*【レベル0】 [#top]

#contents

**[[デッキ]]の概要 [#abstract]
 [[ルリグ]]の[[グロウ]]による[[レベル]]アップと[[シグニ]]の[[場]]での運用を放棄し、[[アーツ]]と[[スペル]]の[[使用]]、[[シグニ]]や[[スペル]]の[[ライフバースト]]の[[発動]]を駆使して戦うことを目的とした[[デッキ]]。~
 [[キーセレクション]]、オールスターのどちらの構築でもすべての[[ルリグタイプ]]で構築可能な(特に[[キーセレクション]]では大半の[[ルリグタイプ]]がこれしか組めない)[[デッキ]]である。そのため、本項では[[限定条件]]付の[[アーツ]]や[[スペル]]は[[ライフバースト]]目的以外のものに関する言及は基本的には割愛するが、[[ルリグタイプ]]によってはそれらの利用も視野に入れられる。

 このデッキは元々、[[ライフバースト]]を活用した戦い方が特徴の[[【エルドラ】]]で[[アーツ]]を最大枚数となる9枚まで採用するための手段として考案された経緯がある。~
 その後、2015年12月に『[[selector infected WIXOSS -Re/verse-]]』のコミックス第2巻付録として[[《宿業の花嫁 アルフォウ》]]と[[《簒奪の花嫁 アルフォウ》]]が追加されるまでの間、[[《comics WIXOSS》]]の[[レベル]]0のみ・[[グロウ]]不可と言う条件でデッキを組まざるを得なかった[[アルフォウ]]のファンデッキを組む手段として注目された。[[レベル]]0[[アルフォウ]]は、[[ライフクロス]]を[[クラッシュ]]する[[ライフバースト]]と[[《デス・ブーケトス》]]を駆使して戦うのが基本的な戦術であった。~
 オールスター構築の場合は[[ハイティ]]、[[ララ・ルー]]、[[ソウイ]]、[[フタセ]]、[[ゆきめ]]、[[?]]の6種において同様の趣旨で構築できる唯一の[[デッキ]]となっている。~
- 大規模大会では2016年6月開催の[[ホヴィクロスパーティー3>ショップイベント#hbst201606]]で[[ソウイ]]の[[レベル]]0([[ホヴィクロスPTルリグ使用率>http://www.arclight.co.jp/hbst/wixoss_hbst/]])、2017年3月開催の[[バトルチョコレート>プロモカード/大会#choco2017]]名古屋会場で[[ゆきめ]]([[Twitter>https://twitter.com/wixoss_tcg/status/837899239204139008]])、4月開催の札幌会場で[[?]]([[《始まりのルリグ》]]。[[Twitter>https://twitter.com/wixoss_tcg/status/848066380423282688]])、東京会場で[[ゆきめ]]と開催時は実装前だった[[グズ子]]([[Twitter>https://twitter.com/wixoss_tcg/status/850536256454795264]])の[[レベル]]0がそれぞれ確認されている。
- 毎年秋に開催されている[[オリジナルレベル0大会]]では2016年9月の第2回以降、参加条件が「開催時のカードプールで[[レベル]]0と1が存在する[[ルリグタイプ]]」とされているため、[[レベル]]0以外のデッキを組めない[[ルリグタイプ]]は完全に締め出しを食らう形となっている。

**[[デッキ]]構築に際して [#intro]
※2018年2月22日施行のルール改訂後は[[ルリグデッキ]]に同一カードを複数枚入れることが禁止されているが、以下の解説は改訂前のルールに基づいた箇所を含むことに注意。特に[[キーセレクション]]構築では、解説で挙げた[[シグニ]]、[[アーツ]]、[[スペル]]がごく少数しか解禁(鍵付き再録)されていないためほとんど役立たない。
※2018年2月22日施行のルール改訂後は[[ルリグデッキ]]に同一カードを複数枚入れることが禁止されているが、以下の解説は改訂前のルールに基づいた箇所を含むことに注意。特に[[キーセレクション]]構築の場合は解説で挙げた[[シグニ]]、[[アーツ]]、[[スペル]]がごく少数しか解禁(鍵付き再録)されていないためほとんど役立たない。
- [[ブランクカード]]は[[アンロックドセレクター]]で有色のものが登場しており、ルール改訂当日以降も[[無色]]の[[ブランクカード]]([[カード名]]は有色と[[無色]]でそれぞれ別にすること)と組み合わせれば全ての[[ルリグタイプ]]が最低でも3枚の[[レベル]]0をデッキに入れられる。

***[[ルリグ]]について [#lrig]
 [[コイン]]2枚を獲得する[[ゆきめ]]以外は[[レベル]]0の[[バニラ]]であり、好みや[[色]]([[無色]]含む)、[[ルリグタイプ]]、[[コイン]]獲得の有無で使い分けることになる。~
 後述の[[《アーク・ディストラクト》]]などを入れる場合は異なる[[カード名]]の[[レベル]]0[[ルリグ]]([[ブランクカード]]を使用した自作でも可)が存在することが条件となる。~
- [[レベル]]1以上が実装されていない[[ルリグタイプ]]で[[コイン]]を得られるのは、[[ゆきめ]]だけである。当然ながら[[コイン]]技(プレデクト)を持つ[[ルリグ]]は存在しないため、用途は[[アーツ]]使用時の[[ベット]]に限られる。~
- [[《stirred WIXOSS》]]を使用する場合の注意点として、この[[ルリグ]]カードはゲーム開始時しか使用できない(オープン直後に[[ルリグタイプ]]を指定する)ため他の[[レベル]]0からの[[グロウ]]が不可能なことが挙げられる。そのため、[[ララ・ルー]]または[[ソウイ]]で[[《stirred WIXOSS》]]を使う場合は必ずゲーム開始時に使用し、次に[[文化祭>プロモカード/イベント配布#cf2015]]または[[タロット]]の[[レベル]]0へ[[グロウ]]する順序となる。~
- 2017年9月に登場した[[ブランクカード]]は「[[レベル]]0が存在する[[ルリグタイプ]]」ならば作成可能とされているので、[[?]]以外は[[レベル]]0の有色と[[無色]]の[[ルリグ]]を1枚ずつ作成して[[ルリグデッキ]]に投入することが出来るようになった。

 個々の[[ルリグタイプ]]別のポイントや特徴、デッキに採用できる[[アーツ]]や[[スペル]]の違いは以下の通りである。
- [[ララ・ルー]]、[[ソウイ]]、[[?]]~
 [[?]]以外の2タイプは[[ブランクカード]]を使用しなくても[[レベル]]0の中で2回、使用すれば最大4回まで[[グロウ]]が可能で、[[?]]も[[ブランクカード]]([[無色]]のみ)を使用すれば最大3回までグロウできる。[[ルリグデッキ]]のルール改訂以前は3タイプとも[[ブランクカード]]無しで3回以上のグロウが可能だったので、[[エクシード]]のコストを溜め込んだり[[《燐廻転生》]]で[[ガード]]を封じられるのが他の3タイプとの違いであった。[[ブランクカード]]の登場後は他の3タイプとのアドバンテージは少なくなり、[[?]]は2回以上グロウする場合に[[ブランクカード]](他の[[ルリグタイプ]]と異なり[[無色]]1枚しか入れられない)が必須となった。~
 また[[ララ・ルー]]は[[《西部の銃声》]]の[[ライフバースト]]や[[《一覇二鳥》]]といった[[カード]]の[[赤]][[エナ]]を、[[ソウイ]]は[[《TRICK OR TREAT》]]や[[《THREE OUT》]]といった[[カード]]の[[青]][[エナ]]を削られないという点も他の[[ルリグ]]より秀でている。~
 余談だが[[?]]は大会により[[グロウ]]、もしくはエントリー資格自体が封じられてしまうので、しっかりと確認してエントリーしたい。~

