《ミルルン・ヨクト》

カード名ミルルン・ヨクト[ミルルンヨクト]
カードタイプルリグルリグタイプミルルン
レベル4リミット11グロウコスト青(3)
【出】:対戦相手の手札を見て、その中のスペル1枚を、あなたの手札にあるかのようにコストを支払わずに限定条件を無視して使用してもよい。
【起】[青] 手札からスペル1枚と<原子>のシグニ1枚を捨てる:対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
【起】[青][青]:スペル1つの効果を打ち消す。この能力は【スペルカットイン】のように使用できる。

 インフェクテッドセレクターで登場したレベル4・ミルルンルリグ

 レベル4のルリググロウする頃には、対戦相手も強力なスペルで待ち構えていることが予測される(特にエナゾーンカードがたまっている場合)。
 仮に対戦相手《アーク・オーラ》を持っていた場合、それを奪って逆転できることもあり得る。
 事前に対戦相手手札を確認しておければ、グロウコスト等をより戦略的に選べる。

 2番目の起動能力コストこそやや高めだが、シグニの最後の一撃を通すためだと考えれば安いものだろう。
 決め手に欠けるとされていたにとってこれはゲームを決める能力になり得る。
 相手が《アンシエント・サプライズ》などアーツ使用ステップアタックを防ぐ手段が尽きたことを確認してから使用できればなおのこと強力。

 3番目の起動能力は、【スペルカットイン】ように使用できるスペル1つの効果を打ち消す起動能力
 実質的にエナ2の《アンチ・スペル》を何度でも使用できるようなもの。
 コストは少し厳しくなったが対戦相手スペル使用をコントロール出来るのは大きい。

 ただ、このゲームでは基本的にスペルを多く入れる構築は少なく、スペルを1枚も入れていないデッキもあり得る。
 そのようなデッキに対しては《ミルルン・ヨクト》の能力は1つしか機能しなくなってしまう。
 対戦相手デッキに大きく左右されてしまうものの、対戦相手スペルを多く積んだデッキを使っているなら非常に有利にゲームを進められる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:出現時能力で相手の手札にあるスペル使用してもよいとありますが、使用した相手の手札スペルトラッシュに送られますか?
A:はい、《ミルルン・ヨクト》出現時能力で相手のスペル使用した場合、そのスペル対戦相手トラッシュに置かれます。

Q:出現時能力で相手の手札にあるスペル使用しなかった場合、そのスペルトラッシュに置かれますか?
A:いいえ、使用しなかった場合、対戦相手手札にあったスペルは、そのまま対戦相手手札に残ります。

Q:上段起動能力コストに、出現時能力で見た対戦相手スペル使用することは出来ますか?
A:いいえ、《ミルルン・ヨクト》の出現時能力は、実際に手札に加わる訳ではありません。対戦相手手札にあるスペルを上段起動能力コストに充てることは出来ません。宜しくお願い致します。

Q:《ミルルン・ヨクト》出現時能力《マインド・マインズ》《修復》のような、エナゾーンにあるカードの枚数を参照するスペル使用した場合、参照するのは自分のエナゾーンですか?それとも対戦相手のですか?
A:この場合、《ミルルン・ヨクト》出現時能力《マインド・マインズ》使用した側のプレイヤーエナゾーンを参照します。

Q:《ミルルン・ヨクト》出現時能力《マインド・マインズ》効果使用し、対戦相手手札およびデッキスペルがあった場合、そのスペルはすぐに使用するのですか? 2ターン後、3ターン後に自分の任意のタイミングで使用できますか?
A:解決時に使用するかどうかの宣言を行います、使用しなかった場合、《マインド・マインズ》だと戦相手のトラッシュに置かれ、《ミルルン・ヨクト》の場合はそのまま手札に残ります。任意のタイミングで使用出来る訳ではありません。

Q:スペルカットイン出来ますか?
A:はい。可能です


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-13 (金) 22:20:03 (1348d)