リメンバ

 ルリグタイプの一つ。漫画『selector infected WIXOSS -peeping analyze-』が初出で、TCGではウルトラジャンプ2014年9月号付録レベル0〜4プロモカードセットから登場した。ルリグタイプのグループ分けでは「インフェクテッド組」のサブカテゴリに分類される場合とアルフォウハイティらの「リバース組」と一つにまとめられて「コミックス組」とされる場合がある。
 ブースターパックに入っているものはごく少数で、レベル1・2の入手方法は前述の雑誌付録かポイントキャンペーン景品のどちらかに限られる(<ピルルク>で代用することは可能)。また、何故かレベル4のバニラはあるのにレベル3のバニラは未登場である。2017年のベースルリグキャンペーンでは《WHITE LRIG》グロウ対象に含まれているが、レベル1・2のバニラは提供されない。
 ルリグとしてはタマに次いで登場した2体目の白ルリグだが、レベル2以降のカードではグロウコストが含まれるのが特徴。
 原則として「星占の巫女」を冠称としているが、カードの右下に記載された読みは全て「ほしうらない」でなく「センセイ」(「占星」)になっている。
 ルリグ自体の得意戦術は凍結を利用したアドバンテージを得ること。

 <リメンバ>のカードは、レベル0の全種とレベル3の1種を除く大部分が<リメンバ/ピルルクと書かれた2つのルリグタイプを持つ。レベル2以上の<リメンバ>がグロウコストエナを要求すること、<リメンバ>の限定条件を持つアーツスペルが存在しないことから、ピルルク限定のカードを併用する混色のデッキ構築が前提になっている。シグニアンフェインドセレクター限定条件を持つのものが初めて登場した。

 フルスクラッチでは新たに青単色となって再登場。<ピルルク>のカードタイプを完全に失っている。

  • アルファベット表記はタロットによればRememba簡体字中文版の表記は(イー)(繁体字表記「憶」)。典型的な意訳である。
  • 公式サイトの初心者講座で2015年7月末から公開されているルール説明動画のルリグ紹介には登場していない(コード・ピルルクの紹介でテロップに名前が出て来るだけ)。ナレーションのるう子&タマとは本編中で接点が無かったからだろうか。

関連カード

  • □:のカード
  • のカード
  • 無色のカード

ルリグ

 ※はルリグタイプ<リメンバ/ピルルクのカード

アーツ

シグニ

シグニライフバースト

スペル

『selector』シリーズにおいて

 担当声優は葵井歌菜(『Lostorage incited WIXOSS』第9話)。

この微笑は暗黒―ネタバレ注意

 外伝作品のメインキャラクターと言う立ち位置もあり『selector』のアニメ本編でストーリーに絡むことは無かったが、映画『destructed』では29分頃に「浦添イオナファンの集い」の場面で一瞬だけリメンバらしきルリグが映っている(当然ながらセレクターは清衣ではない)。

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-03 (火) 10:51:13 (47d)