弩炎(どえん) フレイスロ大佐(たいさ)

カード名弩炎 フレイスロ大佐[ドエンフレイスロタイサ]
カードタイプシグニクラス精武:ウェポン
レベル4パワー12000限定条件-
【常】:このシグニがアタックしたとき、あなたのデッキの上からカードを3枚トラッシュに置く。その後、この方法でトラッシュに置かれた<ウェポン>のシグニの枚数が1枚の場合、対戦相手のパワー3000以下のシグニ1体をバニッシュする。2枚の場合、対戦相手のパワー8000以下のシグニ1体をバニッシュする。3枚の場合、対戦相手のパワー15000以下のシグニ1体をバニッシュする。
【ライフバースト】:パワーが「あなたのトラッシュにある<ウェポン>のシグニの枚数×3000」以下の対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。

 フォーチュンセレクターで登場したレベル4・精武ウェポンシグニ

 デッキの上から3枚をトラッシュに置き、その中のウェポンシグニの枚数でバニッシュ対象の範囲が決められる。
 ウェポンシグニが多いほどバニッシュ効果の範囲が大きくなるのだが、仮にメインデッキを全てウェポンシグニにしたとしても無色シグニガード能力に頼らずにレベル4まで耐えるのは危険性が大きい。
 しかしウェポンシグニ以外のカードトラッシュに置かれれば火力が大きく下がるので、捨て身覚悟の構築をするか2枚捲れば十分程度の期待に留めるかの2択を迫られている。

 ただ流石にこのシグニ自体もレベル4というだけあってパワーもそこそこあるので、正面にいる対戦相手シグニが同レベルバニラレベル5でないかぎりパワー8000以下のシグニバニッシュできれば十分であることも多い。
 何よりアドバンテージの消費が嵩みやすいバニッシュ能力が実質無消費で使えるのだから実際は破格の効率であるともいえる。
 安定性、或いは安全性に難こそあるがウェポンシグニをメインとするなら十分バトル要員として検討できるだろう。
 尚、サポートを受けられるフレイスロを含むシグニはサーチの質が高く、レベル4時点でデッキ内のウェポンシグニが半数以上トラッシュ送りという事も割とある為逆に肩身が狭いというジレンマを抱える。

  • “Framethrower”は火炎放射器のこと。肩書の「大佐」はCAVEのシューティングゲーム『怒首領蜂』シリーズの登場人物シュバルリッツ・ロンゲーナ大佐が由来と思われる。蜂のような外見は『怒首領蜂II』でステージ1をクリアした際に表示される「浄化 -KO-」が元ネタであろう。 火炎を尻から噴射しているのは、漫画『魔法陣グルグル』に登場するラジニの台詞「ただし魔法は尻から出る」が元ネタと思われる。
  • フレーバーテキストの元ネタは漫画『北斗の拳』に登場するサウザーの部下であるモヒカンが火炎放射器を振り回しながら発する有名な台詞「汚物は消毒だ〜!!」。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:常時能力によってバニッシュするシグニの選択はアタック宣言と同時に行いますか?それとも3枚トラッシュに置いて、捲れた<ウェポン>シグニの枚数を確認してから選択出来ますか?
A:通常、公開領域にあるカードを選択する効果は、使用宣言した際に、カードの選択を行いますが。「A、その後B」と記載された効果においては、「B」で選択するカードは、Aの効果解決後に選択します。《弩炎 フレイスロ大佐》の場合、カード3枚をトラッシュに置き、捲れた<ウェポン>シグニの枚数が確定してからバニッシュするシグニを選択します。

Q:常時能力が解決されるタイミングは正面のシグニバトルを行う前ですか?それとも後ですか?
A:《弩炎 フレイスロ大佐》常時能力は、自身のアタック宣言と同時に発動します。常時能力が解決したことによって《弩炎 フレイスロ大佐》の正面のシグニバニッシュされた場合、《弩炎 フレイスロ大佐》は正面のシグニバトルを行うことなく、対戦相手に直接ダメージを与える事が可能となります。

Q:「パワーが「あなたのトラッシュにある<ウェポン>シグニの枚数×3000」以下の対戦相手シグニ1体をバニッシュする。」とはどういうことですか?
A:ライフバースト発動した時点でトラッシュに置かれた<ウェポン>シグニの枚数が多ければ多い程、パワーの大きいシグニバニッシュ可能となります。例えば、バースト発動時、トラッシュに5枚の<ウェポン>がある場合、5×3000で15000以下のシグニ1体をバニッシュすることが可能です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-11 (月) 13:02:58 (67d)