*タマ [#top]
 最初期から存在する[[ルリグタイプ]]で、いわゆる「インフェクテッド組」に分類される。登場時は[[白ルリグ]]で[[限定条件]]を持つカードや[[グロウコスト]]も[[白]]に統一されていたが、[[ビギニングセレクター]]では[[黒ルリグ]]が登場。さらに[[構築済みデッキ]]・[[レッドホープ]]では[[赤ルリグ]]として登場しており、固定の[[色]]に捉われないのを大きな特徴としている。[[アンソルブドセレクター]]からは[[白]]/[[赤]]の[[多色]]も登場した。~
 世界大会では2015年決勝リーグで19/56と圧倒的な高採用率を誇るもベスト8に留まり翌2016年もベスト4に入れなかったが、2017年のチーム戦で優勝メンバー(他2種は[[カーニバル]]、[[アイヤイ]])に名を連ねた。

 [[構築済みデッキ]]は[[白]]3種・[[赤]]1種の合計4種あり、全[[ルリグタイプ]]中で最多を誇る。~
 [[カード名]]([[ルリグタイプ]]とは別)では原則として「''タマヨリヒメ''」と表記されているが、[[spec selector[小湊るう子]]]と[[WHITE HOPE -movie ver.-]]収録の全種や一部の[[プロモカード]]・[[SPカード]]、そして[[???]]では[[ルリグタイプ]]と同様に「''タマ''」と表記されている。

