開発(かいはつ)スタッフ

 よく使われる用語の内、WIXOSS TCG開発スタッフの人名事典。

スタッフロール

 構築済みデッキ(WXD-01〜08)に同封されているプレイシート記載のスタッフ一覧。WXD-09以降に同封のバージョンではレゾナクロスシグニの解説追記に伴いスタッフロールが削られている。

  • プロデューサー
  • ゲームデザイン
    • 八十岡翔太(ホビージャパン)
  • ディレクター
  • ルールマネジメント
    • 中嶋智哉(ホビージャパン)
  • プロダクトマネジメント
  • デザインディレクター
    • 下田裕之・村山卓也(六面堂)
  • エグザクティブプロデューサー
  • ゲームデザインスーパーバイザー
    • 一戸健史(ホビージャパン)

よく出て来るスタッフ名

 プレイヤー間で話題がよく出るスタッフ名の解説。

大礒(おおいそ) 正嗣(まさし)

 通称「るーきー」。ホビージャパン所属で、TCG営業を担当している。
 広島県出身。2000年代に「マジック:ザ・ギャザリング」で日本を代表する名プレイヤーとして一斉を風靡し、2012年にプロツアー殿堂入りを果たす。MTG:Wikiに人物記事が投稿されているので合わせて参照のこと。
 WIXOSSではタカラトミー側との調整を主に担当しており『カード大全』I・IIでは八十岡翔太・カードゲーマー編集部と共にレビュアーとして名を連ねている。ウィクロスマガジンVol.2の企業対抗戦では1回戦のお絵描き対決でタカラトミー先鋒の金澤拓也低レベル熾烈なバトルを繰り広げた末に惜敗した。

金澤(かなざわ) 拓也(たくや)

 タカラトミーカード事業部第二企画課(WIXOSSチーム)開発担当。通称は「カナタク」。
 北海道出身。小学生の頃にポケモンカードゲームの大会で地区代表となり、全国5位に入賞した経験がある。プライベートではZ/Xもプレイしているとのことで、WIXOSS×Z/X クロスキャンペーンではZ/X開発担当のモザイク斎藤との対談や相互のタイトルで組んだデッキレシピのフリーペーパー公開を行っていた。
 『selector radio WIXOSS』初出演は第43回ながら、本村康祐APと同期入社のためそれ以前から「WIXOSSの部屋」でよく話題が出ていたので知名度は高い。デッキを開発するのが余り得意でない本村APに代わって実用的なデッキレシピを組むのが主な役回りで、ラジオのレギュラーを狙っていた。ニコニコ生放送の公式チャンネル開設後、インキュベイトセレクター発売直前の配信では「社内最強セレクターvs社内最弱セレクター」のキャッチコピーで本村APを相手に《コード ピルルク・Ζ》を使って12連勝している。
 カードゲーマーVol.35での各スタッフや有名プレイヤーによる世界大会予選で活躍するルリグの予想ではother枠に長らく強化が途絶えていたハナレの活躍を唯一予想し、その後の東京予選で実際にハナレを選択したチームが優勝している。
 ウィクロスマガジン連載の『ウィクロスを創った漢たち』では、何故かダークエルフ(♀)の姿で第2部から登場している。

佐戸(さど) 憲一(けんいち)

 WIXOSS発売当時のタカラトミーカード事業部長(グループリーダー)、エグゼクティブプロデューサー。
 アニメ『selector』の製作発表記者会見でタカラトミーを代表して出席した。過去には2005年公開の『劇場版デュエル・マスターズ 闇の城の魔龍凰』、2011年にフジテレビで放送された『C』、2012年公開の『劇場版ポケットモンスターベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ』でも名前がクレジットされている。

 ウィクロスマガジン連載の『ウィクロスを創った漢たち』では、何故かリカちゃん(原寸大)の姿で登場する。

(はら) 伸吉(しんきち)

