*《&ruby(ぐれんおとめ){紅蓮乙女}; &ruby(ゆづき){遊月};・&ruby(よん){肆};》 [#top]
|~カード名|>|>|>|紅蓮乙女 遊月・肆|[グレンオトメユヅキヨン]|
|~色|CENTER:赤/緑|~カードタイプ|CENTER:ルリグ|~ルリグタイプ|CENTER:ユヅキ|
|~レベル|CENTER:4|~リミット|CENTER:11|~グロウコスト|CENTER:赤(1)・緑(1)・無(1)|
|>|>|>|>|>|&color(red){【常】};:対戦相手のアタックフェイズ開始時、あなたのライフクロスが3枚以上ある場合、このターン、あなたはゲームに敗北しない。 &br; &color(blue){【出】};:あなたのエナゾーンにあるカードをすべてトラッシュに置く。あなたのデッキの一番上のカードをライフクロスに加える。&br; &color(green){【起】};[無]:ターン終了時まで、あなたのすべてのカードは【ライフバースト】【エナチャージ1】を持つ。この能力は使用タイミング【メインフェイズ】【アタックフェイズ】を持ち、1ターンに一度しか使用できない。|

 [[リプライドセレクター]]で登場した[[レベル]]4・[[赤]]/[[緑]]・[[ユヅキ]]の[[ルリグ]]。~

 極めて攻撃的な[[能力]]の多い[[ユヅキ]]の中でも、[[ライフクロス]]の追加とルール介入による敗北阻止とかなり防御的。~
 一見その点が[[ユヅキ]]のコンセプトと噛み合っていない印象があるが、逆を言えば[[シグニ]]だけでもかなり攻撃性の高いのが[[ユヅキ]]の特長であり、そのぶん不足がちな防御面を補えるのは良いと言える。~
 [[ライフクロス]]を増やす際に[[エナゾーン]]にある[[カード]]を全て破棄する必要があるが、[[緑]]の[[龍獣]]の[[能力]]を上手く使えばある程度までは補うことができる。~
~
 しかし[[ライフクロス]]が3枚以上ある状況、というのは普通なら[[ガード能力]]持ちの[[カード]]さえ手札に持っていれば負けることはなく、極めて限定的。~
 且つ[[アタックフェイズ]]まで維持しなければならないので[[リフレッシュ]]による[[ライフクロス]]破壊などを狙われた場合かなり厳しい。~
 [[ライフクロス]]を増やせるのも一回きりの[[出現時能力]]によるものであり、1枚しか増えないので精々敗北阻止が有効なのは1回ほどである。~
~
 [[ライフバースト]]の付与もターン中のみな上にコストが必要で普通は[[対戦相手]]に主導権がある、と極めてピーキーな条件。~
 [[《龍導波》]]や[[《気炎万丈》]]狙いにはともかく、単純に[[エナゾーン]]を稼ぐ目的としては、十分なライフクロスがなければかなり使いづらい。~
 ピーキーさが非常に目立つが、[[赤]]という攻撃的な[[色]]で防御を補えるという点ではかなり重宝する[[ルリグ]]と言える。

-[[グロウコスト]]が[[混色]]なだけでなく[[ルリグ]]自体が複数の[[色]]を併せ持つ初めての[[多色]][[ルリグ]]の1枚。同時に「敗北しない」を持つ初めての[[ルリグ]]でもある。
-[[インフェクテッドセレクター]]で登場した[[《紅蓮の巫女 タマヨリヒメ》]]、[[《紅蓮の閻魔 ウリス》]]と同様にスクウェア・エニックスのアーケードTCG『[[LORD of VERMILION Re:3>LORD of VERMILION#lov]]』との[[コラボレーション]]カードの1枚。~
[[ユヅキ]]は[[ピルルク]]([[《コード・ピルルク VERMILION》]]参照)と共に『LoV Re:3 Dear Servant』へ参戦しており、そこでもこのカードのイラストが超覚醒時のグラフィックの原案として使われている。~

**関連カード [#card]
- [[《遊月・伍》]]
- [[《真・遊月・伍》]]

- [[《花咲乱 遊月・参》]]
- [[《断罪 遊月・弐》]]

**収録パック等 [#pack]
- [[リプライドセレクター]] WX12-002 &size(7){[[ルリグレア]]};
-- Illust:[[タイキ]] &br; Flavor Text:未来への力、それは…。

**FAQ [#faq]
Q:《紅蓮乙女 遊月・肆》の常時能力は具体的にどういうことですか?~
A:これは対戦相手のアタックフェイズ開始時にトリガーするトリガー能力であり、発動したときにあなたのライフクロスが3枚以上ある場合は、そのターンあなたはライフクロスが0枚になった上でダメージを受けてもゲームに敗北せず、そのままゲームを続行します。

Q:対戦相手のターンで、こちらのライフクロスが3枚ありますが、対戦相手の《弩砲 ヘッケラ》のヘヴン能力によって2枚になってしまいました。このターン、ゲームに敗北しないという効果は有効ですか?~
A:はい、有効です。ライフクロスが3枚以上あるかは、この能力が発動した時にチェックされます。その直後にライフクロスが2枚以下となっても、そのターン中はゲームに敗北しないままです。~
また、アタックフェイズに入りますと、この能力がトリガーして処理されてから、次にアーツ使用ステップ、その次にシグニアタックステップと順番に進みますので、《弩砲 ヘッケラ》のヘブン能力より先にこの能力は発動しています。

Q:出現時能力は強制ですか?~
A:はい、コストの無い出現時能力ですので、強制的にトリガーし、発動します。

Q:出現時能力が発動したとき、エナゾーンにあるカードは0枚でした。ライフクロスは加えられますか?~
A:はい、何枚がエナゾーンからトラッシュに置かれたかを問わず、ライフクロスは1枚加えられます。

Q:起動能力を使用した後、元々【エナチャージ1】を持つカードがライフクロスから捲れました。ライフバーストはどのように処理しますか?~
A:その場合、そのカードは個別に【エナチャージ1】を2つ持っていることになります。チェックゾーンに置かれた後、それぞれについて発動するかどうかを決め、好きな順番で発動します。両方が発動し終わったら、カードはエナゾーンへ置かれます。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS