《ゼノ・マルチプル》

カード名ゼノ・マルチプル[ゼノマルチプル]
カードタイプアーツ限定条件-
コスト白(2)・青(2)使用タイミング【メインフェイズ】【アタックフェイズ】
以下の4つから2つまで選ぶ。
「対戦相手のルリグ1体はこのターン、アタックできない。」
「対戦相手のシグニすべてを凍結する。」
「対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。」
「カードを2枚引く。」

 カードゲーマー Vol.16で登場したアーツ

 4つのモードから2つまでを選択する。

 1つ目のモードは、対戦相手ルリグアタックできなくするモード
 ルリグアタックガードで防げるためシグニによるライフクロスクラッシュを防ぐ方が重要度が高いが、【タマ】が有する《アーク・オーラ》や、驚異的な火力を誇る《燐廻転生》による複数回アタックを防げるなど有用な場面は多い。

 2つ目のモードは、対戦相手シグニを全て凍結するモード
 ダウンして凍結ではなく、そのまま凍結するだけなのでアタックを防ぐことは難しい。《FREEZE THROUGH》など他のカードとのコンボに活用したい。

 3つ目のモードは、対戦相手シグニを1体手札に戻すモード
 対戦相手シグニアタックを防ぎつつ、返しのターンシグニアタックライフクロスクラッシュを狙えるため非常に強力。
 最近では「シグニ効果を受けない」や「バニッシュされない」などの耐性持ちシグニが増えており、バウンスというバニッシュを介さない処理は中々に使い勝手がいい。

 4つ目のモードは、カードを2枚引くモード
 手札を2枚増やせ、シグニスペルの確保を行える。

 コストモードの種類など非常に似通ったアーツとしては、《フォーカラー・マイアズマ》が存在している。
 あちらはアーツでありながら以外のルリグでも非常に使い勝手が良く、ウリスなら、3つものモードを選んで使用できる。
 こちらにしか無いルリグアタックの封印やバウンス凍結などを上手く使い差別化したいところ。

  • 『マジック:ザ・ギャザリング』にはこのカードと類似したテキストの《謎めいた命令/Cryptic Command》と言うカードがあり、登場時から《謎めいた命令》を参考に作られたのではないかと指摘されている。
  • コングラッチュレーションカードは小学館『週刊少年サンデー』連載で後にTVアニメ化された漫画『だがしかし』とのコラボレーションで、登場人物の「サヤ師」こと遠藤サヤ(声:沼倉愛美)が描かれている。
     簡体字中文版では同じく『だがしかし』コラボレーション《コードアート H・T・R》が中文版オリジナルカードへ差し替えられているが、何故か《ゼノ・マルチプル》は日本版と同じ仕様で登場している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:使用するモードの選択はどのタイミングで行いますか?
A:そのカード使用の宣言時に行います。

Q:メインデッキの残り枚数が1枚の状態で「カードを2枚引く」モードを選択しました。
  この場合、どのような手順で処理がなされますか?
A:1枚引いた時点で、デッキが無いためそれ以上カードを引くことは出来ません。
  効果は終了となり、《ゼノ・マルチプル》をルリグトラッシュに置いたのち、デッキリフレッシュが行われます。

Q:同じモードを2回選択することは出来ますか?
A:出来ません。
  複数のモードを選択する場合、別々のモードを選択する必要があります。

Q:「対戦相手のルリグ1体はこのターン、アタックできない。」の効果についてですが、「このターン」表記はターンに与えるルール変更だと思うのですが《ノー・ゲイン》発動後のルリグアタックを止めることは可能でしょうか?
A:はい、可能です。
 《ゼノ・マルチプル》におけるルリグのアタックを制限するモードは、《バロック・ディフェンス》とは異なりルールを変更する効果として扱われます。
 よって《ノー・ゲイン》を使用した状態のルリグに対し、《ゼノ・マルチプル》を使用することで止めることが可能です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-01 (月) 12:42:35 (76d)