*《コードアンチ ヨグソトス》 [#top]
|~カード名|>|>|>|コードアンチ ヨグソトス|[コードアンチヨグソトス]|
|~色|CENTER:黒|~カードタイプ|CENTER:シグニ|~クラス|CENTER:精械:古代兵器|
|~レベル|CENTER:4|~パワー|CENTER:12000|~限定条件|CENTER:ウムル限定|
|>|>|>|>|>|【クロス】《混沌の豊穣 シュブニグラ》の左&br;&color(red){【常】};:あなたのトラッシュから効果によってカード1枚がデッキに移動するたび、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを−2000する。&br;&color(red){【クロス常】};:このシグニが【ヘブン】したとき、ターン終了時まで、対戦相手のすべてのシグニのパワーを−10000する。|
|>|>|>|>|>|【クロス】《混沌の豊穣 シュブニグラ》の左&br;&color(orange){【自】};:あなたのトラッシュから効果によってカード1枚がデッキに移動するたび、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを−2000する。&br;&color(orange){【クロス自】};:このシグニが【ヘブン】したとき、ターン終了時まで、対戦相手のすべてのシグニのパワーを−10000する。|
|>|>|>|>|>|【ライフバースト】:あなたのトラッシュから白または黒のシグニ1枚を、手札に加えるか場に出す。|

 [[リアクテッドセレクター]]で登場した[[レベル]]4・[[黒]]・[[精械]]:[[古代兵器]]・[[ウムル]]限定の[[シグニ]]。~

 [[ヘブン]]した時の[[能力]]も豪快だが、もう1つの[[常時能力]]も地味に強力。~
 [[ヘブン]]した時の[[能力]]も豪快だが、もう1つの[[自動能力]]も地味に強力。~
 特に[[《コードアンチ アシレン》]]と相性が良く、1枚[[ドロー]]するついでに[[パワー]]−2000を4回与えることができ、小型[[シグニ]]の[[バニッシュ]]や細かい[[パワー]]調整に融通が利く。~
 [[《開かれし極門 ウトゥルス》]]ではなく[[《創造の鍵主 ウムル=フェム》]]を[[グロウ]]する場合でも、あちらの[[起動能力]]と合わせれば低コストで[[シグニ]]2体の[[バニッシュ]]を狙えるため、[[クロス]]を考えずにこのカードのみを採用することも検討できる。~
 [[《開かれし極門 ウトゥルス》]]ではなく[[《創造の鍵主 ウムル=フェム》]]を[[グロウ]]する場合でも、あちらの[[起動能力]]と合わせれば低コストで[[シグニ]]2体の[[バニッシュ]]を狙えるため、[[クロス状態]]となることを考えずにこのカードのみを採用することも検討できる。~
~
 総じて[[クロス]]せずにこのカード単体でも上段の[[常時能力]]が[[【ウムル】]]で活かしやすいのが長所と言える。
 総じて[[クロス状態]]とならずともこのカード単体でも上段の[[常時能力]]が[[【ウムル】]]で活かしやすいのが長所と言える。
 
-[[クロスシグニ]]のため、[[カード名]]が左側に縦書きで書かれている。初めて登場した[[混色]]前提の[[クロスシグニ]]である。
-[[クロスシグニ]]のため、[[カード名]]が左側に縦書きで書かれている。初めて登場した[[混色]]前提の[[クロスシグニ]]である。~
[[コネクテッドセレクター]]での[[再録]]に当たり、初出時の[[常時能力]]が2つとも[[自動能力]]へ置き換えられているがカードの挙動に変更はない。
-''ヨグ=ソトース''(Yog-Sothoth)はクトゥルフ神話に登場する神の一柱で、豊穣の女神・''シュブ=ニグラス''はその妻とされる。球状の本体から無数の触角を伸ばした姿で描かれることが多い。~
「窮極の門」の守護者である''ウムル=アト・タウィル''はヨグ=ソトースの仮の姿とされている。そのため、[[WEB4コマ>WIXOSS WEBマンガ]]『ウムルとタウィル』第44・45回では「超解釈に基づき」[[シュブニグラ>《混沌の豊穣 シュブニグラ》]]と共に[[ウムル]]と[[タウィル]]の母親を自称している。
「窮極の門」の守護者である''ウムル=アト・タウィル''はヨグ=ソトースの仮の姿とされている。そのため、[[WEB4コマ>WIXOSS WEBマンガ]]『[[ウムルとタウィル]]』第44・45回では「超解釈に基づき」[[シュブニグラ>《混沌の豊穣 シュブニグラ》]]と共に[[ウムル]]と[[タウィル]]の母親を自称している。
- [[コネクテッドセレクター]]の[[シークレット]]版のイラストは[[ウィクロスマガジン]]Vol.7の付録だったシュブニグラとの2連仕様になっているが、[[クロス条件]]自体は[[リアクテッドセレクター]]のものとでも問題なく満たせる。~
[[SELECTOR SELECTION]]の[[再録]]版は[[リアクテッドセレクター]]のシュブニグラとイラストが連結する仕様になっている。