- [[ゆきめ]]~
 現状唯一の[[コイン]]を獲得できる[[レベル]]0。また、[[カレンダー]]で日付も確認できる。~
 [[シグニ]]の[[アタック]]が素通りのこの[[デッキ]]において、[[《フェイタル・パニッシュ》]]や[[《生生流転》]]といった[[コイン]]2枚以下(ブランクカードを併用する場合は3枚以上も可)を[[ベット]]する[[アーツ]]を駆使できるのが特権。~
 登場時は一切[[グロウ]]が出来なかったが、[[ブランクカード]]の登場により[[グロウ]]が可能となり[[エクシード]]の使用に道が開かれた。また、[[ブランクカード]](可能ならば[[白]]と[[無色]]の2枚)を併用すればノーコストで複数枚の[[コイン]]を得られるようになっている。~

- [[フタセ]]、[[ハイティ]]~
 [[ソウイ]]や[[ゆきめ]]と同じく、自分と同じ[[色]]の[[エナ]]を削られないといったメリットがあるが、[[コイン]]は獲得できない。どちらも登場時には[[グロウ]]が一切できなかったが、[[ゆきめ]]と同じく[[ブランクカード]]の登場によって[[グロウ]]が可能となり、[[エクシード]]の使用に道が開かれた。~
 [[ブランクカード]]を使用しない場合は、9枚の[[アーツ]]を上手く使いたいところ。~

***[[アーツ]]について [#arts]
- [[《デス・ブーケトス》]]~
 [[《デス・ブーケトス》]]型にするならこちら。~
 [[ライフバースト]]と[[ルリグ]]による[[アタック]]を除くと、[[対戦相手]]の[[ライフクロス]]を[[クラッシュ]]できるのはこの[[カード]]のみ。~
 ルール改訂前は連射が前提で可能な限り4枚、[[《スピリット・サルベージ》]]を採用した場合でも3枚積みが基本だったが、ルール改訂後は複数枚積みが不可能となる。連射前提でなければ、[[《スピリット・サルベージ》]]の他に[[《ステアード・サルベージ》]]を入れることでルール改訂後も1枚で3回使用することが可能。~

- [[《一覇二鳥》]]~
 恐らく一番メジャーと思われる[[《一覇二鳥》]]型のエース[[カード]]。[[ルリグ]]に[[ダブルクラッシュ]]を与えられる[[アーツ]]。[[対戦相手]]に[[ライフクロス]]を[[クラッシュ]]が狙える機会が乏しいため、[[ダブルクラッシュ]]の付加は非常に強力。~
また、[[レベル]]1による[[ガード]]を封じてくれるため、最後の詰めでも十分に活躍してくれる。~

- [[《ペイ・チャージング》]]~
 基本的にこの[[デッキ]]で大きく[[手札]]を消費する事態は起きないため、余った[[手札]]を処理しながら[[スペル]]や[[アーツ]]のための[[コスト]]を蓄えられる。~

- [[《ドント・ムーブ》]]~
 [[シグニゾーン]]に[[シグニ]]を置けないこの[[デッキ]]で、安定して[[対戦相手]]の[[シグニ]]の[[アタック]]を防げる数少ない[[アーツ]]。~
 [[《THREE OUT》]]や[[《TRICK OR TREAT》]]などの[[青]]の[[カード]]を採用していると比較的打ちやすい。

- [[《剣抜弩焼》]]~
 [[手札]]を2枚捨てる代わりに[[対戦相手]]の[[シグニ]]を1体[[バニッシュ]]する。[[使用]]するための条件として[[赤ルリグ]]が指定されているため、[[ララ・ルー]]の【レベル0】を組む場合は貴重な盤面開けの手段となる。~
 [[アンロックドセレクター]]では終盤の強力な面開け手段となる[[《全戦全焼》]]も登場するが、敢えて&color(#f00){[[ララ・ルー]]のデッキを組むプレイヤーの場合は感情的にこの[[アーツ]]を使いたくない};と言う重大なデメリットがある。%%ただでさえネタカードとして以上は話題にならず、後に完全上位互換の[[《燐機応変》]]が出たことで名実共に無価値化してしまった[[《疾風怒蕩》]]との落差を考えればなおさらである。%%

