カレンダー

 公式サイトで2014年12月から公開されているカレンダー。

カレンダー一覧

 2016年11月まではデスクトップ用壁紙に使える画像データで提供されていたが、情報解禁後の追記が面倒だったのか同年12月以降はヘッダー画像+テキストに仕様が変更されている。

イラスト
2014年12月《篭手 トレット》 ※新規描き起こし
2015年1月《コードアート S・M・P》 ※新規描き起こし
2月《新月の巫女 タマヨリヒメ》 (PR-123)
3月《混沌の鍵主 ウムル=フィーラ》 (WD08-001)
4月《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》 (WD09-001)
5月《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》 (WX07-001)
6月《ミュウ=イマゴ》(WD11-001)
7月《連結した廉潔 アン=フォース》(WX08-003)
8月《エルドラ×マーク0》(PR-202)
9月《開かれし極門 ウトゥルス》(WX09-001)
10月《アイヤイ★スペード》(WD12-001)
11月《炎・タマヨリヒメ・伍》(WX10-001)
12月《バロック・ディフェンス》(SP11-001)
2016年1月《新月の巫女 タマヨリヒメ》(SP13-001B)
2月《タマ》(WD13-007)
3月《コード・ピルルク VERMILION》(WX12-003)
4月《羅植 サクラ》(PR-297)
5月《新月の巫女 タマヨリヒメ》(PR-268)
6月《ゲット・ノスタルジア》(PR-289)
7月《コードアート T・A・P》(PR-295)
8月《無二の征服 アレクサンド》(PR-308)
9月《アーク・ディストラクト》(PR-313)
10月Lostorage incited WIXOSSキービジュアル・1
11月Lostorage incited WIXOSSキービジュアル・2
12月《あーや! 0》(SP20-003)
2017年1月《新月の巫女 タマヨリヒメ》(SP13-001A)
2月《カーニバル −0−》(SP29-003)
3月《リル》(WX17-CL12)
4月《始まりのルリグ》(WX17-CL01)Illust:アカバネ
5月《リル》(WX17-CL02)Illust:toshi Punk
6月《ナナシ》(WX17-CL03)Illust:I☆LA
7月《ドーナ》(WX17-CL04)Illust:コウサク
8月《カーニバル》(WX17-CL05)Illust:しおぼい
9月《グズ子》(WX17-CL06)Illust:ときち
10月《あーや》(WX17-CL07)Illust:ぶんたん
11月《メル》(WX17-CL08)Illust:斎創
12月《ママ》(WX17-CL09)Illust:村上ゆいち
2018年1月《ゆきめ》(WX17-CL10)Illust:エムド
2月《ピルルク》(WX17-CL11)Illust:DQN
3月《リル》(WX17-CL12)Illust:茶ちえ

備考

 上記の他、以下のエイプリルフール限定カレンダーがある。

カレンダー仕様レベルルリグ

 エクスポーズドセレクターアナザーカード枠で収録。テキスト欄が月単位のカレンダーになっている(上記の一覧で太字になっているものと対応)。

「カレンダーとしても使えるカード」と聞くと意外なアイデアに思えるが、WIXOSSと同じタカラトミーのTCG『デュエル・マスターズ』(DM)のブースター「革命 超・ブラックBOXパック」でカレンダーカードが収録された先例がある。
 DMのカレンダーカードは販売月の関係で発売後の数日間しかカレンダーとして使えなかったものも含まれており、その反省からか年度始めの4月を起点にした1年分が収録されている。

 イラストの題材が季節に沿ったものであれば細部はイラストレーターの自由らしく、2017年10月・12月・2018年2月では他のルリグやアニメに登場したセレクター、果てはデッキ開発おじさんウィクロスロボまで描かれている。また、TCG上のルリグタイプとしての<ゆきめ>はこのカレンダーカードが初出(現時点ではブランクカードを別にすれば唯一)である。

  • 簡体字中文版EXPOSED SELECTORでは、発売時期および現地の学校年度開始時期(9月入学・進級)の関係でテキスト部分が2017年9月〜2018年8月のカレンダーになっており、休日も中国のものに準拠している。

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-02 (金) 05:01:15 (21d)