ララ・ルー

 2015年10月12日開催のウィクロス文化祭を初出とする赤ルリグで、いわゆる「ステアード組」に分類されるが、現状では同じイベントを初出とする青ルリグソウイと同様に【レベル0】のデッキしか組むことが出来ない。
 かつては「乗機シグニを主に使用する」と言う推測が存在していたが現在では否定されている(詳細は乗機の解説を参照)。

 ルリグタイプとしての実装以前にリアクテッドセレクター《疾風怒蕩》で先行プロモーションとして描かれた……が、その後はレベル1以上が実装される気配すら無く、2017年のベースルリグキャンペーンでも《RED LRIG》から1種だけ狙い撃ちで排斥されている。また、タロット《LALARU》シークレット《ララ・ルー“N”》はなぜか公式カードリストには登録されていない(ただしウィクロス図鑑には登録されている)ため、公式カードリストに登録されたルリグタイプ<ララ・ルー>に関する記述を持つカードは選択式の《stirred WIXOSS》だけである。そのためか、検索用ルリグタイプ一覧にも<ララ・ルー>は用意されていない。そして2018年、2年半の沈黙を経てキーカードのみ登場することが発表された。

関連カード

 ※特記無き場合はのカード。

ルリグ

selector stirred WIXOSS』において

その苦楽は連鎖―ネタバレ注意

関連リンク


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS