カードの通称(つうしょう)俗称(ぞくしょう)

 よく使われる用語の内、プレイヤー間で使われるカードの通称や俗称(スラング)の一覧。《アンシエント・サプライズ》→「アンサプ」のような単に名称を縮めただけのものは割愛。
 資料的価値を重視して、道徳的にはどうか……というような語も記載している。リアルでの使用は自己責任で。

あ行

  • 赤崎侍《コードイート 八重》
    カードゲーマーVol.37付録のコラボレーションカードとなった『異世界はスマートフォンとともに。』の登場人物・九重八重のこと。アニメの担当声優が『selector』で蒼井晶役を演じた赤千夏であることと、同アニメの話題が取り上げられる場合は全般的に作中の人物名でなく主人公の望月冬夜が「スマホ太郎」と呼ばれているのを始めネットスラングの別名で呼ばれることが多いため、八重も「キャスト+キャラクター類型」からこう呼ばれている。
    「赤」の「」は正確には右上が「大」でなく「立」の異体字だが、表示環境によって文字化けする場合があるため、八重を指して「赤崎侍」と言う場合は一般的な字体の「崎」が使われる場合がほとんどである。
  • アズマ、東《フォーカラー・マイアズマ》
    「マイアズマ」を略して「アズマ」、さらに漢字変換して「東」。「マイ東」「四色東」などと表記されることもある。
    当初は《フォーカラー・マイアズマ》のみを指していたが、後にカード名に同じく「マイアズマ」を含む《フーリッシュ・マイアズマ》が登場したため、この略称が使われる頻度は低くなっている。
  • アヘ顔三角木馬《疾風怒蕩》
    ララ・ルーが初めて描かれたカード(限定条件は無し)だが、セレクター(相良瑠海)だった頃は男子の性的な視線を苦痛に感じていたはずのララ・ルーが両手を鎖で縛り上げられて三角木馬にまたがりアヘ顔を晒しているポーズは何かと衝撃的である。
    ララ・ルー自体が初登場から放置され続けベースルリグキャンペーン《RED LRIG》からも排斥されたような状態だったため、もはや第一印象の「アヘ顔」からイメージを覆すのは困難ではないかと言われていたが、2018年4月にキーカードの《ララ・ルー “スタート”》タロット《LALARU》以来2年ぶりに登場することが決定した。
    なお、アーツとしての《疾風怒蕩》コンフレーテッドセレクターで完全上位互換となる《燐機応変》が登場しているため、ネタカードとして以外に採用のメリットは消滅してしまっている。
  • アミルクアロス・ピルルク
    Lostorageシリーズに含まれる2代目のアロス・ピルルクのこと。初代のコード・ピルルクこと水嶋清衣によって新たに「ピルルク」を襲名したアロス・ピルルクの正式名称が判明するまでの間、初代と区別するため便宜的にそう呼ばれていた。外観が明らかに『peeping analyze』の橋本アミカに影響を受けている(坂口歩美とはサイドテールの位置が逆である)ことに由来する。
    ファンブックの解説ではアミカでなく坂口のイメージを反映した姿と解説されており、キャラクターデザインを担当したHitoto*も「坂口」とコメントしているが、ブルーレイ/DVD第4巻のブックレットの解説では「アミカ」と書かれているためどちらが、或いは両方とも正しいのかは未確定な(清衣のみが知る)状態である。
  • 池崎《赤羅星 ≡ゴールデンサン≡》
    フレーバーテキストがお笑い芸人のサンシャイン池崎の持ちネタから取られていることに由来。
  • エルドドン波砲(ぱほう)《クリティカル・ショット》
    フレーバーテキスト中のエルドラの台詞から。
  • 男前イオナ《アンシエント/メイデン イオナ》(WX14-018, 083)
    初出時のカードイラストでは表情やポーズが従来のイオナのイメージと異なり、ワイルドさを前面に出したものになっていることからそう呼ばれていた。後述のFAQに見られる通り初出時のイラストが不評だったためか、アンロックドセレクターにアルトアート版が再録される。
    名称の元ネタは漫画『蒼き鋼のアルペジオ』に登場する同名のヒロイン・イオナがアニメ版では原作と性格が全く異なるため「原作イオナ」や「男前イオナ」と呼ばれていたことに由来すると思われる。
    • 関連FAQ(2017/05/16)
      Q:《アンシエント/メイデン イオナ》のイラストが気に入らないので、イラストの部分に他のイオナのイラストを張り付けて大会で使用することは可能ですか? テキストには張り付けません。
      A:可能ではありません。イラストが本来のカードと異なりますと対戦相手にカードを誤認させる可能性が高くゲームの進行への悪影響も懸念されますのでそのような行為はお控えください。
  • おばさん《先駆の大天使 アークゲイン》
    「ゲインおばさん」とも。比較的大人に見えるイラストからこう呼ばれる場合がある。
    強力な常時能力タマの必殺カードになっていることから、どちらかというとタマ使い以外からの憎しみが込められている感があったが、繭の部屋の2枚制限対象となってからは下火になっている。
  • おやすみルリグ
    ルリグがキミの元にやってくる! キャンペーンプロモカード各種と???メタルプレートレベル0ルリグを合わせた総称。
    絵柄が睡眠時のものであることから。Lostorageで登場したルリグ(一部は裏面が始まりのルリグになっている)は、公式で「ナイトルリグ」と呼ばれている。

か行

さ行

た行

  • ダークゲイン:《千苦の大天使 †アークゲイン†》
    闇堕ち前の《先駆の大天使 アークゲイン》と区別するため、「暗い」「闇の」といった意味で使われることの多いダークアークと引っ掛けた通称。
    同じパターンで《未来の噴陰 †アークホールド†》も「ダークホールド」と呼ばれることがある。
  • タライ・ラック《トライ・ラック》(PR-459F)
    このプロモカードは6種類のイラストパターンがあり、ウィクロスマガジンVol.9付録としてどれか1種類がランダムで出る仕様になっている。PR-459Fのイラストは被害者ちゃんが「タライ。」を引き当ててしまい、頭に金ダライが降って来ると言う古典的ギャグを描いたものなのでこの別名で呼ばれる。
  • 血の代償《閻魔 ウリス》(PR-244)
    本来は「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム」の罠カードだが、2015年12月開催のコミックマーケット89および全国の献血ルームで実施された献血応援イベント用のプロモカードが400ml献血の特典だったためこう呼ばれている。ネタ元のTCGに出て来た《お注射天使リリー》と違ってカードの作成に際しては日本赤十字社から赤十字標章の使用許諾を受けているので安心しよう。
    このイベントの配布物はプロモカード以外に他のアニメのポスター3枚もセットになっているが、そのうちの1作『少女たちは荒野を目指す』は『selector』シリーズと同じ佐藤卓哉監督の作品である。

な行

は行

ま行

や行

ら行

英数字・その他

  • 1円さんトークン「初心者です」
    コンフレーテッドセレクターアナザーカードとして収録された、アニメ『Lostorage incited WIXOSS』第1話で墨田壮が初登場したカットのトークン
    墨田がネタキャラとして人気なこともあり、名古屋の某店で1枚1円の買い取り広告を出していたところ(恐らくアニメを見ていないプレイヤーから)「1円さん」と呼ばれるようになったことに由来する。
  • RPGくん《コードアート R・P・G》
    イラスト担当の漫画家・佃煮のりおの代表作は女装少年が主人公であることや意味深なフレーバーテキストもあり、体型的に♂であるとは考えにくいにも関わらず男の娘と見られているため「くん」付けで呼ばれる。
    また、Twitterを中心に本人のペンネームから取った「のりお」とも呼ばれているが、のりお氏本人は「やめてくれ」と発言しているので程々に。
  • ×エニ《バツ・エニー・アザー》
    そのまま「バツエニ」と読む。
  • (ゝڡ・)《篭手 トレット》
    「てへぺろ」を現す顔文字。「ڡ」はアラビア文字で、読みは「点無しファー」(dotless feh)。知識が増えてとくしたなー。

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-07 (水) 04:54:39 (194d)