ルリグ人狼(じんろう)(はじ)まりのルリグの()まぐれ〜

 ディサイデッドセレクターで新たに登場したアナザーカードの1種(レアリティ表示無し)。チェインドセレクターからサクシードセレクターまで収録されていたタロットの後継に当たるが、ウムルタウィル特殊な立ち位置を反映しタロットとルリグ人狼の両方に登場している。
 通常のルリグカードと比較して、ルリグタイプが右上の色アイコンの下にある丸いアイコンの中に書かれている、フレームやフォントが異なるといったデザインの違いがある。

人狼ゲームの概要

 人狼は1930年代からヨーロッパ各地で遊ばれていたパーティーゲームで、1980年代から欧米でこのゲームを基に人狼(Werewolf)もしくはマフィア(Mafia)と呼ばれる様々なバリエーションのゲームが作り出されている。基本ルールは村人と人狼の2陣営もしくは狐使い(1人)を含む3陣営に分かれ、昼と夜のターンを繰り返しながら進行する。人狼が全滅したら村人の勝利、村人と人狼が同数になったら人狼の勝利となるが、狐使いがいる場合は人狼が全滅するか村人と人狼が同数になった時点で狐使いがゲームに残っていれば「人狼と村人の共倒れ」で狐使いの勝利となる。

 日本では人狼バージョンが一般的なルールで、WIXOSSでは村人に当たるのが姿を得たルリグ、人狼に当たるのが始まりのルリグと言う設定が採り入れられている。フレーバーテキストには「ルリグ人狼」での個々のルリグの能力(コイン技)が記載されているが、TCG上では通常のレベルルリグとして扱われる。

 必要なカード枚数は参加人数により異なるが、《あーや》(村人)と《始まりのルリグ》(人狼)は複数枚の使用が推奨されている。また、《ウムル》(共鳴者)と《タウィル》(同)は役職の性質上、2枚を必ず1セットで入れないと意味が無い。
 ゲームマスターのカードは用意されていないが、公式サイトの「あそびかた」ではがゲームマスターに当たる役職とのこと。ランダムでゲームマスターを決める場合は、代用としてタロット《?》を使うと良いかも知れない。

ルリグ人狼のカード一覧

 全カードともIllust:彩芽、仕上げ:株式会社六面堂レアリティは設定されていないが、パラレルカードは存在する。

カード番号
カード名
(役職)
コイン
WX16-JR01
《ドーナ》(霊媒師)
エスケープ
貴方は隠れて見ている。
除外された者が始まりのルリグだったかどうかを知る。
WX16-JR02
《リル》(独裁者)
オーネスト
貴方は正直に正体を明かし、
その後誰か一人を除外できる。
WX16-JR03
《あーや》(村人)
ホログラフ
貴方は虚構。なれど、ゲームに居続けるために、
始まりのルリグを除外しましょう。
WX16-JR04
《ピルルク》(占い師)
ピーピング
貴方は毎夜、だれかの心を覗き見て、
“始まりのルリグ”か“そうでないか”を区別します。
WX16-JR05
《メル》(裏切者)
ベルセルク
貴方は始まりのルリグの味方です。
混沌を楽しみましょう。
WX16-JR06
《ママ》(狩人)
カンニング
貴方は爆弾を撒く。
除外の宣告に対し、誰か一人を共に除外します。
WX16-JR07
《ナナシ》(騎士)
ブラインド
貴方は雲を撒く。 毎夜、誰かが除外されるのを防げます。
(続けて同じ人は守れません)
WX16-JR08
《始まりのルリグ》(人狼)
オリジナル
貴方は毎夜、貴方の相応しくないとするルリグを、
ゲームから除外することができる。
WX17-JR01
《カーニバル》(狐使い)
ジョーカー
貴方は道化。ゲームに残れば単独勝利する。
始まりのルリグに除外されないが、
ピーピングにより心を覗かれると自ら姿を消す。
WX18-JR01
《ウムル》(共鳴者)
プライマル
貴方は共有する。その源は同じ者と。
自分自身はその虚ではないことを共有者と分かち合う。
WX18-JR02
《タウィル》(共鳴者)
WX18-JR03
《グズ子》(タフガイ)
ダイレクト
貴方は痛みを移し替える。
始まりのルリグから除外されても気づかずゲームに残り、
次の日の夜に除外される。
  • 12枚で「完成」とのことで、ゆきめは追加されない模様。

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-21 (水) 04:15:36 (335d)