《スピリット・サルベージ》

カード名スピリット・サルベージ[スピリットサルベージ]
カードタイプアーツ限定条件-
コスト白(1)使用タイミング【メインフェイズ】【アタックフェイズ】
あなたのルリグトラッシュから《スピリット・サルベージ》以外のアーツ1枚をルリグデッキに加える。
繭の部屋同時使用制限カード(2016/01/21適用):
《ロック・ユー》

 spec selector[小湊るう子]で登場したアーツ
 エナ1でルリグトラッシュから《スピリット・サルベージ》以外のアーツ1枚をルリグデッキに加える。

 エナ1払って使用済みのアーツを1枚再利用するくらいなら最初から使うアーツに枠を割いた方がいいと思われがちだが、ルリグデッキに採用してるアーツであれば好きなアーツになれるという点が重要。
 使用タイミングの広さから攻撃的にも防御的にも運用できるので、あるデッキに対しては複数枚使いたいが2枚積むとピンポイントになりすぎるというアーツを複数採用する際には便利である。

 ただしエナ1が払えなければ使えず、どうやっても1枚分のディスアドバンテージがある点に注意。
 エナ1が払えなければ再利用できず、本来使うアーツコストを失う、という事態も起こりかねないということである。
 そのためエナゾーンに余裕があるデッキで採用するのが望ましいだろう。
 以前は、対戦相手【ピルルク】だった場合、先に《ロック・ユー》を使用されると実質的に7エナ増加することになり、ほぼ使うことができなくなる可能性があった。
 現在は繭の部屋において同時使用制限カードに指定されたため、この問題はなくなっている。

 また、限定ではあるが同じ能力を内蔵した《紅蓮の巫女 タマヨリヒメ》が存在しているが、あちらは使用タイミングが選べないがルリグデッキを圧迫しない点で勝る。
 こちらには限定条件が無いので主に【タマ】以外のデッキで使われることになるだろう。
 2018/02/22に施行されたルリグデッキのルール変更により、アーツを再利用出来るメリットがより重要視されるだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《スピリット・サルベージ》でルリグトラッシュにある《スピリット・サルベージ》を手札に加えることは出来ないのですか?
A:はい、「《スピリット・サルベージ》以外」とある通り、《スピリット・サルベージ》で別の《スピリット・サルベージ》を手札に加えることは出来ません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-23 (金) 22:47:21 (326d)