*《デス・コロッサオ》 [#top]
|~カード名|>|>|>|デス・コロッサオ|[デスコロッサオ]|
|~色|CENTER:黒|~カードタイプ|CENTER:アーツ|~限定条件|CENTER:ウムル限定|
|~コスト|CENTER:黒(3)|~使用タイミング|>|>|【メインフェイズ】【アタックフェイズ】|
|>|>|>|>|>|あなたのすべてのシグニをトラッシュに置いても良い。この方法でそれぞれがレベルの異なる3体のシグニがトラッシュに置かれた場合、対戦相手のすべてのシグニをバニッシュする。|

 [[スプレッドセレクター]]で登場した[[黒]]・[[ウムル]]限定の[[アーツ]]。~

 [[黒]][[エナ]]3と[[レベル]]が異なる[[シグニ]]3体を[[トラッシュ]]送りにすることで[[対戦相手]]の[[シグニ]]全てを[[バニッシュ]]する。~
~
 効果自体は強烈で、[[クラス]]の代わりに[[レベル]]を参照する全体版[[《焦土の代償》]]といったところ。~
 尚且つ[[アタックフェイズ]]で使用できるため、こちらの[[エナ]]こそ増えないが[[《ブラック・デザイア》]]のような大反撃のチャンスを作りだせる。~
 また、このカードの存在によって「[[対戦相手]]が[[【ウムル】]]ならなるべく[[レベル]]の違う[[シグニ]]を[[場]]に残させたくない」という心理戦に持ち込めるのも魅力的。~
~
 難点は発動条件を利用され、封じられやすいこと。~
 具体的には3体の[[シグニ]]の内の1体でも[[対戦相手]]によって[[バニッシュ]]または[[トラッシュ]]置かれた場合、このカードが発動できなくなることである。~
 [[《ブラック・デザイア》]]は[[バニッシュ]]されることが間接的に発動条件の補助になることに対し、このカードは[[バニッシュ]]や[[トラッシュ]]に置かれることをとことん嫌うまさしく対のデザインといえる。~
~
 ただしそれは[[アタックフェイズ]]で使用する場合の話であり、どう維持するかを気にしないで済む[[メインフェイズ]]に使う分には問題ない。~
 [[レベル]]を意識してばらつかせ、それを全て[[トラッシュ]]に置くのは一見凄く重い[[コスト]]と手間であるが、[[《コードアンチ アステカ》]]でとりあえず2枚分は確保できる為、見た目程の苦労はない。~
 [[アタックフェイズ]]で狙えたら狙う、狙えなかったら[[メインフェイズ]]で使うという潔さの求められる1枚といえよう。~

//**関連カード [#card]
//- [[《》]]

**収録パック等 [#pack]
- [[スプレッドセレクター]] WX03-015 &size(7){[[ルリグコモン]],[[パラレル]]};
-- Illust:[[松本エイト]] &br; Flavor Text:こういう戦いを待っていたのじゃ。 〜ウムル〜
- [[セレクターズパック Vol.クリスマス>プロモパック#xmas2015]] SP11-011 &size(7){[[ホイル]]};
-- Illust:[[松本エイト]] &br; Flavor Text:たまにはこういうのもよいじゃろうよ。 〜ウムル〜

**FAQ [#faq]
Q:手札やエナゾーンにあるシグニをトラッシュに置くことは出来ますか?~
A:いいえ、トラッシュに置くことが出来るのは、シグニゾーンに置かれたシグニのみです。エナゾーンや手札にあるシグニをトラッシュに置くことは出来ません。

Q:このアーツを使用したときに、シグニをトラッシュに置かないことを選択できますか?~
A:はい、できます。その場合、アーツが使用される以外は何も起こりません。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS