【サーバントデッキ】

デッキの概要

 メインデッキの殆どを《サーバント》を含むシグニで統一したデッキ。
 通称は「鯖デッキ」。
 このデッキはメインデッキのカードの殆どがガード能力を持つシグニなので、ルリグからの攻撃に対して耐性が高いという利点がある。
 普通のデッキにおいてガード能力持ちの《サーバント》を含むシグニはルリグのアタックを防ぐ防御手段であるが、このデッキはそれと同時に、《集結する守護》《サーバント Y》といった、《サーバント》を含むシグニを攻撃力に変換するカードを積極的に利用し、高い突破力をもって相手に攻め込んでゆくことを目的としている。

カード名集結する守護[シュウケツスルシュゴ]
カードタイプスペル
コスト無(7)限定条件-
このスペルを使用するためのコストはあなたの場にあるカード名に《サーバント》を含むシグニ1体につき、[無]コストが2減る。

以下の2つから1つを選ぶ。
①あなたのトラッシュからカード名に《サーバント》を含むシグニを2枚まで手札に加える。
②ターン終了時まで、カード名に《サーバント》を含むあなたのすべてのシグニのパワーを+5000し、それらは【ランサー】を得る。

デッキ構築に際して

ルリグについて

 《サーバント》を含むシグニに関連するカードは現在のところ限定条件を持たないので、どんなルリグを選択するかは自由である。
 同じサーバントデッキでも、使用するルリグとその限定条件を持つカード、また最終レベルをいくつにするかでデッキの性格が大きく変わってくる。
 サーバントデッキと相性の良いルリグは後述の「デッキの種類」を参照。

アーツについて

レゾナについて

シグニについて

  • 《サーバント X》
     レベル4  他の《サーバント》を含むシグニパワー+3000を付与する。
     複数展開できれば並みのシグニでは突破できないパワーラインを作り出すことができる。
    起動能力で無色(3)を払うことでデッキから《サーバント》を含むシグニを呼び出すことができるが、コストの重さ故にゲーム中に何度も使用することはできないだろう。
  • 《サーバント Z》
     レベル4。  エナゾーンから名前の異なる<精元>のシグニ8枚をトラッシュに置くことで対戦相手の手札とエナゾーンのカードを全て除外できるという、豪快な起動能力を持ったサーバント。
     使用コストを揃えるのはサーバントデッキであっても厳しいが、手札とエナゾーンカードを全て除外されるというのは状況によっては立て直しが不可能になるほどの大被害であり、使用から即ゲームエンドに繋がりかねない強力な効果である。
     この能力は、エナゾーンの増加・操作に秀でた緑子と相性が良い。
     また、出現時能力で無色(3)を払って《サーバント X》《サーバント Y》を1体づつリクルートできるが、コストが重い上、それ自体がエナゾーンの増強に繋がるわけではないので、自身の起動能力とは噛み合っていない。また《サーバント X》《サーバント Y》はどちらもレベル4のシグニのため、ルリグがバニラのレベル4、もしくはレベル5でないと完全な状態で能力を使えないという欠点がある。
     繭の部屋の更新により2016/08/04に使用禁止カードに指定されたため、現在では使うことが出来ない。

スペルについて

デッキの種類

代表的なサーバントデッキ。

サーバント型《轟炎 花代・爾改》

 通称は「鯖爾改」。
 お手軽にランサーを生み出せる《集結する守護》は2止めの速攻デッキと相性が良く、その代表格である《轟炎 花代・爾改》では多く採用された。
《轟炎 花代・爾改》のパワー増加能力もあって、対戦相手ルリグがレベル4以上になった後半戦でも突破力を維持できるのが強み。
 またエナゾーンが自ずとマルチエナ率が高めとなるため、使用できるアーツの色の幅が広く、速攻から耐久までオールラウンドに対応できる。

サーバント型2止めピルルクorリメンバ

 《龍滅連鎖》《ロック・ユー》を組み合わせる詰め手段が、2止めのピルルクリメンバの一般的な勝ち筋となっている。
 《集結する守護》が登場した直後の環境においては《ロック・ユー》に制限がかかっていなかったため、《集結する守護》の攻撃力と、《スピリット・サルベージ》《烈情の割裂》と組み合わせた複数枚の《ロック・ユー》で詰めを行うデッキが台頭していた。

【集結ファフオーラ型2止めタマ】

 《集結する守護》の攻撃力と、《ファフニール》《アーク・オーラ》《一覇二鳥》を組み合わせ、短期決戦を狙った速攻デッキ。
 数ある速攻デッキの中でも最速の部類に属し、最速3ターン目のゲームエンドも可能であるが、その分息切れが早く、相手の妨害に弱いという弱点がある。

サーバント型《コード・ピルルク Λ》

 《コードアート C・L》《コードハート V・A・C》《集結する守護》トラッシュから回収できるという強みがある。
 また、手札補充に秀でた【ピルルク】であれば、《サーバント Y》の起動能力のコストを稼ぎやすい。

サーバント型【ミルルン】

 《MAGIC HAND》《集結する守護》をサーチできる。
 前述したサーバント型ピルルクのように、《コードアート C・L》を使ったスペルの回収と再利用も、比較的容易に出来る。

緑子Z

 緑子が得意とするエナブーストで《サーバント Z》の起動能力の使用を狙うデッキ。
 単純にエナを増やすだけではなく、《冒険》《一蓮托生》など、デッキから特定のカードをエナゾーンに送るカードを使い、比較的簡単にコストを揃えることができる。
 緑子のサーバントデッキは、レベル5の《五型緑姫》を使う場合、エクシード5の使用時にエナゾーンカードを多少は残しやすいという強みがある。
《四型貫女 緑姫》ランサーを付与でき、トラッシュからのサーバント回収も《サーバント Z》とはあまり関係がないので、サーバントデッキの中では唯一、《集結する守護》が入らない可能性のあるデッキ。
《サーバント Z》は繭の部屋の制限ルールによって禁止カードになったため、現在は使うことのできないデッキタイプである。

このデッキの弱点

 弱点は各デッキタイプごとに異なるが、多くのデッキが《集結する守護》をキーカードにするため、《ブラック・コフィン》によってそれを封じられるのは大きな痛手。
《集結する守護》はパワーに増加修正を加えるスペルであるため、《フィア=ヴィックス》によって殆ど存在価値を失ってしまう。もともとのパワーが低い2止め系のデッキは特にダメージが大きい。
 また、自ずとエナゾーンはマルチエナの比率が高くなるため、《幻竜 グリアナ》《幻竜 エキドナ》によるエナ破壊も受けやすくなる。

代表的なカード

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-24 (土) 04:16:37 (517d)