龍炎(りゅうえん)昇拳(しょうけん)

カード名龍炎の昇拳[リュウエンノショウケン]
カードタイプスペル
コスト赤(0)限定条件ユヅキ限定
以下の2つから1つを選ぶ。
「あなたのシグニ1体をバニッシュする。そうした場合、パワー8000以下のシグニ1体をバニッシュする。」
「あなたのシグニ1体をバニッシュする。そうした場合、対戦相手のエナゾーンにある【マルチエナ】を持つカード1枚をトラッシュに置く。」

 セレクターズパック Vol.5で登場したユヅキ限定のスペル

 ユヅキユニークスペル
 バニッシュできる範囲や限定条件は異なるが《硝煙の気焔》とほぼ大差無く、レベル3以下のシグニならほぼバニッシュできる。
 ただレベル4以上のシグニ《羅植 ラフレレ》くらいしかバニッシュできない為、対戦相手レベル4のシグニを3体同時に並べられてしまうとほぼ確実に通用しなくなり、腐る。
 対戦相手ルリグレベルバニラであったり、レベル5であったりする場合には2つ目のモードを使う、或いはエナフェイズでこのカードエナゾーン送りにする事も考えたい。
 カードを3枚消費することになるが、自分のシグニもバニッシュできるためエナを2つ増やす手段としても扱える。何が何でもエナが欲しい緊急時には役立つだろう。

 2つ目のモードとして、対戦相手エナゾーンからマルチエナを持つカードトラッシュ送りにできる。
 いざという時に便利なように見えるが、【ユヅキ】はそもそも対戦相手エナゾーンにあるカード、特にマルチエナを削るカードが大量にあり、それを知られているのであれば対戦相手は確実にマルチエナを優先して消費するだろう。
 つまり実際はこのカードマルチエナを削りにいける事は少なく、マルチエナを使わせない牽制としての役割が強い。
 とはいえマルチエナを使わなければならないデッキもある為、対戦相手デッキによってはこちらのモードの方が通じる場合もあるのは覚えておきたい。

 ただコストこそ重いものの上記2つのモード以上の事を1枚でこなせる《龍鳳の排炎》の存在と、スペルならコストを払わずに使用できる《遊月・伍》の存在も覚えておきたい。

  • 元ネタは格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズに登場する、リュウやケンの代表的な必殺技の一つである昇龍拳だろう。
    特に『スーパーストリートファイターII』以降、ケンの昇龍拳を強で出した場合のファイヤー昇龍拳と思われる。 (炎の昇龍拳→龍炎の昇拳のアナグラム)
  • イラスト通り、拳を突き上げながら飛び上がり、アッパーカットで攻撃する技。
    プロモパック版のフレーバーテキストはこの技が出始めに無敵時間を持ち、相手の空中からの攻撃を迎撃するのによく用いられることからで、ポイントキャンペーン版は技を出す際のコマンド(右・下・右下)を、ビトレイドセレクター版はそのコマンドをテンキーの配置で表したもの(右が6、下が2、右下が3)で表している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《龍炎の昇拳》の使用手順を教えて下さい。
A:下記の手順となります。
 1.《龍炎の昇拳》の使用を宣言、「8000以下をバニッシュ」「マルチエナをトラッシュに置く」の2つからどちらの効果を使用するのかを宣言する。
 2.自身の場にあるシグニと、「パワー8000以下のシグニ」もしくは「エナゾーンにあるマルチエナを持つカード」を選択する。
 3.対戦相手のスペルカットインの有無を確認する。使用される場合、ここでスペルカットインの効果を解決させる。
 4.《龍炎の昇拳》の解決に入る。1.で選択した効果に沿って、効果を解決させる。

Q:「パワー8000以下のシグニ1体をバニッシュする」効果によって、自身の場にあるシグニを選択し、バニッシュすることは出来ますか?
A:はい、「対戦相手のシグニ」に限定されておりませんので、自身の場にあるシグニを選択し、バニッシュすることが可能です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-10 (水) 10:01:07 (340d)