【アルテマ/メイデン イオナ】

デッキの概要

 すべてのプレイヤーの、ドローフェイズに引けるカードシグニの枚数を制限する常時能力を持つ《アルテマ/メイデン イオナ》を中心としたデッキ
 《ダーク・マター》《コードラビリンス クイン》などにより、終盤には優位にゲーム展開を行える。

カード名アルテマ/メイデン イオナ[アルテマメイデンイオナ]
カードタイプルリグルリグタイプイオナ
レベル5リミット5グロウコスト黒(0)
あなたのライフクロスが1枚以下の場合にしか、このルリグにグロウできない。
【常】:あなたのグロウフェイズをスキップする。
【常】:すべてのプレイヤーはドローフェイズにカードを1枚しか引くことができない。
【常】:すべてのプレイヤーはシグニを1体しか場に出すことができない。(すでに場に2体以上ある場合は1体になるようにシグニをトラッシュに置く)
 

デッキ構築に際して

ルリグについて

アーツについて

シグニについて

スペルについて

デッキの種類

毒牙迷宮

 シグニ毒牙を多く採用したもの。
 《フィア=リカブト》能力を最大限に発揮することでエナゾーンの枚数を大量に稼ぐことができ、終盤のゲーム展開を有利に進めることができる。

古代兵器迷宮

 シグニ古代兵器を多く採用したもの。
 《コードアンチ マズフェイス》によってエナを増やしつつ対戦相手シグニバニッシュが狙えるようになり、小回りの利いた戦い方が可能になる。

このデッキの弱点

 《アルテマ/メイデン イオナ》ライフクロスが1枚以下でないとグロウできないため、ライフクロスを2枚の状態でクラッシュを止められると、レベル4のまま戦わなくてはならなくなる。
 特に【緑子】など《大器晩成》を使うデッキだと2枚で止められた後に《大器晩成》でとどめを刺されてしまうため、厳しい戦いを強いられる。
 《コードラビリンス クイン》《バイオレンス・スプラッシュ》などのライフバーストシグニに出せるカードを多く投入するか、《烈情の割裂》を採用するなどの対策が必要であろう。

代表的なカード

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-27 (水) 11:39:43 (239d)