**関連カード [#card]
- [[《混沌の豊穣 シュブニグラ》]]
- [[《コードアンチ ソトホート》]]

- [[《開かれし極門 ウトゥルス》]]

**収録パック等 [#pack]
- [[リアクテッドセレクター]] WX09-020 &size(7){[[スーパーレア]]};
-- Illust:[[希]] &br; Flavor Text:さあシュブニグラ、禁じられた極門を開こうか。 〜ヨグソトス〜
- [[コネクテッドセレクター]] WX20-091 &size(7){[[シークレット]], [[サイン>サインカード]]};
-- [[サインカード]]:ヨグソトス~
Illust:[[希]] &br; Flavor Text:シュブニグラもすっかりアイドルが板についてきたな。 〜ヨグソトス〜
- [[SELECTOR SELECTION]] SP32-023 &size(7){[[ホイル]]};
-- Illust:[[希]] &br; Flavor Text:眠れない&ruby(よる){深淵};を楽しもうじゃないか。〜ヨグソトス〜 

**FAQ [#faq]
Q:《コードアンチ ヨグソトス》が出ているときに、《コードアンチ アシレン》を出してトラッシュから4枚をデッキに戻した場合はどうなりますか?~
A:4枚がトラッシュからデッキに戻りましたので、合計4回《コードアンチ ヨグソトス》の常時能力が発動し、−2000を4回与えることができます。

Q:《コードアンチ ヨグソトス》が出ているときに何れかの効果によってデッキが0枚になりリフレッシュをした場合、トラッシュにあった枚数分−2000できますか?~
A:いいえ、リフレッシュの処理は「効果によって」行われるものではないため、その場合《コードアンチ ヨグソトス》の常時能力は発動しません。 

Q:対戦相手のパワー7000のシグニに対して《コードアンチ ヨグソトス》でアタックし、ヘブンしました。このアタックはどうなりますか?~
A:「ヘブンしたとき」の常時能力はアタックの処理の前に行われます。《コードアンチ ヨグソトス》により対戦相手の全てのシグニを−10000し、パワーが0以下となったシグニはバニッシュされます。その後にアタックの処理に入り、その時点で《コードアンチ ヨグソトス》の前にシグニがいなければ、対戦相手にダメージを与えます。

Q:クロス状態の《混沌の豊穣 シュブニグラ》と《コードアンチ ヨグソトス》がヘブンした場合、どちらも「ヘブンしたとき」の常時能力を持っていますが、どのような順番で発動しますか?~
A:どちらも「ヘブンしたとき」という発動条件ですので、同時に発動条件を満たし、これらは好きな順番で発動させることができます。

Q:対戦相手の場にパワー3000、1000、12000のシグニがあります。 こちらのアタックフェイズに、《混沌の豊穣 シュブニグラ》と《コードアンチ ヨグソトス》がヘブンしました。ヘブンしたときの常時能力を、《混沌の豊穣 シュブニグラ》を先に発動した場合と《コードアンチ ヨグソトス》を先に発動した場合はそれぞれどうなりますか。~
A:1.《混沌の豊穣 シュブニグラ》のヘブンしたときの常時能力から発動した場合、相手の場の3000,1000のシグニがトラッシュに置かれます。その後、《コードアンチ ヨグソトス》の常時能力によりパワー12000のシグニが-10000されます。その後、アタックの処理に入ります。~
  2.《コードアンチ ヨグソトス》のヘブンしたときの常時能力から発動した場合、相手のシグニが全て-10000され、3000、1000のシグニはパワー0以下となりバニッシュされます。その後、《混沌の豊穣 シュブニグラ》の常時能力によりパワー12000だったシグニがトラッシュに置かれます。これらの能力が全て解決した後、アタックの処理に入ります。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS