*《&ruby(りょくよん){緑肆};ノ&ruby(ゆう){遊}; アスレ【&ruby(ハード){HARD};】》 [#top]
|~カード名|>|>|>|緑肆ノ遊 アスレ【HARD】|[リョクヨンノユウアスレハード]|
|~色|CENTER:緑|~カードタイプ|CENTER:レゾナ|~クラス|CENTER:精武:遊具|
|~レベル|CENTER:4|~パワー|CENTER:15000|~限定条件|CENTER:アイヤイ限定|
|>|>|>|>|>|【出現条件】【メインフェイズ】合計3枚のレゾナではない<遊具>のシグニをあなたの手札とエナゾーンと場からトラッシュに置く&br;&color(red){【常】};:あなたのシグニ1体がアタックするたび、あなたのデッキの一番上のカードをエナゾーンに置く。&br;&color(blue){【出】};:ターン終了時まで、あなたのすべての<遊具>のシグニは「このシグニが対戦相手のシグニ1体をバニッシュしたとき、このシグニをアップする。」を得る。|
|>|>|BGCOLOR(#bfc):''A面'':《緑弐ノ遊 アスレ【HARD】》|>|>|BGCOLOR(#bfc):''B面'':[[《緑弐ノ遊 アスレ【NORMAL】》]]|
|>|>|CENTER:BGCOLOR(#bfc):''A面'':《緑弐ノ遊 アスレ【HARD】》|>|>|CENTER:BGCOLOR(#ffd):''B面'':[[《緑弐ノ遊 アスレ【NORMAL】》]]|

 [[サクシードセレクター]]で登場した[[レベル]]4・[[緑]]・[[精武]]:[[遊具]]・[[アイヤイ]]限定の[[両面レゾナ]]。~
~
 大型の[[レゾナ]]らしく[[出現条件]]として3枚の[[遊具]]の[[シグニ]]を[[手札]]・[[エナゾーン]]・[[場]]から損失するのはいつも通りだが、[[シグニ]]が[[アタック]]した数だけ[[エナ]]が増えるので他に[[シグニ]]が2体居るだけで少なくとも消費した以上の[[エナ]]は確実に返ってくる。~
 仮にこのカードが出たターン、何もせずに放置しようものなら6[[エナ]]+3[[ダメージ]]がほぼ確定しているようなもので相手にとってかなりの痛手、あるいは決定打にさえなりうるだろう。~
~
 前述の様に[[常時能力]]と相性の良い[[出現時能力]]だが、特筆すべきはこれが[[出現時能力]]であること。~
 このカードが除去されてしまうと[[常時能力]]によって[[エナ]]が増えないが、連続アタック自体は有効なので最大2回までの直接攻撃は狙えることになる。~
 代わりに[[出現時能力]]であることにより再度連続アタックを狙う場合は新たに出しなおす必要があり、再び大きな消耗を迫られることになる。~
 フィニッシャーにとってはメリットの方が大きい、と見るか繰り返し使うには適さないデメリットの方が大きいと見るかはその人次第だろう。~
~
 とにかく消費もアドバンテージも豪快で強力な[[レゾナ]]だが、アドバンテージを稼ぐにはキチンと相手の[[シグニ]]のパワーを各々越える必要があるのは注意。~
 そこさえ気をつけていれば[[アイヤイ]]の切り札として活躍できるのは間違いないだろう。~
- アスレチック(athletic)は英語で「体育」と言う意味だが、日本語ではもっぱら''フィールド・アスレチック・コース''(field athletic course)の省略形となっている。~
森林公園などに設置される木材やロープを使用して組み立てられた複数のアトラクションで構成されるコースのことで、多くのコースは子供でも比較的容易にクリア出来る「ファミリーコース」と体力に自信がある中高生以上を対象とする「エキスパートコース」のように複数の難易度が設定されている。~
-- [[フレーバーテキスト]]の元ネタは1997年に放送を開始したTBSテレビの特別番組で、プロスポーツ選手や一般予選を勝ち上がった参加者が特設のアトラクションに挑戦する『SASUKE』だと思われる。

**関連カード [#card]
- [[《千軍万馬》]]

**収録パック等 [#pack]
- ''[[両面レゾナ確認用カードデータ>http://www.takaratomy.co.jp/products/wixoss/rule/rule_moviedl.html#twoSide-rezona]]''([[ウィクロス図鑑]]は「反対面を表示」をクリック)
----
- [[サクシードセレクター]] WX14-006A &size(7){[[ルリグレア]]([[ホイル]])};
-- Illust:[[芥川明]] &br; Flavor text:ASUREの歴史に新たなる伝説を刻むのは誰だ!?

**FAQ [#faq]
Q:両方の面があるレゾナはどのように使うのですか?~
A:他のレゾナと同様にルリグデッキに入れ、A面の出現条件を満たしてA面で出すことも、B面の出現条件を満たしてB面で出すことも可能です。場に出したら、表になっている面のみを参照し、そこから裏返すことはできません。ルリグデッキに戻った場合はまたどちらの面でも出すことができます。

Q:スリーブに入れてA面だけが見える状態です。B面として出す場合には、スリーブから出す必要がありますか?~
A:はい、使用するカードのテキストが対戦相手に見えるようご使用下さい。詳しい使い方は【コラム:両面レゾナ登場!】や【両面レゾナ確認用カード ダウンロード】をご確認ください。

Q:出現条件は、手札、場、エナゾーンのどれか1つの領域から3枚トラッシュに置くことでも満たせますか?~
A:はい、できます。手札から3枚、場やエナゾーンからは0枚トラッシュという置き方でも、その逆でも出現条件を満たせます。

Q:このレゾナを出して出現時能力が発動したあとに出した他のシグニは「 」内の能力を得ますか?~
A:いいえ、効果はそれが発動した時に場にあるシグニまでにしか影響しません。「このターン(の間)、」と書かれている効果はその例外です。

Q: 出現時能力で能力を得た<遊具>のシグニAが自身の持つ「対戦相手のシグニのパワーを-1000」するという能力によって、対戦相手のシグニBをバニッシュしました。アップはできますか?~
A:いいえ、アップはできません。~
そのシグニAは対戦相手のシグニBのパワーを-1000しましたが、バニッシュしたのは[[ルール処理]]によるものだからです。~
シグニAがバトルによって、もしくは「バニッシュする」という効果によってシグニBをバニッシュした場合には、《緑肆ノ遊 アスレ【HARD】》によって得た能力がトリガーして(条件を満たして)アップすることができます。



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS