弩炎(どえん) フレイスロ通信兵(つうしんへい)

カード名弩炎 フレイスロ通信兵[ドエンフレイスロツウシンヘイ]
カードタイプシグニクラス精武:ウェポン
レベル4パワー12000限定条件花代限定
【常】:このシグニがバニッシュされる場合、代わりにあなたの場にある他の<ウェポン>のシグニ1体をバニッシュしてもよい。
【自】(ターン1):このシグニがアタックしたとき、あなたの他の<ウェポン>のシグニ1体をアップする。
【出】[赤]:このシグニをチアガールにする。
【ライフバースト】:あなたのトラッシュから<ウェポン>のシグニ1体を手札に加えるか場に出す。

 アンブレイカブルセレクターで登場したレベル4・精武ウェポン花代限定のシグニ

 常時能力は自身がバニッシュされる場合、代わりに他のウェポンシグニ1体をバニッシュ出来るというもの。
 通常シグニゾーンを守る動きが多いチアガールとしては異色の存在と言える。
 とは言え態々このシグニを狙ってくるかは微妙な為保険程度に考えておくとよいが、「自身を含む複数のウェポンシグニバニッシュされる」場合は「バニッシュが確定した他のウェポンシグニに自身のバニッシュを押しつけて自分は生き残る」事が出来るので《ブラック・デザイア》のような全体除去を受けた時に役立つ。
 また、パワー0以下なることによるルール処理によるバニッシュも身代わり対象である為「ルール処理によるバニッシュを味方に肩代わりしてもらった→パワー0なのでルールによるバニッシュが発生する→...」となり味方を全滅させる事も一応可能である。

 自動能力はターン1回、自身がアタックした時に他のウェポンの1体をアップさせるというもの。
 自身の生存率の高さから発動機会は多いものの、その生存率の代償が味方である為対象が存在しないという事もあり得る。
 《轟炎 フレイスロ准尉》と合わせる事で同一ウェポンシグニを3回アタックさせる事が可能になり、《弩炎 フレイスロ少佐》を再攻撃させると例え対戦相手ライフクロスが7枚でもワンショットキルが成立する。

 他の高レベルフレイスロを含むシグニと違い除去能力を持たないものの、チアゾーンからのアタックによる物理的な面空けが可能な為、効果除去に反応するウェポンシグニ以外にはそこまで差は生まれない。

収録パック等

FAQ

Q:チアゾーンとチアガールのルールを教えてください。
A:用語集「チアゾーン」をご参照ください。

Q:「すべてのシグニをバニッシュする」という効果で、他の<ウェポン>と一緒にこのシグニがバニッシュされる場合、この常時能力で代わりに他の<ウェポン>をバニッシュできますか?
A:はい、できます。その場合、このシグニは場に留まります。

Q:バトルの結果によるバニッシュや、パワーが0になったことによるバニッシュもこの常時能力で置き換えられますか?
A:置き換えられますが、パワーが0以下である場合、バニッシュを置き換えたとしてもパワーは0のままですので、直後に再度バニッシュされます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-16 (木) 08:45:33