羅原姫(らげんひめ) Ne(ネオン)

カード名羅原姫 Ne[ラゲンヒメネオン]
カードタイプシグニクラス精羅:原子
レベル4パワー12000限定条件ミルルン限定
【常】:対戦相手のスペルを使用するためのコストは無(1)増える。
【自】:あなたがスペルを使用したとき、ターン終了時まで、あなたのすべての<原子>のシグニのパワーを+2000する。
【起】あなたのアップ状態の<原子>のシグニ2体をダウンする:対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
【ライフバースト】:カードを1枚引く。その後、あなたの場に<原子>のシグニがある場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。

 インフェクテッドセレクターで登場したレベル4・精羅原子ミルルン限定のシグニ

 対戦相手スペル使用コスト無色エナ1増やす常時能力と、スペル使用したときに原子シグニ全てにパワー+2000を与える2つの常時能力原子シグニを2体ダウンすることで対戦相手シグニバニッシュする起動能力を持つ。

 上段の常時能力《ミルルン・ヨクト》と非常に相性がよく、常時能力によって増加したコストを支払ったところで《ミルルン・ヨクト》効果で打ち消されるリスクが非常に高いため、対戦相手スペルの使用を躊躇せざるを得なくなる。タウィルウムルスペルが多くなりがちなので、早々に狙われる事が考えられる。

 自動能力(初出時の常時能力から置き換え)は便利だが少々扱いにくい。
 《羅原 Ar》スペルを複数回使用できれば活躍の機会も増えるが、スペルシグニの構成を変えてまでこの能力発動を戦略に組み込むのはなかなか難しい。とはいえパワーを増加させる能力は非常に頼もしい事は確かであり、対戦相手シグニよりパワーが下回るときの対策として有るに越した事はない。

 3つ目のバニッシュを行う起動能力は非常に強力で、コストの支払いは自身も対象にできるため、シグニゾーンにこのカードを含め原子シグニ2体を用意できれば、安定して対戦相手シグニゾーンを1つ開けることができる。
 この能力で安定して対戦相手ライフクロスを削りつつ、隙をみてフィニッシュに持ち込む、というのがミルルンの基本戦略となる。

 ライフバーストの効果はそこそこ強力。
 1枚ドローは確実だが、原子シグニが残っていない、例を挙げれば《ブラック・デザイア》などでを一掃された後にめくれると、残念な結果に終わる場合がある。

  • ネオン(Neon)は原子番号10の元素。常温下では気体で、放電すると強い光を発する性質を利用したネオンサインが主な用途である。
  • ウィクロスマガジンVol.2で開催された第1回SGN48総選挙では1位を取る気満々でエントリーしたが23位(票数不明)と言う中途半端な結果に終わり、コーナー末尾で泥酔しながら《羅原 Ar》相手に管を巻く様子を描いた「かがやけ☆ねおん奮闘記」が掲載された。何故か第2回の投票結果が掲載されたVol.5でも(自身はエントリーしていないにも関わらず)第2話が掲載されている。
    Vol.6で開催された第3回総選挙では213ポイントを獲得して前回エントリー時より2ランクアップの21位となったが、残念ながら「ねおん奮闘記」の第3話は掲載されなかった。
  • 初出時には自動能力であった二つ目の能力が再録時に自動能力に変更されているが、挙動に変更はない。

関連カード

−イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:常時能力にある“スペル使用”にスペルカードライフバーストは含まれますか?
A:いいえ、ライフバーストスペル使用としては扱われません。

Q:《羅原姫 Ne》の2番目の常時能力あなたスペル使用したとき〜」の効果は、《ミルルン・ヨクト》出現時能力で相手手札スペル使用した場合でも+2000されますか?
A:はい、《ミルルン・ヨクト》《マインド・マインズ》によって使用した場合でも常時能力発動し、+2000されます。

Q:対戦相手に《羅原姫 Ne》が居る状態で《ミルルン・ヨクト》出現時能力《マインド・マインズ》によって対戦相手スペル使用した場合、《羅原姫 Ne》常時能力によって×1を支払う必要はありますか? A:はい、《ミルルン・ヨクト》出現時能力《マインド・マインズ》によって、そのスペルに記載されたコストを支払うことなく使用する事が出来ますが、それとは別に「使用するためのコスト」を支払う必要があります。この場合、×1を支払う必要があります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-13 (月) 03:15:45 (343d)