 タカラトミーカード事業部長。2014年のWIXOSS発売当時は第二企画課(WIXOSSチーム)課長で、2017年4月より現職。通称は「伸さん」。
 神奈川県出身。カードゲーマーVol.33掲載の「業界人の履歴書」によれば、ディレクターの浅賀聡とは小学生の頃から家族ぐるみの付き合い。他のスタッフに比べるとメディアへの出演は少ないが『selector radio WIXOSS』で第51回にゲスト出演した。タカラトミー本社がある葛飾区立石周辺に行きつけの店が多数あるとのこと。
 2015年のエイプリルフールで「リアルセレクター」のキービジュアルやタマ限定大会に登場し、翌年のエイプリルフールで実写CMに登場していた猫の飼い主らしい。

本村(もとむら) 康祐(こうすけ)

 タカラトミーカード事業部第二企画課(WIXOSSチーム)アシスタントプロデューサー(AP)。詳細は本村康祐を参照。

八十岡(やそおか) 翔太(しょうた)

 通称「ヤソ」。ホビージャパン所属。WIXOSSのメインゲームデザインを担当しており、他に製作参加したタイトルには「ファイナルファンタジーTCG」がある。
selector radio WIXOSS』では第44回に【radio WIXOSSよろしくる〜ん】デッキを携えてゲスト出演した。「マジック:ザ・ギャザリング」のプレイヤーとしても世界的に有名で、2015年にプロツアー殿堂入りを達成している。MTG:Wikiやニコニコ大百科に詳細な人物記事が投稿されているので合わせて参照のこと。
『カード大全』では全巻にわたり、カードゲーマー編集部と共にレビューを担当している。Vまでは他のレビュアーに比べて全般的に辛辣な点数を付ける傾向がみられたが、VIでは2015年ウィクロスカップ優勝者でこの巻から新たにレビュアーとなったmasterがそれ以上に辛辣な評価を連発しているため相対的に点数が甘く感じられるようになっている。目を引く所では(レベル0で能力差が無いはずの)《星占の巫女 リメンバ》が高評価で、逆に《PICK UP》は低評価だった。
 WIXOSSと同じタカラトミーのTCG「デュエル・マスターズ」公式サイト内のコラム「DMデッキ開発部」に登場する八重子のモデルと言われており、ウィクロスマガジン連載の『ウィクロスを創った漢たち』でも八重子そのままの姿で登場している。《巨弓 ヤエキリ》も参照。

山口(やまぐち) (とも)

 タカラトミーカード事業部第二企画課(WIXOSSチーム)プロデューサー。通称は「トモさん」「山口P」など。ウィクロスマガジン連載の『ウィクロスを創った漢たち』では、何故か幼女の姿で登場して熊に襲われたりゴリラに締め上げられたりウィクロスロボに転生している他、WIXOSS Presentation 2017.10.20では脳だけの姿で登場しプレゼンを行う等、肉体の酷使が激しい。
selector radio WIXOSS』初出演は第40回だが、それ以前からニコニコ生放送の特番に何度か出演していた。ラジオが『-Booster Pack-』になって以降は「リーディング・フレーバーテキスト」のコーナーでレギュラー出演していた。後継番組の『Lostorage radio WIXOSS』では前番組の本村APに代わり「ウィクロスクールR組」のコーナーで準レギュラーとして出演している。
 イラストも上手く「デュエル・マスターズ」のマーケティングを担当していた際には「DMデッキ開発部」に登場する部員のキャラクターデザインを行っていた(2015年のニコニコ超会議でコメント)。WIXOSSでは「ヤマグチトモ」名義で数枚のカードの原画を描いている。

和田(わだ) 寛也(ひろや)

 ホビージャパン所属。『カード大全』ではIIIからVまで大礒正嗣に代わってレビューを担当した他、ノベライズでは「バトルプロット協力」としてクレジットされている。
 ウィクロスマガジンVol.2の企業対抗戦に掲載された人物紹介によれば「永遠の暗黒卿」を自称しており「好きな式典は始球式」とのこと。タカラトミー3番手で登場した本村APとの対戦では赤緑軸の【花代】を使い、渾身の《バースト・ラッシュ》が不発に終わった本村APの【エルドラ】を下してホビージャパンチームを勝利に導いた。

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-02 (金) 22:09:08 (20d)