいない状況で《ピンチ・ディフェンス》で「アタックできない」を付与することも可能です。

Q:《ピンチ・ディフェンス》によって「アーツ効果を受けない」シグニルリグに「アタックできない」を付与することは可能ですか?(例:《先駆の大天使 アークゲイン》《ノー・ゲイン》等)
A:《ピンチ・ディフェンス》は、シグニルリグの「テキストを変更(追加)させる効果」であり、「アーツ効果を受けない能力を持つシグニルリグに「アタックできない」を付与することはできません。

Q:こちらの《コードラビリンス ルーブル》の正面にいるシグニ《ピンチ・ディフェンス》で「アタックできない」を付与した場合どうなりますか?
A:すでに《コードラビリンス ルーブル》に出ている状態で、その正面のシグニ能力をあらたに与えることは可能です。この場合、そのシグニは《ピンチ・ディフェンス》によって「アタックできない」を与えられ、自身のシグニアタックステップアタックすることはできません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-09 (水) 17:38:54