*《ロスト・テクノロジー》 [#top]
|~カード名|>|ロスト・テクノロジー|[ロストテクノロジー]|
|~色|CENTER:黒|~カードタイプ|CENTER:スペル|
|~コスト|CENTER:黒(1)|~限定条件|CENTER:ウムル限定|
|>|>|>|あなたのすべてのシグニをトラッシュに置いてもよい。この方法で3体の<古代兵器>のシグニがトラッシュに置かれた場合、対戦相手のライフクロス2枚をクラッシュする。|
|>|>|>|あなたのすべてのシグニをトラッシュに置いてもよい。この方法で3体の<古代兵器>のシグニがトラッシュに置かれた場合、対戦相手のライフクロス2枚をクラッシュする。|

 [[スプレッドセレクター]]で登場した[[黒]]の[[スペル]]。~
 [[スプレッドセレクター]]で登場した[[黒]]・[[ウムル]]限定の[[スペル]]。~

 [[古代兵器]]の[[シグニ]]3体を[[トラッシュ]]に置くことで[[対戦相手]]の[[ライフクロス]]を2枚[[クラッシュ]]する[[効果]]を持つ。~

 消費は多いが、成功すれば[[ライフクロス]]を2枚[[クラッシュ]]するという豪快な効果を発揮できる。~
 [[メインフェイズ]]中に[[ライフクロス]]を[[クラッシュ]]すれば、[[《甲冑 ローメイル》]]等を始めとする強力な[[ライフバースト]]を発動されても立てなおしを図りやすく、単純に2回[[アタック]]するよりも大きな効果を期待できる。~
 また、この[[カード]]自体は[[黒]][[エナ]]1で使用できるため使用しやすく、[[《アンチ・スペル》]]などで止められても被害は最小限で済む。~
 もともと[[トラッシュ]]から[[シグニ]]を配置する事を得意とする[[古代兵器]]とのシナジーが強い[[【ウムル】]]ならば、[[《コードアンチ アステカ》]]や[[《コードアンチ パルベック》]]を利用することで比較的容易に条件を満たせるだろう。~
~

 ただし、この手の[[カード]]全てに言えたことだが、[[ライフクロス]]を削りきった後は何の役にも立たない。~
 特にこの[[カード]]は[[クラッシュ]]する枚数が多い反面で、[[エナゾーン]]もかなり稼がれている為色々な手で直接攻撃を防いでくることが考えられる。~
 [[黒]]が得意とする[[パワー]]低下による[[バニッシュ]]や、[[《ツー・ダスト》]]で[[ルリグ]]の[[アタック]]を通しやすくするといった工夫が必要であることも忘れないでおきたい。~

**関連カード [#card]
−イラストに登場している[[シグニ]]
- [[《コードアンチ パルベック》]]

**収録パック等 [#pack]
- [[スプレッドセレクター]] WX03-021 &size(7){[[スーパーレア]]};
-- Illust:[[ますん]] &br; Flavor Text:まるで鍵をこじ開けるような、この力…!何? 〜パルベック〜

**FAQ [#faq]
Q:<古代兵器>が3体場にいて《ロスト・テクノロジー》の使用を宣言した時、《ブラッディ・スラッシュ》を使われ<古代兵器>が2体になりました。《ロスト・テクノロジー》は「あなたのすべてのシグニをトラッシュに置いてもよい」とありますが、この時点で<古代兵器>をトラッシュに置かない選択はできますか?~
A:はい、「置いてもよい」と記載があるので、解決時に「置かない」ことを選択することは可能です。

Q:手札やエナゾーンにある<古代兵器>のシグニをトラッシュに置くことは出来ますか?~
A:いいえ、トラッシュに置くことが出来るのは、シグニゾーンに置かれたシグニのみです。エナゾーンや手札にあるシグニをトラッシュに置くことは出来ません。~

Q:《ロスト・テクノロジー》でクラッシュされたライフクロスが2枚ともLBだった場合の解決手順はダブルクラッシュと同様ですか? それとも上にある1枚目から解決を行うのですか?~
A:はい、ダブルクラッシュと同様に、2枚同時にクラッシュされます。それぞれLBを持っていた場合、好きな順番で解決させることが出来ます。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS