*レゾナ [#top]
 シグニの一種で、ルリグデッキに入れて使用します。~
 テキスト上部に記載された「出現条件」を満たすことによって場に出す事が可能となります。~
 レゾナが何らかの効果やルール上の処理によってルリグトラッシュ以外に置かれる場合、替わりにルリグデッキに戻ります。

-レゾナはシグニの一種として扱われますので、シグニに対する効果は、全てレゾナに対しても影響を及ぼします。
-レゾナが何らかの効果や、バトルの結果によってルリグトラッシュ以外に置かれる場合、代わりにルリグデッキに戻ります。
-場にあるシグニは自身のターンのメインフェイズにトラッシュに置く事が可能ですが、レゾナでこれを行う事は出来ず、ルリグデッキに戻す事も出来ません。
-レゾナが何らかの効果や処理の結果によって、[[ルリグデッキ]]・[[ルリグトラッシュ]]・[[シグニゾーン]]以外の領域に置かれている場合、ルール処理によってルリグデッキに戻ります。

//以下は旧文面に記載されていた項目
//レゾナのパワーが0以下となった場合、ルール上の処理としてバニッシュされますが、この場合2.と同様にルリグデッキに戻ります。
//グロウを行った結果、レベルやリミットを超過してしまった場合、レベルやリミットの値に収まるようシグニをトラッシュに置く必要がありますが、これによってレゾナをトラッシュに置く場合、トラッシュに置かれる代わりにルリグデッキに戻ります。
//場にあるシグニはエナフェイズにエナゾーンに置く事が出来ますが、レゾナはエナゾーンに置かれる代わりにルリグデッキに戻ります。
 (公式サイト WIXOSS用語集 より引用)

----

 [[メインデッキ]]に入れる従来の[[シグニ]]と異なり[[出現条件]]を満たすことによって、[[ルリグデッキ]]から[[場]]に出すことができる[[シグニ]]。~

-名称の由来は「共鳴」を意味するresonanceから。
-[[ホワイトプレイ]]で初めて登場。[[アンフェインドセレクター]]では、1枚のカードの表と裏で別々の[[シグニ]]として場に出せる[[両面レゾナ]]が登場した。

//**関連カード [#card]

**関連リンク [#link]
//-[[関連ページ]]
-[[公式用語集]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS