羅原(らげん) (ウラン)

カード名羅原 U[ラゲンウラン]
カードタイプシグニクラス精羅:原子
レベル4パワー12000限定条件ミルルン限定
【常】:このシグニはアタックできない。
【常】:このシグニのパワーはこのシグニの下にあるカード1枚につき+2000される。
【出】:あなたのトラッシュから《羅原 U》以外の<原子>のシグニ3枚を対象とし、それらをこのシグニの下に置く。そうしない場合、このシグニを場からトラッシュに置く。
【起】[ダウン]:このシグニの下からカード1枚を対象とし、それを手札に加える。その後、対戦相手のシグニ1体を対象とし、このシグニの下にカードが無い場合、このシグニとそれをバニッシュする。
【ライフバースト】:あなたのトラッシュからスペル1枚と<原子>のシグニ1枚を対象とし、それらを手札に加える。

 ビギニングセレクターで登場したレベル4・精羅原子ミルルン限定のシグニ

 自身のアタックを制限する常時能力、下にあるカードの枚数によってパワーを上昇させる常時能力トラッシュから原子シグニを自身の下に置く出現時能力、自身の下のカード1枚を手札に加える起動能力を持つ。

 1つ目の能力は自身のアタックを制限する常時能力
 常に《ゴールド・ディフェンス》を受けているような状態になる。
 《コードラビリンス ルーブル》などの能力によって能力を失った場合、アタックが可能になる。

 2つ目の能力は下にあるカード1枚につき、パワー+2000を得る常時能力
 3つ目の能力により、に出た時は基本的にパワー18000、4つ目の能力使用後でもパワー16000の維持が見込める。
 1つ目の能力によりこのカードアタックできないため、基本的にこのパワーの役目はバトルによるバニッシュ、もしくはパワーを参照するバニッシュの阻止にある。

 3つ目の能力トラッシュ原子シグニを自身の下に置き、それが不可能な場合このシグニトラッシュに置く出現時能力
 バニッシュでなくトラッシュに置かれるため、エナを増やすためにわざとバニッシュする、という芸当はできなくなっている。
 そのため、トラッシュ原子シグニが3枚以上ない場合にこのカードに出すことはまずないだろう。
 一応、《コードラビリンス ルーブル》などによって能力が失わされる場合はに残すことができる。

 4つ目の能力は、コストで自身をダウンさせ、自身の下にあるカード手札に加える起動能力
 3つ目の能力と合わせて、間接的なトラッシュからの手札への回収能力として使用できる。

 ライフバーストトラッシュからスペル原子シグニ手札に加える効果
 この効果だけで《ミルルン・ヨクト》起動能力コストを用意することができる。

 同じミルルン限定のレベル4のシグニ《羅原姫 Ne》と比べると攻めに向かないカードである。
 主に3つ目、4つ目の能力による手札への回収を用い、さらなる展開へつなげるのがこのカードの役割となる。

  • カードの元ネタは原子番号92で、アクチノイドに属するウラン(Uran)。
    自然界に存在する元素の中で最も原子量の大きい物質で、主な用途は核燃料である。なお明るさはナンバーワンとあるが実物を見るのは人体に多大な被害を受けるので絶対にやめていただきたい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手の場に《フル/メイデン イオナ》があり、常時能力によって攻撃を強制されている場合、常時能力は無視されますか?
A:いいえ、《フル/メイデン イオナ》常時能力は「可能ならば」アタックを強制する能力です。《羅原 U》は自身の常時能力によってアタックが出来ないため、結果としてアタックを行うことは出来ません。

Q:《羅原 U》が場に出た際に《羅原 U》以外の<原子>のシグニが2枚しかトラッシュにありませんでした。この場合トラッシュにある<原子>のシグニ2枚を《羅原 U》の下に重ねて置く事は出来ますか?
A:いいえ、《羅原 U》出現時能力はコストがないため、強制的に発動し、あなたのトラッシュから《羅原 U》以外の<原子>のシグニ3枚を対象とするのも強制となります。対象とする<原子>の枚数も「3枚を」と定められており、それ以外の枚数を選択することは出来ません。トラッシュに<原子>のシグニが2枚以下の状態で《羅原 U》を場に出した場合、その2枚を《羅原 U》の下に重ねる事は出来ません。結果として《羅原 U》はトラッシュに置かれます。

Q:重ねて置かれたシグニはチャームとして扱われますか?また、重ねられた<原子>のシグニがある状態で《羅原 U》が場を離れた場合、重ねられた<原子>のシグニはどうなりますか?
A:いいえ、《羅原 U》の下に重ねて置かれたシグニはチャームとしては扱われません。《羅原 U》が場を離れた場合、下に重ねられた<原子>のシグニはトラッシュに置かれます。

Q:<原子>のシグニが重ねられた状態の《羅原 U》がバニッシュされ、重ねられた<原子>のシグニがトラッシュに置かれました。この際、《フィア=リカブト》自動能力は発動条件を満たしますか?
A:いいえ、重ねられたシグニがトラッシュに置かれた場合、それらは場からトラッシュに置かれたシグニとしては扱われません。よって、《フィア=リカブト》自動能力は発動条件を満たしません。

Q:このシグニに【チャーム】が付いています。《羅原 U》の下にあるカードと して+2000されますか?また、自身の起動能力によって【チャーム】を手札に加えることはできますか?
A:いいえ。【チャーム】はカードテキストによって【チャーム】を指定するコストや効果以外によっては参照されません。《羅原 U》の下にあるカードとしては数えられず、またそれ自身の起動能力によって手札に加えることもできません。

Q:対戦相手の場に《コードラブハート C・M・R》がいる状態で《羅原 U》起動能力を使用した場合、どのように処理されますか?
A:《羅原 U》起動能力が解決され、カード1枚を公開することは出来ますが、それを手札に加えることは出来ません。公開されたカードはそのまま《羅原 U》の下に置かれたままとなります。

Q:《羅原 U》の下にあるカードを対戦相手に見せて欲しいと言われました。見せる必要はありますか?
A:はい、あります。デッキ、手札、ルリグデッキといった非公開領域、また「裏向きで置く」というカード以外はすべて公開領域のカードです。公開領域のカードは対戦相手の希望があれば見せる必要があります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-11 (土) 07:23:33