罠書竜(ビンショリュウ) ティアマー》

カード名罠書竜 ティアマー[ビンショリュウティアマー]
カードタイプシグニクラス精生:龍獣
精武:ウェポン/トリック
レベル4パワー12000限定条件-
フォーマットK
【自】:このシグニがアタックしたとき、手札から黒のシグニを1枚捨ててもよい。そうした場合、ターン終了時まで、表記されているパワーと異なるパワーの対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
【出】[黒] 手札から黒のシグニを1枚捨てる:あなたのデッキの上からカードを3枚公開する。その中からこの能力のコストで捨てたシグニと共通するクラスを持つシグニを2枚まで手札に加え、残りをトラッシュに置く。
【ライフバースト】:手札を1枚捨てる。対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。

 コリジョンで登場したレベル4・精生龍獣精武ウェポン/トリックシグニ

 自動能力は自身がアタックした時に手札からシグニ1枚を捨てる事で「表記されているパワーと違うパワー」の対戦相手シグニ1体をバニッシュするというもの。
 パワーが上がっていても反応する為のパワーブラスによる防御を手札1枚で無力化出来る。
 そうでなくてもパワーマイナスが得意なでは対象を用意するのは容易い。
 欠点を上げるとするなら自身がパワー変化能力を持たないことで、その手段を外部に頼る必要がある程度である。

 出現時能力エナ1つと手札からシグニを1枚捨てる事でデッキの上からカード3枚を公開し、この能力コストで捨てたシグニと共通するクラスを持つシグニを2枚まで手札に加えるというもの。
 類似能力を持つ《コードVL 鈴鹿詩子》と比べると、コストが指定され公開枚数が少ない上にガード能力を持つシグニ手札に加えることができない点が非常に辛い。
 リソース回収能力としてはかなり後手に回ってしまっている為、手札から捨てるコストを最大限に活かしていきたい。
 もしくはこの能力はおまけと割り切り自動能力をメインにしたアタッカーとして採用するのも充分に考えられる。

 ウリスではリソースの雑な回収と微量なパワーマイナスにも敏感に反応する攻撃的な能力により適正は高いものの、グズ子ナナシでは各種独自ギミックとの親和性が低く、同じクラスを持つ汎用枠の1つ以上の用途は難しい。

収録パック等

FAQ

Q:「表記されているパワーと異なるパワー」とはどういうことですか?
A:パワーをプラスマイナス修正する効果や、「パワー8000になる」などパワーを特定の値にする効果など、何らかの処理によってシグニの左下に記載されている数値と現在のパワーが異なっている状態を指します。

Q:対戦相手のシグニを《鎧終一触》などで《サーバント ZERO》にしました。そのシグニの元のパワーが1000以外だった場合、このシグニの自動能力でバニッシュできますか?
A:いいえ、《サーバント ZERO》にする効果や《カーニバル −K−》などで「同じカードにする」効果は「そのシグニになっている」という扱いであり、元のシグニが何であろうとそのシグニの表記されているパワーはそのシグニになった後のパワー(《サーバント ZERO》なら1000)となります。別の効果でさらにパワー修正されていない限り、《サーバント ZERO》はこの自動能力でバニッシュできません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-25 (火) 23:16:49