 [[ルリグ]]自体の得意戦術は「[[シグニ]][[サーチ]]」と「[[バウンス]]等による防御」。限定[[シグニ]]や[[アーツ]]にも強力なものが多く、[[シグニ]]を整える力に長ける。~
 [[限定条件]]付きの[[シグニ]]は主に[[白]]が[[アーム]]、[[赤]]が[[ウェポン]]で構成されている。
-[[限定条件]]付きの[[シグニ]]の[[クラス]]は主に以下の通り。
--WXシリーズ:[[白]]の[[アーム]]、[[白]]の[[天使]]、[[赤]]の[[ウェポン]]
--WXKシリーズ:[[白]]の[[遊具]]
- [[イオナ]]/ユキ([[ルリグタイプ]]はいずれも<[[イオナ]]>)と異なり[[白]]・[[赤]]・[[黒]]の3色とも[[カード名]]に共通で「タマヨリヒメ」([[白]]の一部は「タマ」もしくは「マユ」)が用いられているため、それぞれ「白タマ」「赤タマ」「黒タマ」、そして[[多色]]の「紅白タマ」と通称される。[[《紅蓮の巫女 タマヨリヒメ》]]は、赤タマのような名前だが白タマ。~
2017年の[[ベースルリグキャンペーン]]では、初出時の[[白ルリグ]]としての扱いが優先されている。
- [[簡体字中文>海外版#zhs]]版の表記は''&ruby(シャオユイ){小玉};''。「小」は1文字の女性名に「ちゃん」のようなニュアンスで付けられる(男性名の場合は「阿○」)。~
これまでに2種類のフィギュアとねんどろいどが発売されており、フィギュアのパッケージによれば冠称の「〜の巫女」は「〜 ''Priestess''」が公式の英訳とみられる([http://www.goodsmile.info/en/product/5143/Sun+Priestess+Tamayorihime.html 参照])。~
''タマヨリヒメ''(玉依姫)は日本神話に登場する女神の名前で、少なくとも三柱の女神がこの名で呼ばれている。最も有名なのはワダツミ(海神)の次女のタマヨリヒメで、ホオリノミコト(火遠理命)との間に生まれた末子が後の神武天皇とされる。ただしアニメ第1シリーズ前期『[[selector infected WIXOSS]]』と映画『[[selector destructed WIXOSS]]』では、それぞれ全く異なる由来から小湊るう子により(「タマヨリヒメ」でなく)「''タマ''」と命名された。
-アニメ『[[selector]]』シリーズの主人公・小湊るう子の[[ルリグ]]と言うこともあり、WIXOSSを代表する存在として複数の作品に[[コラボレーション]]で登場している。
--スクウェア・エニックス『[[LORD of VERMILION III>LORD of VERMILION#lov]]』では、2014年10月23日稼働開始の「Twin Lance」に[[ウリス]]と共に参戦している。~
[[フレーバーテキスト]]から推察すると、るう子と会った上で、どのセレクターの[[ルリグ]]でもない状態の期間であるため『infected』最終話のラストシーンから『spread』3話までの間と推測される。
--『カードゲーマー』Vol.22付録ではWIXOSSの共同開発元であるホビージャパンのTCG「ラストクロニクル」との相互[[コラボレーション]]で、白輝の聖王国グランドールの召還英雄として[[《タマヨリヒメ》>http://www.last-chronicle.jp/cardsearch/result.php?q%5Btitle%5D=%E3%82%BF%E3%83%9E]](PR-064)が登場している。Illust:藤ちょこ([[Twitterコメント>https://twitter.com/fuzichoco/status/607924901786185728/]])。
--WIXOSSと同じ[[タカラトミー]]のTCG『[[デュエル・マスターズ>コラボレーション#dm]]』(DM)のDMX-22「革命 超ブラック・ボックス・パック」では、WIXOSSプロデューサーで以前はDMのマーケティングを担当していた[[ヤマグチトモ]]がイラストを描いた[[再録]]版[[《DNA・スパーク》>http://dm.takaratomy.co.jp/card/detail/?id=dmx22b-124]]に登場。[[フレーバーテキスト]]は、るう子がシールドトリガーを「[[ライフバースト]]」と言い間違いかけるというあるあるネタ(シールドトリガーと[[ライフバースト]]は似たような挙動を行うカードである)になっている([[WIXOSS公式Twitterの告知>https://twitter.com/wixoss_tcg/status/694472588106424321]]→[[DM公式Twitterの反応>https://twitter.com/t2duema/status/694474264385159169]])。~
なお、この際にるう子が挙げている[[《奇跡の精霊 ミルザム》>http://dm.takaratomy.co.jp/card/detail/?id=dmx19-s06]]は直後にWIXOSSの「[[繭の部屋]]送り」に当たる「殿堂入り」となった。
--[[WIXOSS×Z/X クロスキャンペーン]]第2弾として2016年2月のWIXOSS PARTYおよびZ/X公認大会で優勝者を対象に実施された相互[[コラボレーション]]投票でも1位を獲得し、&color(blue){P16-023}; [[《天火の巫女 タマ》>https://www.zxtcg.com/card/card_detail.php?n=P16-023-00]]が作成された。Illust:桶谷完。
- [[大川ぶくぶ]]『[[あるウィクロス初心者がブースターパックを買って出たカードから4コママンガを描く4コママンガ>WIXOSS WEBマンガ#bkub]]』では単独主人公扱いだが、製作事情により「解釈違い」が多々見られるため区別の意味で「ぶくぶタマ」と呼ばれている。

**関連カード [#card]
-□:[[白]]のカード
-□&color(red){■};:[[白]]/[[赤]]のカード
-□■:[[白]]/[[黒]]のカード
-&color(red){■};:[[赤]]のカード
-■:[[黒]]のカード
-&color(grey){■};:[[無色]]のカード

 ※[K]の付いたカードは[[キーセレクション]]で使用可能~
 ※は[[ルリグタイプ]]または[[限定条件]]が''<タマ/[[イオナ]]>''のカード。~
 ★は準限定(タマ以外でも使えるが、タマが使用した場合に特有の効果や[[コスト]]軽減がある)カード。

***[[ルリグ]] [#lrig]
-[[レベル]]5
--□[[《風月の巫女 タマヨリヒメ》]]
--&color(red){■};[[《炎・タマヨリヒメ・伍》]]
--&color(red){■};□[[《炎・タマヨリヒメ・伍改》]]
--■[[《黒点の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《創世の巫女 マユ》]] ※  &size(10){''[[同時使用制限カード]]''};
--□[[《真名の巫女 マユ》]] ※  &size(10){''[[同時使用制限カード]]''};