- [[《アーク・ディストラクト》]]・[[《ディストラクト・アウト》]]・[[《燐廻転生》]]~
 [[ルリグ]]の下に重ねたカードを必要とするこれらのカードは【レベル0】では一見運用不能に思えるが、例えば「[[《始まりのルリグ》]]→[[《?》]]→[[ブランクカード]]([[ルリグタイプ]]<[[?]]>を記入した[[無色]])や「[[《stirred WIXOSS》]]→[[《SOUI》]]→[[《ソウイ=ゼロ》]]」のような形で[[レベル]]0の[[ルリグ]]を[[グロウ]]すれば活用できる。~
 「[[アーツ]]を9枚入れられる」という【レベル0】の利点を真っ向から打ち消す選択ではあるが、ルリグアタックの回数を増やして決定力を上げたいのであれば選択肢に入る。~
 ただし、異なる[[カード名]]の[[レベル]]0[[ルリグ]]を必要とすることから[[タロット]]のみの[[ハイティ]]と[[フタセ]]、[[カレンダー]]のみの[[ゆきめ]]で運用する場合はそれぞれの[[ルリグタイプ]]を記入した[[ブランクカード]](3タイプとも有色と[[無色]]の合計2枚まで投入可能)が必要になる。また、[[Lostorage]]限定の大会やイベントでは[[タロット]]の[[《?》]]が使えないので、[[《始まりのルリグ》]]を[[グロウ]]することができない点に注意。

- [[《ゴールド・ディフェンス》]]~
 [[コイン]]を得られる[[ゆきめ]]では[[コスト]]パフォーマンスよく相手の[[アタック]]を防げる。[[ブランクカード]]で[[グロウ]]すれば[[コイン]]を追加で得られるため、より運用のハードルが低くなった。~

***[[シグニ]]について [#signi]
- [[《サーバント Q2》]]、[[《サーバント T2》]]、[[《サーバント D2》]]、[[《サーバント O2》]]、[[《サーバント Q》]]、[[《サーバント T》]]、[[《サーバント D》]]、[[《サーバント O》]]~
 [[シグニ]]を置けないため殆どの[[アタック]]が素通り状態であり、[[ライフクロス]]の消耗を少しでも減らすため多く投入し[[ルリグ]]の[[アタック]]は可能な限り防ぎたい。~
 まず起きることはないと思うが、[[《轟炎 花代・爾改》]]や[[《一覇二鳥》]]などの[[ガード]]封じが飛んでくる可能性もあるので、比較的[[レベル]]の高いものを採用したい。~

- [[《羅輝石 ダイヤブライド》]]~
 この[[デッキ]]の数少ない[[ライフクロス]]を[[クラッシュ]]する手段。[[ライフバースト]]を狙い運用することとなる。~
 余程のことがない限り早期決着のこの[[デッキ]]では殆どの[[シグニ]]を[[バニッシュ]]でき、追加で[[ライフクロス]]に[[クラッシュ]]をできるのは強力。~
 しかし[[《贖罪の対火》]]と違い[[ライフクロス]]が2枚以下でないと後者の[[効果]]を[[発動]]できないので、枚数には細心の注意が必要。~

- [[《音階の右律 トオン》]]~
 [[ライフクロス]]からめくれてしまえば、この[[ターン]]の[[ダメージ]]を僅か1点に抑えることが出来る頼もしいシグニ。[[ライフクロス]]に眠っていることを祈りたい。~

- [[《理英の謎箱 #シュレデ#》]]~
 [[ライフクロス]]が2枚以下になった場合の[[ライフクロス]]の補充手段として、[[ライフバースト]]を狙い運用する。~

- [[《羅星 ≡テンドウ≡》]]~
 [[ライフクロス]]を補充する[[ライフバースト]]持ち。[[ターン]]中2枚以上の[[クラッシュ]]を条件にするが、[[シグニゾーン]]が空いたままになるこの[[デッキ]]では発動機会は多いだろう。~

***[[スペル]]について [#spell]
- [[《西部の銃声》]]~
 [[ライフバースト]]限定だが、僅か[[赤]]2[[エナ]]で[[ライフクロス]]を削れる夢のような[[スペル]]。そのまま発動はできないが、出来る限り多く採用したい。

