羅石(らせき) サンスト》

カード名羅石 サンスト[ラセキサンスト]
カードタイプシグニクラス精羅:宝石
レベル4パワー12000限定条件花代限定
【クロス】《羅石 ムンスト》の右
【クロス常】:このシグニのパワーは15000になる。
【起】手札から<鉱石>または<宝石>のシグニを合計3枚捨てる:あなたと対戦相手のライフクロス1枚をクラッシュする。
【クロス常】:このシグニが【ヘブン】したとき、ターン終了時まで、このシグニは【アサシン】を得る。
【ライフバースト】:対戦相手のシグニのうち、最も小さいパワーを持つシグニ1体をバニッシュする。

 インキュベイトセレクターで登場したレベル4・精羅宝石花代限定のシグニ

 手札を捨てることでこちらと対戦相手ライフクロスクラッシュすることができる。その性質上、自身のアサシン付与能力に加え《火紅柳緑》とは絶大なシナジーを誇る。
 しかし《火紅柳緑》を採用する場合、複数採用が前提と宝石および鉱石のみの構築を強いられるため、ガードを持つシグニと防御アーツを採用しづらくなるため4まで上がることが難しくなる。
 《火紅柳緑》を採用する場合は、ライフバーストを強めにすることを推奨する。

 また、その難点に加えアサシンを得る為にはヘブンしなければならないので他のクロスシグニ同様アタックそのものを止められるカードに弱い。
 相方の能力もそれほど勝手の良いものではないのが尚更使い勝手の悪さに拍車をかける。
 アサシン化自体はフィニッシャーとして非常に強力なのでそこを考慮してやりたいところ。

 クロスシグニのサポートカードの中でも《立炎交差》限定条件の無いカードなので《羅石 ロズオラ》らも持つ花代と相性が非常に良い。
 多少は勝手が良くなったと言えるがそもそもこちら以上に《羅石 ロズオラ》らが使いやすいこともあり、やはりフィニッシャーとしての活躍が限度だろう。
 

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:手札の<宝石>と<鉱石>が2枚しかない場合、2枚を捨てて起動能力を使用できますか?
A:いいえ、3枚と指定されていますので3枚捨てる必要があります。2枚以下の場合、能力を起動できません。

Q:起動能力によってお互いのライフバーストが発動した場合、どちらが先に解決されますか?
A:同時に発動条件を満たした能力やライフバーストは、ターンプレイヤー側から先に発動・解決されます。この場合、《羅石 サンスト》側のライフバーストが先に解決します。

Q:起動能力はクロス状態でなくても使用できますか?
A:はい、「クロス起」と記載されていないので、クロス状態でなくても使用することができます。

Q:「このシグニがヘブンしたとき、〜【アサシン】を得る。」とはどういうことですか?
A:「アタックしたとき」や「ヘブンしたとき」発動条件を満たす能力や効果は、そのシグニが正面のシグニとバトルを行ったり、対戦相手にダメージを与えたりするより先に、解決されます。《羅石 サンスト》のヘブンが達成された場合、《羅石 サンスト》はアサシンを得ますので、正面のシグニとバトルを行うことなく、対戦相手にダメージを与える事ができます。

Q:ライフバーストが発動したタイミングで最も小さいパワーを持つシグニが複数体ある場合、どうなりますか?
A:この場合、最も小さいパワーを持つシグニのうち、1体を選んでバニッシュすることができます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-17 (金) 14:45:20 (879d)