トリガー

 トリガー能力が「〜したとき」「〜するたび」といったトリガー条件を満たし、能力発動できる状態になることを「トリガーする」と呼称する。

 トリガーする領域や回数については、次のルールに従い処理される。

 領域を移動したとき」や「バニッシュされたとき」にトリガーするシグニ能力は、移動先の領域でトリガー条件を満たす。

  • シグニパワーなどの状態を参照される場合は、移動前の状態を参照する。

◆孱吋拭璽鵑飽貪戮靴発動しない(ターン1)」という記載のある能力は、発動するまでは複数回トリガーすることがある。

  • 《成就の駄姫 グズ子》自動能力のようにトリガーした対象を選択して発動する能力の場合、能力発動までに同時に複数体シグニが場に出たり能力によって連鎖的にシグニが場に出たりした場合は、うち1体を選択して能力を発動できる。
  • 公開領域のカードを選ぶ能力の場合は、そのターンで最初にトリガーした後発動して対象を選択する必要があるが、そのとき選択できる対象がなかった場合でも発動したことには変わりないので、再びトリガー条件を満たしても発動することはできない。
  • 1体のシグニの1つの能力が同時に複数回トリガーした場合でも、能力発動できるのは1回までである。
  • 「1ターンに一度しか」という制限は1体のシグニごとにカウントされるので、そのような能力を持つ同じシグニが2体いてそれぞれトリガー条件を満たした場合、別個に発動することができる。また一度に出たシグニが他の領域に移動した後にに出し直した場合も別のシグニとして扱われる。

シグニのパワー等を参照して「○○になったとき」に発動する能力は、条件に当てはまらない状態から当てはまる状態に変化した時のみトリガーする。

  • 「自身のパワーが5000以上になったとき〜」という能力であれば、パワーが5000未満の状態から5000以上になったときのみトリガーする。
    6000→7000のように変化した場合にはトリガーしない。

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-18 (土) 03:52:39 (311d)