魏軍(ギグン)鬼嫁(オニヨメ) シュンカ》

カード名魏軍の鬼嫁 シュンカ[ギグンノオニヨメシュンカ]
カードタイプシグニクラス精像:武勇
レベル2パワー5000限定条件カーニバル限定
フォーマットK
【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたのトラッシュに<武勇>のシグニが10枚以上ある場合、[黒]を支払ってもよい。そうした場合、対戦相手のレベル2以下のシグニ1体をバニッシュする。
【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたのトラッシュに<武勇>のシグニが20枚以上ある場合、対戦相手のレベル3以下のシグニ1体をバニッシュする。
【ライフバースト】:カードを1枚引く。

 ユートピアで登場したレベル2・精像武勇カーニバル限定のシグニ

 アタック時にエナ1でレベル参照バニッシュを放ち、条件を満たせば無償でもう1体バニッシュできる能力は、一見レベルシグニとしては強力なようで実は扱いが難しい。
 レベル2のシグニに出せるようになったタイミングでトラッシュ武勇シグニ10枚以上の条件を満たすのは敷居が高く、ルリグデッキカードデッキを削ってようやく達成といったところ。
 それでも精元シグニスペル《弩書 ザ・ロウ》などがトラッシュに落ちてしまい、条件を満たせないこともままある。

 加えて、比較的序盤から使えるようになる上段の能力はともかく、下段側の発動は困難を極める。
 武勇シグニだけで20枚が貯まる時点では、恐らくガードに回した精元シグニも複数トラッシュにいる。
 そのため、普通の構築ではトラッシュが30枚近くなったリフレッシュ寸前の状況であることは想像に難くない。
 リフレッシュ寸前に一度使うだけならともかく、継続して使おうとするとトラッシュ枚数を維持する必要があり、運用するだけでも一苦労だろう。

 しかし、《アロス&コードピルルク KEY》を採用してメインデッキに入れる武勇シグニ以外のカードの枚数を極端に少なくするなど、能力の発動をしやすくする方法はある。
 無償で使えるレベル指定バニッシュはやはり強力であり、継続して運用できる体制さえ整えてやれれば、鬼のような活躍を見せてくれるだろう。

  • 張 春華(ちょう しゅんか)」は、後漢末から魏の人。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:トラッシュに<武勇>のシグニが9枚ある状態でアタックし、上段の自動能力の《黒》をエナゾーンにある<武勇>シグニで支払うことで、トラッシュにある<武勇>のシグニを10枚にすることで対戦相手のレベル2以下のシグニをバニッシュすることはできますか?
A:いいえ、できません。上段の自動能力はトラッシュに<武勇>のシグニが10枚ある状態でなければ《黒》を支払うことができないためです。

Q:トラッシュに<武勇>のシグニが19枚ある状態でアタックし、上段の自動能力の《黒》をエナゾーンにある<武勇>シグニで支払うことで、トラッシュにある<武勇>のシグニを20枚にすることで、下段の自動能力で対戦相手のレベル3以下のシグニをバニッシュすることはできますか?
A:はい、可能です。それぞれの自動能力は発動する際に、トラッシュの<武勇>のシグニを枚数を満たせば、条件に合うシグニをバニッシュすることができるためです。

Q:上段の自動能力はレベル2以下のシグニがない場合でも《黒》を支払うことはできますか?
A:はい、上段の自動能力はレベル2のシグニがいない場合でも《黒》を支払うことができます。その場合、「対戦相手のレベル2以下のシグニ1体をバニッシュする」は実行されません。

Q:トラッシュに<武勇>のシグニが30枚ある状態でアタックし、上段の自動能力を3回トリガーさせ、対戦相手のレベル2以下のシグニを3体バニッシュすることはできますか?
A:いいえ、上段の自動能力は10枚につき1回トリガーする能力ではないためできま


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-21 (月) 18:00:42