《コード ピルルク・(ゼータ)

カード名コード ピルルク・Z[コードピルルクゼータ]
カードタイプルリグルリグタイプピルルク
レベル4リミット11グロウコスト青(3)
【常】:あなたの【クロス】を持つシグニ1体が場に出るたび、あなたは[青]を支払ってもよい。そうした場合、カードを1枚引く。
【常】:あなたのシグニが【ヘブン】したとき、対戦相手のルリグ1体をダウンし、それを凍結する。
【起】[ダウン]:対戦相手は手札を2枚捨てる。この能力はあなたの場にクロス状態のシグニがある場合にしか使用できない。

 インキュベイトセレクターで登場したレベル4・ピルルクルリグ

 クロスアイコンを持つシグニに出た時にエナ1つを支払うことでカードを1枚引く常時能力シグニヘブンした時に対戦相手ルリグ1体をダウンして凍結する常時能力対戦相手手札捨てさせる起動能力をもつ。

 2つ目の常時能力は強力で、対戦相手ルリグダウンして凍結する。
 この類の効果《コードラブハート C・M・R》ライフバーストもあるが、より能動的に発動できる。
 特に《混沌の鍵主 ウムル=フィーラ》などの強力なコストダウンする能力持ちルリグに対しては天敵となる存在であり、それ以外でも単純にルリグアタックを止めるため強力。
 クロスアイコン持ちシグニを準備する必要があるが、1つ目の常時能力で若干ではあるが改善はされており、そこから引き当てる事もできる。ただし引ける枚数は1枚であり、その都度エナ1つの支払いが必要なため過信は禁物。

 クロス状態シグニがいる場合に使用できる起動能力対戦相手が自身の手札から2枚を捨てるというもの。
 手札さえあれば好きな枚数捨てさせることのできた《コード ピルルク・Ω》と比べると、対戦相手が選ぶ点、捨てる枚数は固定である点、クロス状態シグニの存在が必要な点、手札リソースが不要な点、アタックを放棄する点が異なる。
 《コード ピルルク・Ω》と比べるとよりシグニ主体とするルリグとなるので、いかにクロス状態シグニ維持できるかが肝心になる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:クロスを持つシグニが場に出たとき、そのシグニの出現時能力と《コード ピルルク・Z》の常時能力は、どちらから先に解決されますか?
A:発動条件を満たし、解決を待っている状態の能力が同時に複数ある場合、それらの能力を好きな順に解決することが出来ます。この場合、シグニの出現時能力と《コード ピルルク・Z》の常時能力は好きな順番で解決させることが出来ます。

Q:対戦相手の手札が1枚以下の場合でも起動能力を使用することは可能ですか?
A:はい、可能です。

Q:既にダウン状態のルリグを凍結させることはできますか?
A:はい、可能です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-07 (金) 08:27:22 (96d)