羅星宙姫(らせいそらひめ) ≡ラアー≡(ブレイズラアー)

カード名羅星宙姫 ≡ラアー≡[ラセイソラヒメブレイズラアー]
カードタイプシグニクラス精羅:宇宙
レベル5パワー15000限定条件カーニバル限定
【常】:このシグニがデッキか手札かトラッシュにあるかぎり、あなたの効果1つによってこのシグニのレベルを参照する場合、レベル4として扱ってもよい。
【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたのデッキの一番上を公開する。その後、それがレベル4のシグニの場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
【起】【メインフェイズ】【アタックフェイズ】[赤(0)]:カード名に《サーバント》を含む対戦相手のシグニ1体をトラッシュに置く。
【ライフバースト】:対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。

 アンソルブドセレクターで登場したレベル5・精羅宇宙カーニバル限定のシグニ

 宇宙お馴染みの参照時レベル4として扱える常時能力と二つのシグニ破壊能力を持つ攻撃型シグニ

 自動能力は通常のアタックバニッシュだが、にしてはレベルパワーの制限もないため効果範囲が非常に幅広い。
 条件となるデッキトップ公開も今のカーニバルならばレベル4に加え、これと同じ参照時レベル変動シグニデッキを組むことは容易のため問題はない。

 フレーバーテキストでも発言しているサーバントトラッシュ送りにする起動能力は同時に出た《カーニバル −MAIS−》と強いシナジーを意識してデザインされており、
 《カーニバル −MAIS−》自動能力が発動する限り毎ターン好きな相手シグニ1体をトラッシュに飛ばせる非常に強力なもの。
 また使用回数に制限もないため《鎧終一触》で全ての敵シグニサーバントに変えれば敵を全滅させつつエナも与えない凶悪な制圧力を発揮する。

 これら二つの能力が機能し続ける限り、能力だけで自分のターンに2体、相手ターンに1体のシグニを苦も無く倒し続けられる。
 たとえ耐性で対抗しようとしてもアーツルリグシグニの三方向に対処できるカードは数えるほども無い為、かなりの効果が見込める。
 非常に強力な反面、当然相手も能力発動前にこのカードを倒そうとするだろう。《自由自罪》で守ったり《羅星 ≡ホルス≡》などで空いた場をカバーする手段も用意しておこう。

  • ラー(Ra)はエジプト神話の太陽神。ハヤブサの頭を持つ全宇宙の創造主とされ、ピラミッドはラーの化身として地上を支配したファラオの魂を太陽に送り返すために築かれたとも言われている。
  • フレーバーテキストの元ネタはWEB小説『ニンジャスレイヤー』の主人公の決め台詞。

関連カード

カード名に《サーバント》を含むシグニ

収録パック等

FAQ

Q:常時能力は具体的に何が起こりますか?
A:例えば、場にある《羅星宙姫 ≡ラアー≡》の自動能力で《羅星宙姫 ≡ラアー≡》が公開された場合、それを本来のレベル5ではなくレベル4として扱い、対戦相手のシグニ1体をバニッシュできます。

Q:起動能力は複数回使えますか?
A:はい、特にターン1回などの回数制限もなく、エナを支払う必要もありませんので、メインフェイズかアタックフェイズの能力を使用できるタイミングであれば何度でも使用宣言が可能です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-17 (木) 02:22:19 (648d)