ピルルク

 selectorシリーズの最初期から存在するルリグタイプの一つで、いわゆる「インフェクテッド組」に分類されるがLostorageシリーズにもルリグタイプを共有する2代目の「アロス・ピルルク」が登場している。構築済みデッキは初期のブルーアプリに加え、2016年4月には2組目のブルーペティションが新たに発売された。
 基本的には青ルリグだが、後述のようにを併せ持つ多色ルリグや複数のルリグタイプを持つ白ルリグも存在する。
 一部のカードを除き、初代は「コード・ピルルク」(「コード」と「ピルルク」の間は中点・スペース有り・いずれも無しなど一定しない)、2代目は「アロス・ピルルク」の名称が用いられている。ルリグタイプは共通だが、ゲームバランス維持のためグロウに関する制約でカード名の指定が含まれる場合があり、完全互換にはなっていない。「2017 WIXOSSバトルチョコレート」など、使用可能なルリグタイプLostorageシリーズに限られている大会やイベントではアロスしか使えない場合がある(レベル0に限り、アロス以外も従来通り使用可能)。selectorLostorageの2シリーズを横断するルリグタイプは、他に無色の<>しかない。

 ルリグ自体の得意な戦術は「ハンデス」。それにが元々得意とする「手札補充」を加え、アドバンテージ差で勝つ手札のコントロール戦術を得意とする。
 限定条件付きのシグニは主に電機で構成されているが、最初期に登場したごく少数の水獣エクスポーズドセレクターから登場した凶蟲にも限定条件付きのものがある。コードとアロスのどちらもレベル0ではコインを得られず、上位レベルへのグロウコインを獲得する仕様になっている。

  • アルファベット表記はタロットによればPirurukだが、アニメの北米版ブルーレイ字幕ではPirulukとされている。簡体字中文版の表記は初代が代号(ダイハオ)皮璐璐可(ピルルクァ)、2代目が阿洛斯(アルォス)皮璐璐可(ピルルクァ)
    大半のルリグは自分でルリグネーム(?)を付けている中、ピルルクは「原初のルリグ」ではないにも関わらず繭によって命名された点が特異な存在である。名前の由来などは全く語られていないが、繭に名付けられた水嶋清衣自身はこの名前をそれなりに気に入っていたのかLostorageで新たに引き当てた始まりのルリグに「ピルルク」を襲名させている。
    2代目のカード名に含まれる「アロス」(ἄλλος)は、ギリシア語で「別の」「もう一つの」と言う(英語のanotherと同じような)意味。
  • 初代のコード・ピルルクは外伝『peeping analyze』で主人公に抜擢され、活躍したこともあってかウィクロスマガジンVol.1で実施された「selector総選挙」(TVアニメの登場人物が対象)では1位に輝いた。
    この結果を受けてアニメ・TCGの両面で公式から積極的にプッシュされており、劇場版『selector destructed WIXOSS』のローソン限定前売券ではイラストブックがセット販売された。さらに2組目の構築済みデッキ発売、そして第2シリーズ1期『Lostorage incited WIXOSS』に「2代目」が登場し、第2期『Lostorage conflated WIXOSS』では主人公ポジションに昇格している。
    からあげクンやすき家など、コラボレーションでは妙に食べ物との絡みが多い。
    • ブロッコリーのTCG『Z/X -Zillions of enemy X-』との相互コラボレーションにより、『Z/X』のPLAYER(各務原あづみと互換)として登場する。
      フレーバーテキストを読む限り、コード・ピルルクは繭の気まぐれで『Z/X』の「の世界」に召喚されたのではないかと疑っているようである。
      余談であるが『Z/X』の世界は一応地球である。その為「夢限少女」等の過程を全部飛ばしてカードの外に出るという離れ業をやったことになる。
    • スクウェア・エニックスのアーケードTCG『LORD of VERMILION Re:3』では、ユヅキと共に参戦が決定し、2016年6月23日のバージョンアップ『Dear Servant』で実装された。
      能力は味方の覚醒コスト(WIXOSSのグロウコストに近いパラメータ)を多くする代わりとして大幅に打点を上げるのと、アーツ《ドント・エスケープ》で移動速度、攻撃速度を遅くするというもの。

関連カード

  • □:のカード
  • のカード
  • ■:/のカード
  • ■:のカード
  • 無色のカード

 ※[K]の付いたカードはキーセレクションで使用可能。
 ※はルリグタイプリメンバ/ピルルク>のカード。
 ★は準限定(ピルルク以外でも使えるが、ピルルクが使用した場合に特有の効果やコスト軽減がある)カード。

ルリグ

キー

アーツ

レゾナ

シグニ

シグニライフバースト

スペル

スペルライフバースト

selector』と『Lostorage』において

 担当声優は『selector』に登場した初代のコード・ピルルクが大西沙織、『Lostorage』に登場した2代目のアロス・ピルルクが篠田みなみ。

 かつてセレクターだった蒼井晶から「ピルルクたん」と呼ばれているのは有名だが、2015年7月に公開されたルリグ紹介動画では小湊るう子から「ピルルクさん」と呼ばれている。

selector』シリーズにおいて

その瞳は冷視―ネタバレ注意

外伝『peeping analyze

この意思が希望―ネタバレ注意

Lostorage』シリーズにおいて

再始動/清冽と汚濁―ネタバレ注意

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-19 (土) 21:25:35 (88d)