《マインド・マインズ》

カード名マインド・マインズ[マインドマインズ]
カードタイプアーツ限定条件ミルルン限定
コスト青(1)使用タイミング【メインフェイズ】
対戦相手は、自分のデッキを上からスペルがめくれるまで公開する。その後、公開されたスペルをチェックゾーンに置き、残りのカードをデッキに戻してシャッフルする。あなたは、そのスペルをあなたの手札にあるかのようにコストを支払わずに限定条件を無視して使用してもよい。使用しなかった場合、そのスペルを対戦相手のトラッシュに置く。

 インフェクテッドセレクターで登場したミルルン限定のアーツ

 対戦相手自身のメインデッキを上からスペルが出るまで1枚ずつ公開させ、公開したスペルコストを払わず限定条件を無視して使用するかトラッシュ送りにできる。
 しかし対戦相手スペル使用できるといっても、ただスペル使用したいだけなら、対戦相手への依存性があり、且つ使用できるスペルが運任せであるこのカード使用する意味は極めて薄い。

 本質は対戦相手スペルカードを1枚使用して消費させるところにある。
 基本的に採用するスペルはそのデッキにとって生命線、もしくは勝ち筋であることが多く、ライフクロスに埋まっている可能性も含めると1枚の消費とて馬鹿にならない。
 妨害だけじゃなく使用できる点も強みで、《アンチ・スペル》に比べアドバンテージが出る可能性がある点、そのゲームの決定打にさえなりうる可能性を秘めている点で勝る。
 また、スペルカードが出る過程で対戦相手メインデッキの一部を公開させることができるので、対戦相手の戦術を探ることもできる。

 課題は、このコントロールに特化したアーツを入れる枠が果たして【ミルルン】にあるのかということ。
 対戦相手への妨害手段としては見た目以上に大きいが、こちらにもたらされるアドバンテージは内容どころか有無すら対戦相手のデッキ内容に左右されている。
 加えて、スペル使用の妨害に関してだけ言えば《アンチ・スペル》の方がそれを使用される間際に叩ける分有効である。
 どちらにせよ、スペルを重要視するようなデッキに対してでなければ有効に使用することができない為、使用しづらい時の為に《幻水 カレイラ》を入れておきたい。

収録パック等

FAQ

Q:“限定条件を無視”とありますが、スペルの文中にあるシグニ限定条件クラス指定など)も無視することは可能でしょうか?
A:いいえ、《マインド・マインズ》に記載された「限定条件を無視して使用してもよい。」とは、カード中段に記載された、ルリグに対する限定条件のみを指します。テキスト中に記載されたシグニクラス等の条件を無視して使用することは出来ません。

Q:捲った結果、対戦相手デッキ内にスペルが無かった場合の処理を教えて下さい。
A:デッキ全てを捲った結果スペルが1枚も無かった場合、捲られたカード全てをシャッフルし、デッキとして戻し、《マインド・マインズ》の効果は終了となります。尚、ここでのシャッフルはリフレッシュではありません。

Q:対戦相手が《マインド・マインズ》を使用スペルを発動した場合、スペルカットイン《アンチ・スペル》等を使用することは可能ですか?
A:はい、《マインド・マインズ》によるものであってもスペル使用であることに変わりはないので、【スペルカットイン】使用することは可能です。

Q:《マインド・マインズ》の効果によって対戦相手スペル使用した場合、使用後のスペルはどのように処理されますか?
A:《マインド・マインズ》を使用された側のプレイヤートラッシュに置かれます。

Q:《マインド・マインズ》によって踏み倒せるコストエナコストまでですか?それともテキストに記載されているコストも無視出来るのでしょうか?例えば《ロスト・テクノロジー》の場合、トラッシュに送る<古代兵器>コストも無視出来ますか?
A:《マインド・マインズ》でコストが不要となるのは、そのスペル使用するためのコストのみです。そのスペルの解決中に要求されるコストは軽減されません。

Q:“あなたの手札にあるかのように使用してもよい”とありますが、そのスペルカード《羅植 サルビア》起動能力コストとして使用する事は可能ですか?
A:“手札にあるかのうように使用してもよい”であり、実際に手札に加わる訳ではありません。よって、質問にあるような起動能力コストにすることは出来ません。

Q:《ミルルン・ヨクト》出現時能力や《マインド・マインズ》で《修復》のような、エナゾーンにあるカードの枚数を参照するスペルを使用した場合、参照するのは自分のエナゾーンですか?それとも対戦相手のですか?
A:この場合、《ミルルン・ヨクト》出現時能力や《マインド・マインズ》を使用した側のプレイヤーエナゾーンを参照します。

Q:《ミルルン・ヨクト》出現時能力、《マインド・マインズ》で効果使用し、対戦相手手札およびデッキスペルがあった場合、そのスペルはすぐに使用するのですか? 2ターン後、3ターン後に自分の任意のタイミングで使用できますか?
A:解決時に使用するかどうかの宣言を行います、使用しなかった場合、《マインド・マインズ》だと対戦相手トラッシュに置かれ、《ミルルン・ヨクト》の場合はそのまま手札に残ります。任意のタイミングで使用出来る訳ではありません。

Q:相手の手札が2枚ある状態で《マインド・マインズ》を使用し、《BAD CONDITION》が捲れました。この《BAD CONDITION》使用することは出来ますか?
A:カードのテキスト中に「出来る」と「出来ない」が同時に発生した場合、原則として「出来ない」方が優先されます。ご質問の場合、《BAD CONDITION》使用出来ません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-11 (金) 17:05:42 (1502d)