- [[《贖罪の対火》]]~
 [[《羅輝石 ダイヤブライド》]]と同様に[[ライフバースト]]での運用を狙う。こちらは[[ライフクロス]]が0枚でない限り状況を問わず[[発動]]できるが、この[[デッキ]]だと[[ライフクロス]]1枚を[[トラッシュ]]送りにするという条件は非常に重い。~
 [[《西部の銃声》]]が登場した今、こちらを使う機会はほぼないと言ってもいい。~

- [[《成長する未来》]]、[[《噴流する知識》]]~
 共に[[コスト]]なしで[[使用]]できる[[デッキ]]圧縮手段。[[手札]]に来たら早めに[[使用]]しておきたい。~

- [[《THREE OUT》]]~
 [[コスト]]が軽く、[[デッキ]]圧縮をしながら[[手札]]を増やすことができる。ついでに[[《懐古の音色 リコダス》]]や[[《思索の体現 ⁑シンカー⁑》>《思索の体現 *シンカー*》]]などの、[[トラッシュ]]で仕事をする[[カード]]を[[捨て>捨てる]]たいところ。~

- [[《TRICK OR TREAT》]]~
 状況に応じて2つの[[モード]]を使い分けられる[[スペル]]。[[コスト]]に[[無色]]を要求してくるので、[[エナゾーン]]に置かれてしまった不要な[[エナ]]を処理しやすい。~
 [[カード]]を引く[[モード]]で[[手札]]を補充するより、[[対戦相手]]の[[手札]]を[[捨てさせる>捨てる]][[モード]]で、[[対戦相手]]の[[手札]]の[[ガード]][[能力]]持ちの[[カード]]を削りたい。~

- [[《PEEPING DECIDE》]]~
 [[《一覇二鳥》]]型の場合、対戦相手からすれば[[レベル]]1以上の[[ガード]]持ち[[シグニ]]を手札に抱えておきたいものであり、この[[スペル]]はそれを綺麗に打ち抜くのに非常に役に立つ。~
 また同時に[[手札]]の確認もできるので、[[《燐廻転生》]]の後押しに発動するのもあり。~

- [[《アーク・オーラ》]]~
 言わずと知れた全体[[ダウン]]の[[効果]]を持つ[[スペル]]。耐性を持ち合わせていない限り、被[[ダメージ]]を大幅に減らせるのは有難い。~
 また[[ハイティ]]に採用すれば『[[selector infected WIXOSS -Re/verse-]]』における場面の再現も可能。~

**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
 [[シグニ]]を1体も[[場]]に出せないので、とにかく火力が足りない。~
 [[《西部の銃声》]]や[[《燐廻転生》]]などの登場から、初期ほどの火力不足からは脱却できたものの、100%決まる保証もないので改善には至っていない。~
 [[ルリグ]]による[[アタック]]が[[ダメージ]]の大半を占めているため、それを打ち消せる・上回る速度で[[ライフクロス]]を増やせる[[デッキ]]との相性は最悪。[[《羅植姫 スノロップ》]]を立てられたらほぼ詰みである。~

 加えて、ほぼ全ての[[アタック]]が[[ライフクロス]]に直撃するので[[ダブルクラッシュ]]や[[トリプルクラッシュ]]が致命傷となり、最短でゲーム開始から3巡目を迎える事なく敗北する可能性もある。~
 [[色]]がかなりバラけているため、[[エナゾーン]]に[[無色]]などの[[カード]]が混じり、主要[[カード]]の[[使用]]の邪魔となる、といった事態が多々発生する。~

 最大の弱点として、[[《水流の打落 ⁑マーライ⁑》>《水流の打落 *マーライ*》]]を出されると完全に敗北が決定する。~
 これに関しては最早[[【アン】]]と当たらないことを祈るしかないが、昨今[[【レベル2軸アン】>【アン】]]が増加傾向にあるので、それも難しくなっている。~

//**代表的なカード [#typicalcard]
//
**関連リンク [#link]
-[[デッキ集]]

IP:149.54.174.104 TIME:"2018-03-17 (土) 22:25:24" REFERER:"http://wixoss.81.la/?cmd=edit&page=%A1%DA%A5%EC%A5%D9%A5%EB%A3%B0%A1%DB" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/15D100 Safari/604.1"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS