*【アルテマ/メイデン イオナ】 [#scd5f8f1]
*【アルテマ/メイデン イオナ】 [#top]

#contents

**[[デッキ]]の概要 [#t417a60c]
**[[デッキ]]の概要 [#abstract]
 すべての[[プレイヤー]]の、[[ドローフェイズ]]に引ける[[カード]]と[[場]]に[[シグニ]]の枚数を制限する[[常時能力]]を持つ[[《アルテマ/メイデン イオナ》]]を中心とした[[デッキ]]。~
 [[《ダーク・マター》]]や[[《コードラビリンス クイン》]]などにより、終盤には優位にゲーム展開を行える。~

|~カード名|>|>|>|アルテマ/メイデン イオナ|[アルテマメイデンイオナ]|
|~色|CENTER:黒|~カードタイプ|CENTER:ルリグ|~ルリグタイプ|CENTER:イオナ|
|~レベル|CENTER:5|~リミット|CENTER:5|~グロウコスト|CENTER:黒(0)|
|>|>|>|>|>|あなたのライフクロスが1枚以下の場合にしか、このルリグにグロウできない。&br;&color(red){【常】};:あなたのグロウフェイズをスキップする。&br;&color(red){【常】};:すべてのプレイヤーはドローフェイズにカードを1枚しか引くことができない。&br;&color(red){【常】};:すべてのプレイヤーはシグニを1体しか場に出すことができない。(すでに場に2体以上ある場合は1体になるようにシグニをトラッシュに置く)|
#br

**[[デッキ]]構築に際して [#oae0475b]
***[[ルリグ]]について [#k1b2e6b4]
**[[デッキ]]構築に際して [#introduction]
***[[ルリグ]]について [#lrig]
- [[《アルテマ/メイデン イオナ》]]~
[[ライフクロス]]が1枚以下でないと[[グロウ]]できない[[レベル]]5の[[ルリグ]]。~
全ての[[プレイヤー]]の[[ドローフェイズ]]に引ける[[カード]]と[[場]]に出せる[[シグニ]]の枚数を1枚に制限する[[常時能力]]を持つ。~
[[グロウ]]すれば[[対戦相手]]の[[シグニ]]を[[《ダーク・マター》]]等を使うだけで全滅させられる。~
[[グロウ]]すれば[[対戦相手]]の[[シグニ]]を[[《ダーク・マター》]]等を[[使用]]するだけで全滅させられる。~
他にも[[《コードラビリンス クイン》]]や[[《コードメイズ 金字塔》]]等により、[[対戦相手]]の[[シグニ]]の[[アタック]]による[[ライフクロス]]の[[クラッシュ]]を防ぐことができるようになる。

***[[アーツ]]について [#q5db54c3]
***[[アーツ]]について [#arts]
- [[《アンシエント・サプライズ》]]~
3つの[[モード]]から1つを選ぶ[[アーツ]]。~
[[トラッシュ]]の枚数稼ぎ、[[シグニ]]の調達、[[対戦相手]]の[[シグニ]]すべての[[パワー]]低下と状況に応じて使い分けができる。

- [[《ダーク・マター》]]~
[[場]]に[[《アルテマ/メイデン イオナ》]]いる状態で使えば、[[対戦相手]]の[[シグニ]]を[[トラッシュ]]送りにして[[アタック]]を防ぎ、[[ライフクロス]]の追加を行える。~

- [[《バロック・ディフェンス》]]~
[[シグニ]]または[[ルリグ]]1体の[[アタック]]を止めることができる。~
[[レベル]]5になる前の[[ライフクロス]]の枚数調整や、終盤のとどめを防ぐことができる汎用的な[[アーツ]]である。 
[[レベル]]5になる前の[[ライフクロス]]の枚数調整や、終盤のとどめを防ぐことができる汎用的な[[アーツ]]である。

***[[シグニ]]について [#o57a1850]
- [[《アヴァロン・スロー》]]~
蘇生対象は[[《コードラビリンス クイン》]]や[[《コードメイズ リバティ》]]が適任。[[《ダーク・マター》]]等アーツを使い回せる。

- [[《ダウト・クリューソス》]]~
あらゆる場面に対応可能な黒アーツ。青デッキと遭遇した時にドローハンデススペルを使えなくして2ドローを狙える。[[《烈情の割裂》]]にも対抗可能。

- [[《ダブル・チャクラム》]]~
実質攻撃回数制限中に2回防御は心強い。

***[[シグニ]]について [#signi]
- [[《コードメイズ 凱旋》]]、[[《コードメイズ バベル》]]、[[《コードメイズ 金字塔》]]~
[[イオナ]]限定の[[白]]の[[シグニ]]。~
[[対戦相手]]の[[シグニ]]の配置を制限する[[常時能力]]と、[[デッキ]]からの[[シグニ]]1枚を[[手札]]に加える[[起動能力]]を持つ。~
後続の[[シグニ]]を確保しつつ[[対戦相手]]の[[シグニ]]の[[アタック]]をブロックできる守りに秀でた[[シグニ]]。
[[《アルテマ/メイデン イオナ》]]に[[グロウ]]した後に出せば、自分は[[シグニ]]の直接攻撃を決めつつ[[対戦相手]]には[[シグニ]]への[[アタック]]を強要することができる。~
[[《アルテマ/メイデン イオナ》]]を[[グロウ]]した後に出せば、自分は[[シグニ]]の直接攻撃を決めつつ[[対戦相手]]には[[シグニ]]への[[アタック]]を強要することができる。~

- [[《コードラビリンス クイン》]]~
[[イオナ]]限定の[[白]]の[[シグニ]]。~
[[対戦相手]]の[[シグニ]]が[[アタック]]した時に[[迷宮]]の[[シグニ]]全てに[[パワー]]を与え、自身の配置を[[アタック]]した[[シグニ]]の正面に変更する[[常時能力]]を持つ。~
[[シグニ]]の枚数が[[対戦相手]]の[[シグニ]]の枚数以下であっても、[[場]]にこの[[シグニ]]がいれば[[対戦相手]]の[[シグニ]]すべての[[アタック]]を捌き切ることもできる。~
こちらも、[[《アルテマ/メイデン イオナ》]]を[[グロウ]]した後では一方的に[[シグニ]]の[[アタック]]で[[ライフクロス]]の[[クラッシュ]]を狙えるようになる。~

- [[《コードメイズ リバティ》]]~
移動能力と場に出す能力で[[《アルテマ/メイデン イオナ》]]を[[グロウ]]した後に一方的に攻撃、相手の攻撃のシャットアウトが可能。

- [[《コードメイズ ゴジュウ》]]~
[[《コードメイズ リバティ》]]採用なら[[レベル]]4の段階での面開け要員として採用を検討したい。

- [[《コードメイズ テッサク》]]~
1枚で3面防御も可能な序盤も終盤も活躍するレベル1シグニ。

- [[《アイン=ダガ》]]、[[《ドライ=カプセル》]]、[[《フィア=リカブト》]]~
[[能力]]で[[対戦相手]]の[[シグニ]]の[[パワー]]マイナスを行える[[毒牙]][[シグニ]]群。
序盤から中盤にかけて、[[対戦相手]]の[[ライフクロス]]の[[クラッシュ]]を狙えるようになる。~
特に、[[《バイオレンス・スプラッシュ》]]を併用することで[[バニッシュ]]した[[シグニ]]を[[トラッシュ]]送りにし、[[《フィア=リカブト》]]で[[エナゾーン]]を増やすことができ非常に強力である。~

- [[《コードアンチ アステカ》]]、[[《コードアンチ ヘンジ》]]~
[[トラッシュ]]にこの2枚があれば[[《アンシエント・サプライズ》]]から[[《コードアンチ アステカ》]]を[[場]]に出すことで2体の[[シグニ]]を[[場]]に用意することができ、[[対戦相手]]の[[シグニ]]の直接攻撃を防ぐことができる。~
特に、[[レベル]]4までの[[バニラ]]以外の[[イオナ]]は強制攻撃を持っており、[[《コードアンチ アステカ》]]によって[[エンドフェイズ]]に[[トラッシュ]]に送られるはずだった[[レベル]]1の[[古代兵器]][[シグニ]]を[[対戦相手]]に[[アタック]]させることで[[黒]][[エナ]]1に変換できる。~

- [[《コードアンチ キティラ》]]、[[《コードアンチ アラハバキ》]]、[[《コードアンチ マズフェイス》]]、[[《コードアンチ ヴィマナ》]]~
[[トラッシュ]]からの[[古代兵器]][[シグニ]]確保や[[パワー]]マイナスを行える[[古代兵器]][[シグニ]]群。~
[[《コードアンチ アラハバキ》]]は[[アタックフェイズ]]に[[《アンシエント・サプライズ》]]などで出せばさらなる[[《コードアンチ アラハバキ》]]からの[[シグニ]]3体体制や、[[《コードアンチ ヴィマナ》]]を[[パワー]]の低い[[シグニ]]の正面に配置することで返り討ちを狙える。~
[[《コードアンチ マズフェイス》]]は[[《コードアンチ アステカ》]]の[[出現時能力]]で出した[[レベル]]1[[古代兵器]]を[[バニッシュ]]することで、[[黒]][[エナ]]1を獲得つつ[[対戦相手]]の[[シグニ]]の[[バニッシュ]]を狙える。~
[[《コードアンチ ヴィマナ》]]は、[[パワー]]10000マイナスは強力だが[[古代兵器]][[シグニ]]を4枚[[デッキ]]に戻すことで[[《アンシエント・サプライズ》]]の使用に影響したり、シャッフルした際に[[無色]][[シグニ]]を[[ドロー]]しにくくなるため、慎重に扱いたい。~

***[[スペル]]について [#l1999a92]
- [[《コードアンチ メイジ》]]~
防御手段。[[《コードラビリンス クイン》]]や[[《コードメイズ リバティ》]]をデッキに戻して使い回せる。

***[[スペル]]について [#spell]
- [[《バイオレンス・スプラッシュ》]]~
[[パワー]]マイナスを行う[[シグニ]]とのコンボを前提とした[[スペル]]。~
特に、[[《フィア=リカブト》]]との相性は抜群で、[[トラッシュ]]送りにした[[シグニ]]の数だけ[[エナゾーン]]の[[カード]]を増やすことができる。~
[[《アンシエント・サプライズ》]]などの[[アーツ]]によって[[パワー]]を0以下にして[[バニッシュ]]した場合でもトラッシュ送りにできるが、[[コスト]]無しで[[対戦相手]]が[[《アイドル・ディフェンス》]]を使用できてしまい注意が必要である。~

**デッキの種類 [#dad33b8e]
***[[毒牙]]・[[迷宮]]軸 [#y3b39db8]
**デッキの種類 [#decktype]
***[[毒牙]]・[[迷宮]]軸 [#decktype1]
 [[黒]]の[[シグニ]]に[[毒牙]]を多く採用したもの。~
 [[《フィア=リカブト》]]の[[能力]]を最大限に発揮することで[[エナゾーン]]の枚数を大量に稼ぐことができ、終盤のゲーム展開を有利に進めることができる。~

***[[古代兵器]]・[[迷宮]]軸 [#t8023c22]
***[[古代兵器]]・[[迷宮]]軸 [#decktype2]
 [[黒]]の[[シグニ]]に[[古代兵器]]を多く採用したもの。~
 [[《コードアンチ マズフェイス》]]によって[[黒]][[エナ]]を増やしつつ[[対戦相手]]の[[シグニ]]の[[バニッシュ]]が狙えるようになり、小回りの利いた戦い方が可能になる。~

**この[[デッキ]]の弱点 [#c30444ad]
**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
 [[《アルテマ/メイデン イオナ》]]は[[ライフクロス]]が1枚以下でないと[[グロウ]]できないため、[[ライフクロス]]を2枚の状態で[[クラッシュ]]を止められると、[[レベル]]4のまま戦わなくてはならなくなる。~
 特に[[【緑子】]]など[[《大器晩成》]]を使う[[デッキ]]だと2枚で止められた後に[[《大器晩成》]]でとどめを刺されてしまうため、厳しい戦いを強いられる。~
 [[《コードラビリンス クイン》]]や[[《バイオレンス・スプラッシュ》]]などの[[ライフバースト]]で[[シグニ]]を[[場]]に出せる[[カード]]を多く投入するか、[[《烈情の割裂》]]を採用するなどの対策が必要であろう。~

**代表的なカード [#q3e32d75]
**代表的なカード [#typicalcard]
-[[《アルテマ/メイデン イオナ》]]
-[[《コードラビリンス クイン》]]

**関連リンク [#m887ef44]
**関連リンク [#link]
-[[イオナ]]
-[[デッキ集]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS