ウリス

 黒ルリグとして最初に登場したルリグタイプで、いわゆる「インフェクテッド組」に分類されるが他の4体(タマ花代ピルルク緑子)よりやや遅れて実装された。基本的には黒ルリグだが、ビギニングセレクターでは無色レベルルリグが登場している。構築済みデッキブラックデザイアとその改良版のspec selector[浦添伊緒奈]BLACK DESIRE -movie ver.-、そして2017年4月に発売されたブラックコンフレーショングズ子とのWデッキ)を加えて3.5種と、登場時からライバル関係のタマ(4種)に次いで全ルリグタイプ中2番目に多い。

 ルリグ自体の得意戦術はトラッシュの枚数増加とシグニパワー低下。
 限定のシグニスペルアーツには「スーサイド(自殺的)」ながら強烈な効果が多く、それらで強引に戦局を支配して勝つ流れとなる。
 限定条件付きのシグニは主に悪魔で構成されている。最初期から登場しているタマ花代ピルルク緑子はいずれも登場時からメインクラスとサブクラスのシグニがあったのに対し、ウリスはやや遅れて実装された関係もあるのか登場時から一貫してサブクラスを持たず悪魔一筋である。

 カード名はレベル0のものを除いて《〇〇の閻魔 ウリス》という形で統一されている。
 「〇〇」に入る単語は主に仏教における地獄の階層の名前や、それに関係する言葉である。

  • アルファベット表記はタロットによればUrithだが、アニメの北米版ブルーレイ字幕ではUlithとされている(『infected』第10話に合わせて「浦添イオナファンの集い」の告知が行われたTwitterアカウントも@iona_ulithだった)。簡体字中文版の表記は乌莉丝(ウリス)(繁体字表記「烏莉絲」)。
  • 初出のブラックデザイアでは中性的な口調だったが、ステアードセレクター以降のフレーバーテキストや後述のアニメでは女性的な口調に統一されている。
  • 初期の頃はTCGとアニメの双方でタマのライバル的なポジションに位置付けられており、今でも映画公開記念構築済みデッキに見られるようにコラボレーションでもその関係が活かされている部分はあるものの『spread』からはタマの対のポジションがイオナ(クロ)となった事とラスボス戦が繭&ウリスペアとなった事もあり、このあたりからはむしろ繭の対のポジションとしての位置付けが強い。映画『destructed』では前半と後半それぞれのナレーションが繭とウリスという構成だったり、TCGにおいても両者のレベル5は「創世」と「虚無」という対の名前が当てられるなど、どちらも無色ルリグ/互いにという対になるレベル5を持っている(ただし、繭については「紡ぐ者」と「マユ」であり、ルール上は別ルリグの扱いとされる)。

関連カード

  • ■:のカード
  • 無色のカード

 ★は準限定(ウリス以外でも使えるが、ウリスが使用した場合に特有の効果やコスト軽減がある)カード。

ルリグ

アーツ

シグニ

シグニライフバースト

スペル

スペルライフバースト

その笑みは嗜虐――『selector』シリーズにおいて

担当声優は今となっては悪役声優として名高い釘宮理恵。第一期から劇場版までの映像作品全てに登場する。
特に劇場版『selector destructed WIXOSS』では「真の主役」といってもよい扱いを受けており、ここでようやく公開された設定も多い。

infected―ネタバレ注意
spread―ネタバレ注意
destructed―ネタバレ注意

『Lostorage』シリーズにおいて

 本人は登場していないが、言動や性格が酷似している里見紅?という男性が登場する。
彼は一部のウリスの口癖をそのまま流用する程で、放送時から現在まで里見とウリスの関連性について(スレが荒れるほどに)議論され続けている。里見本人はincited最終回で「自分の生まれはルリグ」と申告している為、そこで本人の可能性はほぼ消えたと言え、その後は本人説を推す者は少なくなっている。ただ、ウリスがTV版劇場版どちらの結末で見ても彼の現在いる場所が本シリーズで事件が起きている白窓の部屋から出ている可能性は低い為、何かしら事件に絡んでるのではないかと現在も疑われている(里見はウリスの人格や記憶を持っている説、黒幕はウリス説など)。

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-06 (金) 16:07:03 (173d)