【集結ファフオーラ型2止めタマ】

デッキの概要

 《集結する守護》によって自分のシグニにランサーを付与し、《ファフニール》《アーク・オーラ》《一覇二鳥》によってルリグのダブルクラッシュを連続して叩き込むことで、短期決戦を目指したデッキ
 序盤で現れる3体のランサー、4回アタックできるダブルクラッシュ付きルリグといった理不尽なアタッカーに加えて、特定レベルのガードを封じることもできる。
 相手が何の対策も講じることが出来なければ最短3ターンでのゲームエンドすら可能であり、数ある速攻デッキの中でも最速の部類に属するデッキといえる。

デッキ構築に際して

ルリグについて

アーツについて

  • 《ファフニール》
    《アーク・オーラ》のコストを軽減し、打ち消し耐性を持たせる、このデッキのキーカード
    1ターンに2回使用することで、《アーク・オーラ》をわずか1コストで使用することができる。
  • 《燐廻転生》
    アタック時、ルリグの下のカード2枚をトラッシュに置くことで、宣言したレベル2つのガードを封じることができる。
    《一覇二鳥》と組み合わせることで殆どのガードを封じることができ、ルリグのダブルクラッシュを高確率で通すことが可能になる。
  • 《セレクター》
    限定条件持ちのカードをサーチできる。
    このデッキでは《アーク・オーラ》を確実に手札に確保するための手段として使用する。

シグニについて

  • その他のシグニ
    採用数は少な目だが、サポートとしてあれば便利なシグニ。
  • 《出弓 ボウ》
    出現時能力の発動に成功すれば、序盤の手札リソースを節約できる。

スペルについて

  • 《アーク・オーラ》
    ルリグにアップ能力を付与するこのデッキのキーカード。
    ファフニールと組み合わせることでレベル2のルリググロウしたターンで使用することができ、《一覇二鳥》《集結する守護》と組み合わせることで最短3ターンでのゲームエンドすら可能となる。
    ライフバーストで相手の攻撃を止めることができるので、防御アーツが殆ど無いこのデッキの数少ない防御手段ともなるだろう。このデッキでは4枚採用が必須である
  • 《集結する守護》
    場のサーバントにランサーを付与する強力スペル。
    序盤であればほぼ確実に3回のランサーが通るので、《アーク・オーラ》《一覇二鳥》と組み合わせた際の破壊力は計り知れない。
    このスペルを使用する際は場にサーバントを3枚展開する必要があるので、手札の確保に気を付けたい。

このデッキの弱点

 すさまじい爆発力を秘めたデッキではあるが、アーツの全てを攻撃に振っており、防御手段はライフバーストの《アーク・オーラ》のみであり、継戦能力は皆無である。
 「一覇ファフオーラ」による総攻撃を防がれてしまうと、次のターンから息切れが目立つ。
《アイドル・ディフェンス》《ピンチ・ディフェンス》《バインド・ウェポンズ》といったルリグの連続アタックを止めるアーツは天敵であり、《弱者の必滅 ディアボロス》《ファイナル・ディストラクション》のような除去系ライフバーストを踏んでしまうと総崩れは免れない。
 使用時には相手のデッキ内容を見極め、アーツを節約しながら使うか一度に使うかをよく考えて攻め入りたい。

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-09 (水) 01:53:41 (471d)