*《デッド・スプラッシュ》 [#top]
|~カード名|>|>|>|デッド・スプラッシュ|[デッドスプラッシュ]|
|~色|CENTER:黒|~カードタイプ|CENTER:アーツ|~限定条件|CENTER:-|
|~コスト|CENTER:黒(1)・無(3)|~使用タイミング|>|>|【メインフェイズ】【アタックフェイズ】|
|>|>|>|>|>|対戦相手のルリグが白の場合、このカードのコストは[黒]になる。&br;&br;あなたのトラッシュから黒のシグニ1枚を場に出す。|

 [[スプレッドセレクター]]で登場した[[黒]]の[[アーツ]]。~
~
 [[《アンシエント・サプライズ》]]に続く、[[《太陽の巫女 タマヨリヒメ》]]の[[バウンス]]に対抗できる[[アーツ]]。~
 [[対戦相手]]の[[【タマ】]]が[[メインフェイズ]]で[[シグニゾーン]]をガラ空きにした後の[[アタックフェイズ]]の[[アーツ使用ステップ]]で[[使用]]し、[[ライフクロス]]の[[クラッシュ]]を防止する[[シグニ]]を並べることが出来る。~
 しかも[[タマ]]は[[白]]なので[[コスト]]が軽く済むのも利点。~
~
 効果の対象は[[出現時能力]]を持つ[[シグニ]]を[[対戦相手]]の[[アタックフェイズ]]で出すのが効果的。~
 [[《アンシエント・サプライズ》]]のように[[《コードアンチ アステカ》]]で2体分ブロックする使い方もできるが、対象が[[古代兵器]]以外、[[レベル]]3以上でも出せるためそれ以上に強力なコンボが考えられる。~
 [[《悪魔の勇武 モリガ》]]、[[《コードアンチ ヴィマナ》]]等の[[出現時能力]]で[[対戦相手]]の[[シグニ]]を[[バニッシュ]]したり、[[《コードアンチ パルテノ》]]から[[《コードアンチ アステカ》]]に繋げて3体分のブロックを行うといったこともできる。~
~
 ただし、[[対戦相手]]の[[ルリグ]]が[[白]]以外だと[[コスト]]が重くなり[[使用]]しづらくなるため、その場合にはこの[[カード]]を[[《コードアンチ ゴルスペ》]]の[[コスト]]に活用できるようにしておきたい。~


-このカードが登場した[[スプレッドセレクター]]時点のカードプールでは不要な[[アーツ]]を[[コスト]]に変換する[[黒]]の[[カード]]が存在しなかったため、[[メタゲーム]]に勝てば優秀な[[アーツ]]だが、外れればそのまま腐ってしまうという悩ましい側面があった。その後、[[フォーチュンセレクター]]において[[黒]]の[[アーツ]]を[[コスト]]にできる[[《コードアンチ ゴルスペ》]]が登場したのでこの問題は解決している。~
- [[スプレッドセレクター]]では[[対戦相手]]の[[ルリグ]]の[[色]]に応じて[[無色]][[エナ]]の[[コスト]]がなくなる[[アーツ]]がこのカード以外にも何種か登場している。それらはいずれも[[ルリグレア]]だが、このカードは[[ルリグコモン]]のため相対的に入手し易い。
- WX03-014に描かれているキャラクターは[[闇野梓>よく使われる用語#ya]]と言う名前で、[[タマ]]の「スーパープロトタイプ」とされている。「WIXOSS」と言うタイトルが正式決定する以前の仮称であった「マナムスメ」の企画書で、必殺技(製品版の[[アーツ]])のイメージイラストとして描かれたものを流用([[ウィクロスマガジン]] Vol.1/p66)。

**関連カード [#card]
-[[《ホーリーアクト》]]
-[[《業火絢爛》]]
-[[《ツー・ダスト》]]
-[[《全身全霊》]]

**収録パック等 [#pack]
- [[スプレッドセレクター]] WX03-014 &size(7){[[ルリグコモン]],[[パラレル]]};
-- Illust:[[クロサワテツ]] &br; Flavor Text:一瞬の救い。
- [[コングラッチュレーションカード]](2015年5〜6月) PR-184 &size(7){[[ホイル]]};
-- Illust:[[鈴木マナツ]] &br; Flavor Text:やだやだ、ねぇ、出して! ねぇ、お願いですからぁ! 〜リメンバ〜

//**FAQ [#faq]
//Q:~
//A:



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS