《アーク・オーラ》

カード名アーク・オーラ[アークオーラ]
カードタイプスペル
コスト白(5)限定条件タマ限定
ターン終了時まで、あなたのルリグは「このルリグがアタックしたとき、あなたのシグニ1体をトラッシュに置いてもよい。そうした場合、このルリグをアップしもう1度アタックできる」を得る。
【ライフバースト】:対戦相手のルリグとすべてのシグニをダウンする。

 サーブドセレクターで登場したタマ限定のスペル

 ダウン状態のシグニでもトラッシュに置くことができるため「シグニ3体でアタック」→「ルリグアタック」→「シグニ1体をトラッシュに置き、アップしたルリグで再アタック」を3回と、最高で7回のアタックが可能。
 何かしらの手立てを用意していなければライフクロス6枚からフィニッシュに持っていくことができる。

 ただし、対戦相手《アンチ・スペル》《バロック・ディフェンス》等で止められた場合、大幅なディスアドバンテージを生じる。
 加えて、仮に決め切れなかった場合はシグニゾーンエナゾーンがほぼ枯渇した状態でターンを回すことになってしまう。
 このカードを重点警戒し、こうした対策カードを採用しているプレイヤーも多く、ただ使用するだけでは十分な性能を発揮できる機会はそれほど多くはない。
 そのため、《ノー・ゲイン》《ファフニール》を組み合わせることで、対戦相手が能動的に与える能力発動を阻止できない上に、コストも軽減された状態で使用することが可能となる。
 使用後にシグニゾーンが枯渇するリスクや、対戦相手ライフバーストで止められてしまう可能性は残っているため注意する必要があるが、非常に扱いやすくなる。
 また、《極鎚 ミョルニル》アームシグニを並べた状態で使用すれば、アームシグニを離れるたびに手札からシグニに出すことができ、ががら空きになるのを防ぐだけでなくルリグを4回以上アップさせることも可能となる。

 ライフバーストは「対戦相手ルリグシグニをすべてダウンさせる」というもの。
 残りの全てのシグニルリグアタックを防ぐことができ、非常に強力なライフバーストである。

 使い所を見極める必要はあるものの、ライフバーストの安定性も考えると、【タマ】ならば是非とも採用したいカードの1枚である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:“このルリグアタックしたとき、シグニ1体をトラッシュに置いてもよい。”とありますが、対戦相手シグニを選ぶことは出来ますか?また、エナゾーンにあるシグニトラッシュに置く事は出来ますか?
A:出来ません。ここでのシグニとはあなたシグニゾーンにあるシグニを指します。

Q:2回目以降のアタックで繰り返しシグニトラッシュに置く事は出来ますか?
A:出来ます。《アーク・オーラ》は自身のシグニを犠牲にすることで複数回に渡るルリグの攻撃を可能とします。追加のアタック時に、再度シグニトラッシュに置くことで、さらにアップアタックが可能となり、最大で3回の追加アタックが可能です。

Q:一枚のガードで《アーク・オーラ》による複数回の攻撃すべてをガードすることは出来ますか?
A:いいえ、ガードによってルリグの攻撃を防ぐことが出来るのは“一度”です。1回目の攻撃をガードしたとしても、2回目以降の攻撃時にはまた別のガードを使用する必要があります。

Q:ライフバースト効果は味方のシグニダウンさせますか?
A:いいえ、《アーク・オーラ》のライフバースト対戦相手のすべてのシグニルリグダウンします。味方のシグニダウンしません。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS