贖罪(しょくざい)対火(たいか)

カード名贖罪の対火[ショクザイノタイカ]
カードタイプスペル
コスト赤(3)限定条件花代限定
対戦相手のパワー12000以下のシグニ1体をバニッシュする。ターン終了時まで、あなたのルリグはダブルクラッシュを得る。
【ライフバースト】:あなたのライフクロス1枚をトラッシュに置く。そうした場合、対戦相手のライフクロス1枚をクラッシュする。

 サーブドセレクターで登場した花代限定のスペル

 コストは高いがレベル4の能力持ちシグニならほぼバニッシュでき、さらにルリグダブルクラッシュを得るため、この効果を活かしてそのターン中に勝負を決めることはできないが、有用性は高い。
 《アーク・ディストラクト》とは相性が良い。

 しかし強力なスペル効果とは逆にライフバーストはデメリットの塊と言っても差支えない。
 ライフバーストが発動するということはライフクロスが削られているということなのに、さらにライフクロスを1枚削ってしまっている。

 対戦相手ライフクロスも削っているが、対戦相手クラッシュなのでチェックゾーンライフバーストの有無をチェック後にエナゾーンに送られるのに対し、こちらはトラッシュに置いているのでチェックゾーンライフバーストは発動せずエナゾーンにも置かれないためまるで釣り合っていない。
 幸いライフバーストは強制発動されるわけではなく、発動しないことも選べるため、元々ライフバーストなどないものとして考えた方が良い。

 スペル効果自体は優秀なので、デッキに入れるライフバースト持ち20枚に当てがないときなどに採用してみてもいいかもしれない。

収録パック等

FAQ

Q:バニッシュ出来るシグニが居なくても使用することは出来ますか?
A:出来ます。実現不可能なことを要求している場合、可能な部分だけを実行します。バニッシュ出来るシグニが居なくても使用出来ますし、ダブルクラッシュを得ることが出来ます。

Q:ライフバーストの「あなたライフクロス1枚をトラッシュに置く」は強制ですか?
A:強制です。しかし、ライフバーストそのものを発動させるかどうかはあなたが選ぶことが出来ます。

Q:ライフバースト時、自身のライフクロスが0枚、相手のライフクロスが1枚あります。どのような処理になりますか?
A:“1枚置く、そうした場合”とありますので、1枚置けなかった場合は対戦相手ライフクロスにも何も起こりません。

Q:《贖罪の対火》を使用し、対戦相手シグニを選択した後、対戦相手《奇奇怪怪》使用し、選択したシグニパワーが13000以上となりました。《贖罪の対火》によってルリグダブルクラッシュを付与することは出来ますか?
A:出来ません。この場合、シグニバニッシュすることが出来ないため、《贖罪の対火》の効果は終了し、そのままトラッシュに置かれます。

Q:《贖罪の対火》を使用し、対戦相手シグニを選択した後、対戦相手《ブラッディ・スラッシュ》使用し、選択したシグニトラッシュに置きました。《贖罪の対火》によってルリグダブルクラッシュを付与することは出来ますか?
A:出来ません。この場合、《贖罪の対火》は立ち消えとなります。効果は終了し、そのままトラッシュに置かれます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-04 (月) 11:07:19 (808d)