同時使用制限(どうじしようせいげん)カード

 繭の部屋(制限ルール)において、デッキへ同時に入れることが制限されているカードのこと。

単一の組み合わせ

 単純に「カードAとカードBを同時に入れられない」組み合わせ。指定日順。

《幻獣神 オサキ》《THREE OUT》

 2014年8月8日発表、8月28日より適用。

 適用当初は《幻獣神 オサキ》《修復》を含めた組み合わせ(《幻獣神 オサキ》を含まないデッキに《THREE OUT》《修復》を同時に入れることは可能)だったが、《修復》使用禁止カードへランクアップしたので単一の組み合わせが残る形となった。

《創世の巫女 マユ》《真名の巫女 マユ》

 2015年12月22日発表、2016年1月21日より適用。

 《真名の巫女 マユ》WHITE HOPE -movie ver.-が初出であり、発売前から制限が適用される異例のカードとなった。

《羅原 Ar》《MAGIC HAND》

 2015年12月22日発表、2016年1月21日より適用。

《台風一過》《コードアンシエンツ ヘルボロス》

 2016年7月8日発表、8月4日より適用。

《バースト・ラッシュ》関連

 2017年4月8日発表、4月26日より適用。

複数パターンの組み合わせ

「カードAを入れた場合はカードBもしくはカードCをデッキに入れられない」タイプの制限。いずれの場合も「カードAを入れなければ、カードBとカードCを同時にデッキへ入れることは可能」となっている。指定日順。

 《修復》はその後枚数制限カード(2枚)を経て使用禁止カードに指定されたため、適用される2017年4月26日以降は実質的に《幻獣神 オサキ》《THREE OUT》の組み合わせのみの同時使用制限になる。

《ブルーコードハート V・@・C》関連

 2015年11月20日発表、11月21日より適用。

 ウィクロスカップ予選開催中と言う事情もあり、チェインドセレクター発売直後に発覚したループ防止の観点から「発表翌日に制限適用」と言う異例のスピード対応となった。

《ロック・ユー》関連

 2015年12月22日発表、2016年1月21日より適用。

 ルリグデッキ《ロック・ユー》が入っていなければ、《スピリット・サルベージ》《烈情の割裂》は従来通り同じデッキに入れることが可能。
 《ロック・ユー》は同時使用制限と合わせて枚数制限カード(1枚)にも指定されていたが、2018年2月22日付で施行されたルリグデッキ関連のルール改訂により個別制限の意味が無くなったため(運用自体は変わらないが)解除されている。

三角制限

「カードA・B・Cのどれか1種でもデッキに入れたら他の2種は入れられない」タイプの制限。指定日順。

《コード・ピルルク APEX》

 2017年4月8日発表、4月26日より適用。

 具体的にはルリグデッキ《コード・ピルルク APEX》を入れる場合はメインデッキ《CRYSTAL SEAL》《コードハート M・P・P》のどちらも入れることができず、《コード・ピルルク APEX》を採用しない場合でも《CRYSTAL SEAL》《コードハート M・P・P》を同じメインデッキに入れることができない。

過去の同時使用制限カード

 解除もしくは失効日順。

  • 《修復》
    2014年8月8日発表、8月28日〜2017年4月25日適用。
     《幻獣神 オサキ》との同時使用制限が科されていたが、使用禁止カードへのランクアップに伴い同時使用制限の意味を失った。2015年3月20日〜禁止カード指定までは、同時に2枚制限も科されていた。

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-22 (木) 00:12:48 (244d)