【繭が最終話で使用していたデッキ】

デッキの概要

 TVアニメ『selector spread WIXOSS』の11話〜最終話において、ウリスから指名を受けてセレクターとなった繭が使用したデッキ。
 selector radio WIXOSS公式ホームページの「番組おすすめデッキ」にて、カードリストが公開された。
 《虚無の閻魔 ウリス》へのグロウを目的にしており、様々な色のバニラシグニを多く採用している。
 また2枚入っている《ブラック・デザイア》の発動条件を満たすためか、トラッシュを肥やすカードも多めに入っている。

 実は、放送当時の環境でも強いデッキとは言えなかったりする。
 色を揃えるためとはいえ、幾らなんでもバニラシグニが多すぎ、防御用アーツは強力だが使いにくい《ブラック・デザイア》だけ、《堕楽の一目 アーリマン》を採用しているのにチャームを付ける手段が無く、起動能力は使えない。
 更には《虚無の閻魔 ウリス》の強力な常時能力である「アーツとスペルの限定条件解除」「エナゾーンにある全カードのマルチエナ化」「無限大のリミット」の恩恵を受けられるカードが殆ど入っていない点がコンセプトとして致命的である。
 このような具合に構築の甘さが目立ち、セレクターとしては実戦経験の浅い繭らしさが垣間見えるデッキとなっている。
 しかし最終決戦ではるう子をライフクロス残り0枚の状態にまで追い込んでいる。実戦経験の無さは如何ともし難かったが、プレイセンスの素養はあったようだ。

※公式大会等で顕著な成績を残しているわけではないが「原作やアニメを知る上で有用なデッキ」として記録する。

カード一覧

ルリグデッキ

メインデッキライフバースト有)

メインデッキライフバースト無)

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-20 (水) 03:28:29 (1210d)