【ミルルン】

デッキの概要

 スペルのコストを下げたり、相手のスペルを制限するなどが得意なミルルンのデッキ。
 ミルルン限定シグニ原子に属する。

デッキ構築に際して

ルリグについて

−レベル5

  • 《ミルルン・ティコ》
     単独ではアドバンテージを得られないエクシード1と、相手がスペルを使用するかに左右される2つの能力を持ち、癖が強い。
     現状ミルルン限定のレベル5シグニが存在しないため、限定条件のないレベル5シグニを利用したい際に採用するのが良いだろう。

−レベル4

  • 《ミルルン・ヨクト》
     基本となるレベル4。
     出現時能力でピーピングとスペルの奪取が可能。
     コストも無視できるため《西部の銃声》のような強力なものを奪えると理想的。
     もっとも、スペルを使うかどうかはデッキに左右されるため、基本的にはピーピング目的として割り切ってしまうほうが安定する。
     2つの起動能力はどちらもエナの消費が重いため事前のエナチャージは必須。

−レベル3

  • 《ミルルン・アト》
     1回のみスペル仕様のための青エナを1つ軽減できる。
     レベル3時点で使用したいスペルがデッキに存在するかを考慮した上で採用すると良い。

−レベル2以下
 レベル1、2は選択肢は無い。
 レベル0も基本的には好きなもので良いが、《spread WIXOSS》《BLUE LRIG》は先行第一ターンの《全身全霊》を避けられる点は覚えておくと良い。

アーツについて

  • 《共存共栄》
     精羅が存在する場合にコストが無色1に下がるアーツ
     条件は緩めだが、中でも効果によるバニッシュへの耐性を持つ《羅原 Li》がうってつけ。
     には貴重なエナチャージやバニッシュを狙える。

シグニについて

−レベル4

  • 《羅原 アルミ》
     アタック時バニッシュによる高い攻撃力と、ドローによるアドバンテージ獲得効果を持つ原子のメインアタッカー。
     効果発揮のためにはトラッシュに原子スペルを溜め込んでおく必要があるが、必要枚数は合計3枚程度なのでグロウコストなどで支払った分で十分賄える。
     場に出す前にリフレッシュしてトラッシュのカードがなくなってしまうようなことがないように注意。
  • 《羅原 Uuo》
     原子シグニをエナに変えつつ面開けを行う。過剰に増えた手札の活用先。自分の場を3面開けて更に新しい原子シグニの能力を使える。

−レベル3

  • 《羅原 Li》
     トラッシュにスペルや原子を溜め込むことで効果を発揮する。
     スペル3枚でのバニッシュ耐性が特に強力で、お互いのターンで効果を発揮するため攻防に役立つ。
  • 《羅原 Xe》
     相手のスペル使用時のハンデスやスペルサーチなど単体でも多くの能力を持つ。
     《羅原姫 Ne》とのセット運用で相手シグニを一掃できるが、効果発揮タイミング上、先にこのシグニか《羅原姫 Ne》を除去されることも多い。

−レベル2

−レベル1

スペルについて

  • 《MAGIC HAND》
     スペルサーチ。ダウンシグニをバニッシュすると更に原子シグニの能力発動が狙えて効率が良い。
  • 《三剣》
     原子シグニの能力やスペルを使うと過剰に手札が増えるので、手札をエナに変えて次のターンに備える。
  • 《STAR ARROW》
     やや重いがドローハンデスシグニサーチスペルサーチと一気に有利な状況を作れる。撃ち消されないように注意。

このデッキの弱点

 凍結されると十分に原子シグニの能力が使えない。特に凍結能力を持ちリムーブを封じる《コードアート A・C・G》は天敵。《ダウト・クリューソス》でスペルが除外されると本来の動きが出来なくなる。スペルを連打するのでミラー戦や《アンダー・ワン》でスペルを封じられると動きが止まる。  

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-25 (月) 22:18:02 (757d)