【ウムル】

デッキの概要

 古代兵器シグニが持つトラッシュからに出せる能力を活用して、様々なコンボで対戦相手ライフクロスクラッシュを狙う。
 《創造の鍵主 ウムル=フィーラ》起動能力では、対処が困難な《先駆の大天使 アークゲイン》バニッシュすることもできる。

 また、ブラックウィルでの追加により、シグニトラッシュからに出して《コードアンチ ネッシー》常時能力対戦相手シグニゾーンを空けていくスタイルや、バニラの低レベルルリグの登場により《ロスト・テクノロジー》を軸にした速攻型デッキが構築可能となった。

デッキ構築に際して

ルリグについて

−レベル5

−レベル4

アーツについて

シグニについて

−レベル4

−レベル3

−レベル2

−レベル1

スペルについて

デッキの種類

《開かれし極門 ウトゥルス》

 《開かれし極門 ウトゥルス》《コードアンチ ヨグソトス》《混沌の豊穣 シュブニグラ》を採用した型。
 【ウムル】をベースにすることで《コードアンチ ヨグソトス》《コードアンチ アシレン》のコンボを利用でき、《コードアンチ ヨグソトス》《混沌の豊穣 シュブニグラ》ヘブンした時能力によるコンボで対戦相手シグニを一掃できる。
 3枚しか使用できないアーツを十分吟味し、《混沌の豊穣 シュブニグラ》常時能力で得られる耐性と《開かれし極門 ウトゥルス》起動能力で防御を補いたい。

2止め《ロスト・テクノロジー》

通常のデッキであってもライフクロスクラッシュ手段として優秀な《ロスト・テクノロジー》を、レベル2の時点で連打して速攻をかけるデッキタイプ。

《白亜の鍵主 ウルトゥム》

古代兵器と黒天使を混ぜて戦う。毎ターンシグニトラッシュが狙え、エナを払って防御アーツで攻撃を防いでいるとエナも毎ターントラッシュし続ける事になり、相手の盤面手札エナが壊滅する。その性質上持久戦に滅法強い。コイン獲得とエクシード能力を持っていて防御の対応がしやすい。

このデッキの弱点

 手札エナゾーンカードが枯渇すると、途端に戦法が単純化してしまう。反面対戦相手エナゾーンカードは増えやすい。
 また、《不可解な誇超 コンテンポラ》を軸にした【アン】を非常に苦手とする。
 対戦相手エナゾーンカードの消費を強いるような、盤石な布陣と圧倒的な勢いで望む必要がある。

 また、古代兵器を切り札とするデッキであるが、それゆえに同じ古代兵器の《コードアンシエンツ ヘルボロス》は天敵中の天敵。
 何としてでもアタックフェイズに除去したいが、レベル5故にパワーが高くパワーマイナスでの除去は難しい。

代表的なカード

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-25 (月) 19:21:03 (692d)