チャーム

 シグニに裏向きで付けられるカードで、カードをこの状態にすることを「【チャーム】にする」と言います。

  • チャームになっているカードは、「【チャーム】である」以外の情報を持たず、どちらのプレイヤーも表を見ることはできません。
  • 1つのシグニに付けることができる【チャーム】は1枚までです。
  • カードテキストの指示以外で【チャーム】を任意に外すことはできません。
  • 【チャーム】が付いたシグニが場を離れた場合、そのシグニに付いていた【チャーム】は、【チャーム】としてトラッシュに表向きで置かれます。
  • 【チャーム】が付くことは状態の変化ではないので、「効果を受けない」という能力を持つシグニにも、チャームは付けることができます。

※「下に置かれる」と「付けられる」はルール上では区別され、【チャーム】は前者ではなく後者です。

 現時点で「下に置かれているカード」と「付けられているカード」は主に以下の通りです。

 下に置かれているカード・・・グロウやライズ、その他の効果によってカードを重ねることで下にあるカード
 付けられているカード・・・【チャーム】、【アクセ】
 上記のどちらでもないカード・・・(場にある)シグニ、【トラップ】、【シード】
 場にあるがカードではないもの・・・【ウィルス】、【ゲート】

 (公式サイト WIXOSS用語集 より引用)


 に出ているシグニの下に裏向きで付けられているカードのこと。

 チャームとなった裏向きのカードは非公開情報となる。お互い、めくって確認することは出来ない。
 シグニと扱いが違い、任意のタイミングでトラッシュに送ることは出来ない(チャームをコストとする場合等は除く)。

 チャームがトラッシュに置かれるときは、公開情報となるので表側に向けておく。

  • selector radio WIXOSS』での本村康祐APの言によると、「何か面白い、見た目の変化があるようなギミックを」という意図で開発された能力であるらしい。
    調整が終わり能力名を決める段階で、本村APは「傀儡」を提案したが大不評であり、最終的に「悪魔の使うお守り」というイメージで「チャーム(charm = お守り、魔よけ)」と名付けられた。
  • その一方で第64回コラムでは「相手を呪うイメージ」と表現された。悪魔にとってはお守りでも他のクラスにとっては呪いなのだろう。

チャーム効果・能力を持つカード

チャームをつける効果を持つアーツ

チャームをつける能力を持つレゾナ

チャームをつける効果を持つスペル

チャームをつける能力を持つシグニ

チャームに関連するカード

ルリグ

アーツ

レゾナ

シグニ

スペル

関連リンク

FAQ

Q:【チャーム】化されたシグニバニッシュされたり手札に戻されたりして別のゾーンに移った場合、裏向きに置いたカードはどうなりますか?
A:チャームはトラッシュに置かれます。(14/10/02)

Q:チャームとなって裏向きに置かれたシグニ(カード)を確認することは出来ますか?
A:いいえ。非公開情報となり、置いた側もめくって見ることはできません。(14/10/8)

Q:《堕落の虚無 パイモン》のように「バニッシュされる代わりにチャームをトラッシュに置く」効果で、パワーが0以下になった時の挙動を教えて下さい。
A:チャームをトラッシュに送ります。ですがパワーは0のままなのでシグニはその直後にバニッシュされます。(14/10/15)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-04 (金) 18:02:31 (68d)