*【アルフォウ】 [#top]

#contents

**[[デッキ]]の概要 [#abstract]

-[[レベル]]1以上の[[ルリグ]][[カード]]が追加されるまでのファンデッキは[[【レベル0】]]を参照。~
~
[[レベル]]2までしか[[ルリグ]]が存在しない[[アルフォウ]]で[[デッキ]]を組む際に、多く見られる構築。~
所謂速攻に分類される[[デッキ]]タイプだが、[[《フォーカラー・マイアズマ》]]や[[《ハロー・エフェクト》]]のような、高い[[バニッシュ]]性能を持つ[[アーツ]]や、~
ある程度のコントロールを要するものの、[[トラッシュ]]の枚数が増えるほどマイナスできる値が増える[[《彷徨変異の小悪 サユラギ》]]の存在等、~
相手の[[レベル]]が上がり、高サイズの[[シグニ]]が展開される後半になっても、息切れしにくい[[デッキ]]と言える。~
~
[[パワー]]マイナスによる[[バニッシュ]]を主体とした[[デッキ]]であるため、[[パワー]]の増減に耐性を持つ[[《幻獣 ソウリュウ》]]や、~
[[ルリグ]]以外の効果耐性を付与する[[《先駆の大天使 アークゲイン》]]等を少々苦手とする。~


**[[デッキ]]構築に際して [#introduction]
***[[ルリグ]]について [#lrig]
- [[レベル]]2
-- [[《簒奪の花嫁 アルフォウ》]]~
自分が[[リフレッシュ]]した時に[[対戦相手]]の[[シグニ]]1体を[[バニッシュ]]する[[常時能力]]を持つ。~
前述の[[《先駆の大天使 アークゲイン》]]を処理できる数少ない能力。~
[[《彷徨変異の小悪 サユラギ》]]のアタック時常時能力にトリガーして、この能力で面を開け点を通す、と言った使い方も可能。~
[[リフレッシュ]]をトリガー条件に持つため、狙ったタイミングで効果を発動するのが難しい点が玉に瑕。~
~
-[[レベル]]1
-- [[《宿業の花嫁 アルフォウ》]]~
この[[カード]]が[[対戦相手]]の[[ライフクロス]]1枚を[[クラッシュ]]した時に、すべての[[プレイヤー]]の[[デッキ]]の上から5枚を[[トラッシュ]]に置く[[常時能力]]を持つ。~
後攻であれば高確率で相手の[[デッキ]]枚数を大きく減らすことができる。~
先行であっても[[グロウ]]を遅らせることで[[能力]]の[[発動]]を狙っていくことはできるが、
[[リミット]]の少なさを考慮すると、早々に[[グロウ]]してしまった方が無難である。~


***[[アーツ]]について [#arts]
- [[《フォーカラー・マイアズマ》]]~
[[黒]]以外でもよく目にする有能[[アーツ]]。~
[[トラッシュ]]の枚数と相手の[[シグニ]]の[[パワー]]にもよるが、モード,鉢△鯀択し、モード△梁仂櫃[[《彷徨変異の小悪 サユラギ》]]を指定することで、~
これ1枚の使用で、相手の盤面を二面開けながら自分は三面守ることができるという超ハイリターン[[アーツ]]に。~
他の[[アーツ]]との兼ね合いもあるが、可能なら2枚は刺しておきたい。~
~
- [[《ハロー・エフェクト》]]~
[[ルリグトラッシュ]]の枚数によって[[コスト]]が減少する、対象範囲を限定しない[[バニッシュ]][[アーツ]]。~
前述の[[《幻獣 ソウリュウ》]]や[[《コードアンシエンツ ヘルボロス》]]等、~
[[《フォーカラー・マイアズマ》]]では対処できない厄介な高[[パワー]][[シグニ]]を処理するためには必須となる[[カード]]。~
こちらも枠に余裕があるなら2枚は欲しい。~
~
- [[《ペイ・チャージング》]]~
2[[ターン]]目で[[《簒奪の花嫁 アルフォウ》]]に[[グロウ]]したい場合には必須となる[[カード]]。~
これにより、相手にノーパンされた場合でも[[グロウ]]遅れの心配がなくなる。~
[[グロウ]]を遅らせても問題ない、[[《宿業の花嫁 アルフォウ》]]で何[[ターン]]かは戦うつもり、といった場合には真っ先に抜ける[[アーツ]]。~
~
- [[《ブラック・コフィン》]]~
[[アルフォウ]]ミラーや対[[ピルルク]]を想定した場合に、あると活躍する可能性がある[[アーツ]]。~
ミラーであれば[[《バイオレンス・ジェラシー》]]に対して使用したい。~
相手が[[スペル]]を採用してない場合でも、1[[コスト]]の回収[[カード]]として機能するため腐りにくい。~
~
- [[《アンシエント・サプライズ》]]~
言わずと知れた[[黒]]の有用[[アーツ]]…ではあるのだが、[[《フォーカラー・マイアズマ》]]の登場により最近少々影が薄い。~
こちらを採用するメリットは、要する[[エナ]]が少ない点と、[[パワー]]マイナスが単体ではなく全体に及ぶ点。~
焼ける範囲は狭くなってしまうため、序盤に面開けをガンガン行いたい速攻に寄せたい場合には採用の余地はあるか。~
~
- [[《グレイブ・カース》]]~
相手の[[デッキ]]を10枚も削ることができる[[カード]]。~
相手のキー[[カード]]を[[トラッシュ]]に落とす、[[リフレッシュ]]を誘発させ、
[[トラッシュ]]からの回収・[[リアニメイト]]や[[トラッシュ]]参照系の[[能力]]を妨害する等用途は様々。~
また、[[リフレッシュ]]ダメージで[[ライフクロス]]の最後の1枚を落とす詰めの一手となることも。~
相手の計算を狂わせることができる反面、[[トラッシュ]]の枚数を参照する[[《彷徨変異の小悪 サユラギ》]]の存在もあり、使いどころが難しい。~
序盤に使うことで、[[《彷徨変異の小悪 サユラギ》]]出現時能力のパワーマイナス幅を大きくとることができる他、後述の《エクスクルード》とも絡めて使いたい。~
~
- [[《デビル・トゥ・デビル》]]~
[[黒]][[エナ]]2で[[使用]]でき、好きな枚数の[[悪魔]]の[[シグニ]]を[[トラッシュ]]に置くことで、置いた枚数と同じ[[悪魔]]の[[シグニ]]を[[場]]に出すことができる[[アーツ]]。~
最低3枚以上を消費することになるが、[[トラッシュ]]の枚数を調整し、[[《彷徨変異の小悪 サユラギ》]]を複数展開することができれば、~
面開けと面埋めを同時にこなすことができる[[カード]]になる。~
~
- [[《エクスクルード》]]~
[[《グレイブ・カース》]]や[[《彷徨変異の小悪 サユラギ》]]のライフバーストなど、対戦相手のデッキを大きく削るカードと相性が良い。~
対戦相手のキーカードを[[除外]]して戦略を崩す他、複数回使用することで対戦相手のデッキ枚数を減らし、リフレッシュの頻度を高くすることもできる。~
4回使用できれば対戦相手のデッキを12枚も減らすことになり、対戦相手からすれば壊滅的な被害ではあるが、2止めデッキとはいえ、使用タイミングが[[メインフェイズ]]しかないアーツを複数枚投入すれば防御が薄くなる。多くても2枚程度が無難だろう。~
~

- [[《ジェラシー・ゲイズ》]]~

- [[《デス・ブーケトス》]]~

- [[《アイドル・ディフェンス》]]~

- [[《一覇二鳥》]]

- [[《炎志貫徹》]]

//***[[レゾナ]]について [#resona]
***[[シグニ]]について [#signi]
-[[レベル]]1
--[[《彷徨変異の小悪 サユラギ》]]~
このデッキのメインアタッカーにして1番のキーカード。~
レベル1でありながらパワーが3000と高く、出現時能力でトラッシュのカード枚数に応じたパワーマイナスを相手シグニに施し、攻撃時に相手と自分のメインデッキを削ることができる万能のシグニ。~
スペルやアーツを駆使してこのシグニを繰り返し場に並べ、パワーマイナスで相手の盤面を空けながら相手と自分のデッキを削り、《簒奪の花嫁 アルフォウ》の常時効果とリフレッシュダメージで確実に点を刻んでいくことが、このデッキの基本戦略となる。~
~
--[[《破戒の韋駄 スカンダ》]]~
出現時能力で[[チャーム]]を得ることができるシグニ。~
トラッシュの[[《バイオレンス・ジェラシー》]]を回収する手段となる。~
これに[[《幻蟲 ヘイケ》]]を組み合わせることで、パワーマイナスと蘇生スペル回収を両立した恐ろしいコンボが実現する。~
レベル2のアルフォウはリミットが6であるため、同じ効果でレベル2の[[《破戒の歓喜 ガネシャ》]]と比べると優先度は低め。~

-[[レベル]]2
--[[《幻蟲 ヘイケ》]]~
[[チャーム]]が場から離れたときに相手シグニに4000のパワーマイナスを施すシグニ。~
サユラギと共に、このデッキの主要な盤面空けの手段となる。~
このシグニを2体並べ、[[《破戒の歓喜 ガネシャ》]]や[[《破戒の韋駄 スカンダ》]]といったチャームを生み出すシグニで[[《バイオレンス・ジェラシー》]]を回収することで、相手シグニにパワーマイナスを重ね掛けすることで、2止めデッキでは対処の難しい高パワーの大型シグニも除去することができる。~
~
--[[《破戒の歓喜 ガネシャ》]]~
[[《破戒の韋駄 スカンダ》]]と同じく出現時能力でチャームを得るシグニ。
他のデッキでは[[《破戒の韋駄 スカンダ》]]に枠を譲るため、あまり使われないが、レベル2のアルフォウはリミットが6であるため出しやすく、パワーも5000と高めなので積極的に採用したい。~
~

***[[スペル]]について [#spell]
--[[《バイオレンス・ジェラシー》]]~
黒1エナで黒のシグニをトラッシュから回収でき、場のチャームをトラッシュに置くことで使用後も回収して繰り返し使うことが出来る蘇生スペル。~
主にこれを使って[[《彷徨変異の小悪 サユラギ》]]を回収し、場に出していくことになるか。~
優秀なスペルだが、繰り返し使用ができるため必ずしも4枚フル投入の必要は無い。~
しかし、このカードがライフバーストに埋まってしまうとこのデッキは身動きが取れなくなるため、最低でも2枚、安全を期すなら3枚投入すると良いだろう。~
~

//**[[デッキ]]の種類 [#decktype]
//***《(カード名)》軸 [#decktype1]

//**[[デッキ]]の派生 [#variation]
//***【(デッキ名)】[#variation1]

//**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]

//**代表的なカード [#typicalcard]
//-[[《(カード名)》]]

**関連リンク [#link]
-[[アルフォウ]]

-[[デッキ集]]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS