《エニグマ・オーラ》

カード名エニグマ・オーラ[エニグマオーラ]
カードタイプスペル
コスト黒(2)限定条件ウリス限定
ターン終了時まで、あなたのルリグは「このルリグがアタックしたとき、あなたのシグニを好きな数トラッシュに置く。その後、トラッシュに置いたシグニ1体につき、デッキの上からカードを1枚ライフクロスに加える。」を得る。
【ライフバースト】:あなたのトラッシュから、黒のシグニ1枚を場に出す。そのシグニの【出】の能力は発動しない。

 ステアードセレクターで登場したウリス限定のスペル

 ライフクロスを増やすと、シグニがいなくなり、その分のクラッシュをほぼ間違いなく受ける。
 なので、「ライフバースト3枚分のチャンスとその後のエナゾーンカード1枚分の増加を兼ねたスペル」だと考えよう。
 などのサーチや、肥やしたトラッシュを見てある程度残りデッキを把握しておくと、よりライフバーストの確率が上がるだろう。
 さらに次のターンアタックフェイズでの《ブラック・デザイア》によるバニッシュを警戒させることができれば、たとえシグニがいなくとも相手を萎縮させることが出来る。

 同じ色でありウリスのメインクラスである悪魔《紅蓮の使者 ミリア》とはシナジーを形成する。
 デッキ圧縮をしつつ、デッキにあるライフバーストの割合を上げることができるためである。
 また、ウリス《グレイブ・ガット》といった強力なアーツを擁するため、ライフクロスを増やしつつ守るといった立ち回りもできる。
 アタックフェイズ終了後に手札を捨てるデメリットが生じる《幻水姫 ダイホウイカ》とも相性抜群。

 ただし、これらは全て「スペルが通り、ルリグがアタックできれば」の話。
 《ピンチ・ディフェンス》《ゼノ・マルチプル》ルリグアタックができない状態にされるとディスアドバンテージになり、シグニアタックによって《アーク・オーラ》ライフバースト発動した場合は堪ったものではない。
 《コード ピルルク・Z》がいると凍結で動けない可能性もあり、そもそも《アンチ・スペル》された時点でライフクロスは増やせない。

 使いどころを選ぶカードではあるが、無事ライフクロスを3枚増やすことができれば対戦相手にプレッシャーを掛けることができる。

収録パック等

FAQ

Q:トラッシュに置いたシグニの枚数より、メインデッキの残り枚数が少ない場合はどのように処理されますか?
A:メインデッキの残りをすべてライフクロスに置いた時点で、デッキが無いため効果は終了となり、デッキリフレッシュが行われます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-07 (金) 08:54:34 (345d)