【コード ピルルク・Ω(オメガ)

デッキの概要

 《コード ピルルク・Ω》起動能力を使い、対戦相手手札を削って妨害することを念頭に置いたデッキ。

カード名コード ピルルク・Ω[コードピルルクオメガ]
カードタイプルリグルリグタイプピルルク
レベル4リミット11グロウコスト青(3)
【起】手札から青のシグニを1枚捨てる:対戦相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

デッキ構築に際して

アーツについて

 カードを2枚ドローできる《ドロー・ツー》シグニアタックから身を守る《ドント・ムーブ》《バロック・ディフェンス》、ノーコストでエナゾーンが増やせる《チャージング》は最有力候補。
 ハンデスを完了しているならば《ワースト・コンディション》で相手シグニを始末してダメージを通せる。
 トラッシュに落ちたシグニを回収できる《サルベージ》や相手のスペルアーツを牽制出来る《ロック・ユー》なども便利。
 他にはコストこそ重いものの、4つのモードから2種類を選択して使用できる強力なアーツ《ゼノ・マルチプル》や3つのモードから1種類を選択して使用できる《アンシエント・サプライズ》などがある。
 手札を捨てさせることでガードを封じるこのデッキでは《アーク・ディストラクト》が切り札となる。

シグニについて

 ハンデスを行う出現時能力を持ち、貴重なバニッシュスペルである《BAD CONDITION》を使いまわせる《コードハート V・A・C》はぜひ投入したい。
 水獣シグニを多めに積む場合、パワーを増加させる常時能力を持つ《幻水姫 スパイラル・カーミラ》も候補。
 《コード ピルルク・Ω》起動能力にはコスト手札シグニが必要なので、ドローソースとして《幻水 シャークランス》《幻水 アライアル》はほぼ必須。
 特に《幻水姫 スパイラル・カーミラ》を採用する場合、パワーが同レベル帯の中ではかなり高くなるのでバニッシュされにくくなる。

スペルについて

 にはバトル以外で対戦相手シグニバニッシュする手段が少ない。ハンデスが基本戦術となるため、《BAD CONDITION》は入れておきたい。
 またドローカードである《THREE OUT》ライフバーストが強力な《FREEZE》も採用候補か。

デッキの種類

電機

 精械電機のシグニを多く採用した型。
ドローを行うライフバーストを持ち、ダウンすることでデッキトップの電機シグニを手札に加える起動能力を持った《コードアート G・R・B》や、電機シグニトラッシュから回収できる《コードアート M・G・T》が優秀。
 カードパワーはそれほど高くないため、序盤はドローカードで手札を安定させつつ、中盤以降でパワーの高い《コードアート A・D・B》《コードアート A・S・M》アタックライフクロスを削っていく。
 水獣型に比べると青のシグニを直接手札に呼び込めるので、《コード ピルルク・Ω》起動能力を使いやすい。

水獣

 精生水獣のシグニをメインに据えた型。 ダウンコストドロー出来るものと、水獣シグニがいることでパワーが上がる常時能力を持つものの2種類が存在する。
 特に後者は《幻水姫 スパイラル・カーミラ》常時能力と合わせて大幅なパワー増加が見込めるため、《BAD CONDITION》バニッシュできない《先駆の大天使 アークゲイン》を処理出来る等電機型に比べてバトルに強くなる。

黒タッチ型

 攻守共に強力な《アンシエント・サプライズ》が入って古代兵器のシグニ数枚を挿した型。
 ピルルクが苦手とするライフクロスクラッシュリフレッシュにより誘発できる他、《太陽の巫女 タマヨリヒメ》デッキでバウンスされた後に盾となる古代兵器シグニを出すことができるようになる。
 また、【セイリュベイア】の対策にもなる。

このデッキの弱点

 シグニゾーンを開ける手段が薄いため、他のデッキに比べてライフクロスクラッシュするのが難しい。
 《修復》ライフバーストから出ただけでもかなり辛い戦いを余儀なくされるだろうし、メタカードの《全身全霊》も少ないエナコストで使われてしまう。
 ライフクロスクラッシュする手段が出るまでは逆風が続くだろう。

代表的なカード

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-09 (木) 10:31:01 (866d)