- [[レベル]]4
--□[[《暁の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《泡沫の巫女 タマ》]]
--□[[《永遠の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《金木犀の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《紅蓮の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《染刻の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《太陽の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《タマヨリヒメ 〜Apocalypse〜》]]
--□[[《天空の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《白滅の巫女 タマヨリヒメ》]]&size(10){[K]};
--□[[《満月の巫女 タマ》]]
--□[[《満月の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《夜明の巫女 タマヨリヒメ》]]&size(10){[K]};
--□&color(red){■};[[《黄金の巫女 タマヨリヒメ》]]
--&color(red){■};[[《合炎奇炎 タマヨリヒメ之肆》]]
--&color(red){■};[[《勇猛果敢 タマヨリヒメ之肆》]]

- [[レベル]]3
--□[[《十六夜の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《銀幕の巫女 タマ》]]
--□[[《月蝕の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《弦月の巫女 タマ》]]
--□[[《弦月の巫女 タマヨリヒメ》]]&size(10){[K]};
--□[[《神妙の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《黄昏月の巫女 タマヨリヒメ》]]&size(10){[K]};
--□[[《タマヨリヒメ 〜見た目は0、頭脳レベルは3〜》]]
--□[[《雷鳴の巫女 タマヨリヒメ》]]&size(10){[K]};
--□&color(red){■};[[《金紅の巫女 タマヨリヒメ》]]
--&color(red){■};[[《十字炎 タマヨリヒメ之参》]]
--&color(red){■};[[《弾末音 タマヨリヒメ之参》]]
--&color(red){■};[[《火銃舞 タマヨリヒメ之参》]]

- [[レベル]]2
--□[[《金輝の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《タマヨリヒメ 〜THE PROGRESS〜》]]
--□[[《半月の巫女 タマ》]]
--□[[《半月の巫女 タマヨリヒメ》]]&size(10){[K]};
--□[[《流星の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《若月の巫女 タマヨリヒメ》]]&size(10){[K]};
--&color(red){■};[[《轟轟 タマヨリヒメ之弐》]]

- [[レベル]]1
--□[[《小金の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《新星の巫女 タマヨリヒメ》]]
--□[[《繊月の巫女 タマヨリヒメ》]]&size(10){[K]};
--□[[《タマヨリヒメ 〜THE DAWN〜》]]
--□[[《初月の巫女 タマヨリヒメ》]]&size(10){[K]};
--□[[《三日月の巫女 タマ》]]
--□[[《三日月の巫女 タマヨリヒメ》]]
--&color(red){■};[[《焔 タマヨリヒメ之壱》]]

- [[レベル]]0
--□[[《新月の巫女 タマ》]]
--□[[《新月の巫女 タマヨリヒメ》]]&size(10){[K]};
--□[[《ステコ》]]
--□[[《TAMA》]]
--□[[《タマ》]]
--□[[《タマヨリヒメ 〜THE ORIGIN〜》]]
--□[[《ニパ子》]]
--□[[《札引かもね》]]
--&color(red){■};[[《タマヨリヒメ之零》]]
--&color(grey){■};[[《infected WIXOSS》]]
--&color(grey){■};[[《タマ&ウリス》]]
--&color(grey){■};[[《WHITE LRIG》]]

***[[アーツ]] [#arts]
-□[[《クリン・バウンダリー》]]&size(10){[K]};
-□[[《ゲット・アップ》]]
-□[[《ビザント・ディフェンス》]] ★
-□[[《ファフニール》]]
-□[[《ホワイト・ホープ》]]
-□[[《モダン・バウンダリー》]]&size(10){[K]};
-□[[《ラスト・セレクト》]] ※
-□[[《ロココ・バウンダリー》]]
-□■[[《アヴァロン・スロー》]] ※
-&color(red){■};[[《一致爆結》]]
-&color(red){■};[[《未来永業》]]

***[[シグニ]] [#signi]
- [[レベル]]4
--□[[《極剣 イツクトモ》]]
--□[[《極剣 ロクケイ》]]
--□[[《師の遊 ケロパッチン》]]&size(10){[K]};
--□[[《師の遊 ボウピン》]]&size(10){[K]};
--□[[《祝福の女神 アテナ》]]
--&color(red){■};[[《弩砲 テイザー》]]

- [[レベル]]3
--□[[《巨弓 ガンデヴァ》]]
--□[[《大剣 イナリカギ》]]
--□[[《大盾 アキレウス》]]
--□[[《讃の遊 パックンチョ》]]&size(10){[K]};
--□[[《讃の遊 ベッドメリー》]]&size(10){[K]};
--□[[《忘得ぬ幻想 ヴァルキリー》]] &size(10){''[[2枚制限カード>枚数制限カード#double]]''};
--&color(red){■};[[《轟右砲 ドスラフ》]]
--&color(red){■};[[《轟左砲 ドーラ》]]
--&color(red){■};[[《轟砲 ガトリング》]]

- [[レベル]]2
--□[[《中槍 ハスタル》]]
--□[[《宝具 マガタマ》]]
--□[[《仁の遊 カマクラ》]]&size(10){[K]};
--□[[《仁の遊 ツミキ》]]&size(10){[K]};
--□[[《仁の遊 ヨミフダ》]]&size(10){[K]};

- [[レベル]]1
--□[[《小弓 ボーニャ》]]

***[[シグニ]]([[ライフバースト]]) [#signi_burst]
- [[レベル]]5
--□[[《原槍 アークエナジェ》]]
--&color(red){■};[[《撃弩砲 グスクル》]] &size(10){[[ライズ]]};

- [[レベル]]4
--□[[《甲冑 ローメイル》]]
--□[[《極壊 ハンマ》]]
--□[[《極盾 アークイギス》]]
--□[[《極盾 アイアース》]]
--□[[《原槍 エナジェ》]]
--□[[《師の遊姫 アークゲイン》]]&size(10){[K]};
--□[[《師の遊姫 プリキャス》]]&size(10){[K]};
--□[[《師の遊 ユキダルマ》]]&size(10){[K]};
--□[[《聖火の祭壇 ヘスチア》]]
--□[[《先駆の大天使 アークゲイン》]] &size(10){''[[2枚制限カード>枚数制限カード#double]]''};
--□[[《天使の加護 オーディン》]]
--&color(red){■};[[《弩中砲 グスタフト》]]
--&color(red){■};[[《弩砲 チタイクウ》]]
--&color(red){■};[[《弩砲 ファイヤレイジ》]]
--&color(red){■};[[《弩砲 ヘッケラ》]]

- [[レベル]]3
--□[[《巨弓 カタパル》]]
--□[[《篭手 トレット》]]
--□[[《宝具 ミツルギ》]]
--□[[《讃の遊 ゴムショット》]]&size(10){[K]};
--□[[《讃の遊 タケウマ》]]&size(10){[K]};
--□[[《讃の遊 ユキガッセン》]]&size(10){[K]};
--□[[《運命の左糸 クロト》]]

- [[レベル]]2
--□[[《出弓 セフィラム》]]
--□[[《仁の遊 スプリング》]]&size(10){[K]};
--□[[《仁の遊 ヘンガオ》]]&size(10){[K]};

- [[レベル]]1
--□[[《出弓 ボウ》]]
--□[[《小盾 オハン》]]
--□[[《偉智の遊 オシャブ》]]&size(10){[K]};
--□[[《偉智の遊 ユキアト》]]&size(10){[K]};
--&color(red){■};[[《小砲 キライザ》]]

***[[スペル]] [#spell]
-□[[《カンフー・キック》]]
-□[[《ゲット・インデックス》]]
-□[[《ゲット・ダンタリアン》]]
-□[[《ゲット・チャージ》]]&size(10){[K]};
-□[[《フライング・トリガー》]]&size(10){[K]};

***[[スペル]]([[ライフバースト]]) [#spell_burst]
-□[[《アーク・オーラ》]]
-□[[《ゲット・グリモア》]]
-□[[《ゲット・グロウ》]]
-□[[《ゲット・バウンド》]]
-□[[《ストラテジー・ゲイル》]]&size(10){[K]};
-□&color(#000,#fbb){[[《ノー・ゲイン》]]};&size(10){''[[使用禁止カード]]''};

**その出会いは偶々?――『selector』シリーズにおいて [#selector]
担当声優は[[久野美咲]]。
#region(infected―ネタバレ注意)
 第1期『[[selector infected WIXOSS]]』では第1話より登場。主人公・小湊るう子と共に『infected』の「もう一人の主役」として活躍する。~
 るう子が兄・歩から貰ったスターターデッキに入っていたカードで、当初は記憶を失い、「にゃあ」などといった声しか出せなかったこととから、祖母・ハツが飼っていた猫の名前を与えられた。~
 植村一衣との対戦を経てるう子が夢限少女に近づいたことから“進化”し、意思疎通が図れる程度に言葉を話せるようになっていく。~

 当初はバトルを純粋に楽しむ戦闘狂だったが、夢幻少女の真実を知ったことで戦いを終わらせようとするるう子の意思を酌み、彼女の「願い」を叶えようとする。~
 しかし繭の甘言で心を揺さぶられ、「るう子を[[ルリグ]]にしたくない」思いから土壇場でその願いを拒否し、るう子の元から姿を消してしまう。
#endregion

#region(spread―ネタバレ注意)
 第2期『[[selector spread WIXOSS]]』では第3話より再登場。繭の忠告に反してるう子との再会を強く望み、繭によって浦添伊緒奈の体を得た[[ウリス]]の元へ送り込まれた。~

 るう子/[[イオナ]]組とのバトルの最中、イオナの言葉によって記憶を取り戻す。~
 そのルーツは、白い部屋の少女・繭が孤独の中で生み出した空想のともだち「''白の少女・シロ''」。~
 繭の中では「白の少女は良い少女」という設定が出来上がっており、片割れのクロよりも寵愛されているが、同時に離反を恐れられ、長らく閉じ込められていた。~
 セレクターバトルがより面白くなることを狙った繭が、あえて願いを持たない少女であるるう子の元に送り込んだのである。~

 イオナと共に繭を救おうとするが、ウリスに無理やり[[黒いレベル5>《黒点の巫女 タマヨリヒメ》]]へ[[グロウ]]させられ、イオナを叩きのめしてしまう。~
 その後しばらく経ってから「[[ウリス]]の体を得てるう子と人間の友達になる」ことを考えるが、「[[悪い姿>《黒点の巫女 タマヨリヒメ》]]ではどうせるう子に見つけてもらえない」「元々カードの自分が人間になればあぶれる子が出てくる」と思い直し、ウリスの勝利後も入れ替わりを拒否。肉体を得ず、自分はカードであり続けることで「カードから少女達を開放する」るう子の願いを実行に移していくつもりだったが、激昂した繭に再び捕えられてしまう。~
 最終話では繭をセレクターに指名したウリスとの決戦に挑むるう子と[[ユキ>イオナ]]の元に駆け付け、ユキと融合。「[[マユ>《創世の巫女 マユ》]]」へと[[グロウ]]する。
#endregion

#region(destructed―ネタバレ注意)
 劇場版『[[selector destructed WIXOSS]]』では、幼少期のるう子の体験が「タマ」の命名に影響していたことが示されている。~
 「タマ」の名はまさしく「たまたま」名付けられたものだったが、あるいはそれも運命だったのかもしれない。~
 ラストシーンでは『spread』ラストカットの数分後が追加シーンとして描かれている。
#endregion

**関連リンク [#link]
-[[白]]

-[[赤]]

-[[黒]]


-[[ルリグタイプ]]


-[[《創世の巫女 マユ》]]

-[[《真名の巫女 マユ》]]

-[[《ビザント・ディフェンス》]]

-[[《中槍 ハスタル》]]

-[[《新鋭の巫女 タマヨリヒメ》]]
-[[《月鍵の巫女 タマヨリヒメ》]]

-[[ホワイトホープ]]

-[[レッドホープ]]

-[[WHITE HOPE -movie ver.-]]

-[[デュアルペイルネス]]


-[[【タマ】]]

-[[【黒点の巫女 タマヨリヒメ】]]

-[[【集結ファフオーラ型2止めタマ】]]

-[[【バカラオーラ】]]

IP:111.168.107.51 TIME:"2018-10-11 (木) 18:30:12" REFERER:"http://wixoss.81.la/" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS