羅植(らしょく) サクラ》

カード名羅植 サクラ[ラショクサクラ]
カードタイプシグニクラス精羅:植物
レベル4パワー12000限定条件-
【常】:あなたのメインフェイズの間、対戦相手のシグニ1体がバニッシュされるたび、あなたのデッキの一番上のカードをエナゾーンに置く。
【常】:あなたのアップ状態のシグニ1体が効果によってダウンしたとき、あなたのデッキの一番上のカードをエナゾーンに置く。(コストの支払いおよびアタックによるダウンは効果に含まれない)
【ライフバースト】:あなたのデッキの一番上のカードをエナゾーンに置く。その後、あなたのエナゾーンからカードを1枚まで手札に加える。

 ビギニングセレクターで登場したレベル4・精羅植物シグニ

 1つ目の能力は、メインフェイズの間に対戦相手シグニバニッシュする度にデッキの一番上のカードエナゾーンに置く常時能力
 には《犠牲》《付和雷同》などの高パワーシグニバニッシュするカードが多く、この能力発動が狙いやすい。
 他では、《金木犀の巫女 タマヨリヒメ》《星占の巫女 リメンバ・デッドナイト》などのバニッシュする能力を持つルリグで採用できる。

 2つ目の能力は、アップ状態のシグニ効果によってダウンした時にデッキの一番上のカードエナゾーンに置く常時能力
 能動的に発動を狙えるのは《堕絡》《一燭即発》《ホワイト・アウト》しかない。
 一方で、対戦相手アーツライフバーストによってダウンさせられた場合にも発動するため、それらのカードへの牽制になる。

 《堕絡》は特に相性が良く、対戦相手シグニ1体をバニッシュしつつ、2つの常時能力発動条件を満たすことができる。

  • 登場時はこのカード《羅植 モウセン》のみ他の<精羅植物>と異なり冠称が「羅」ではなく「羅」、つまり扁(きへん)でなく扁(のぎへん)となっていたが、2016年3月25日にエラッタの適用が発表され「羅」に統一された。
    簡体字中文版では《罗植 樱花》と初版から木扁の「植」が使われている。

関連カード

−イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:ライフバースト解決時に、一番上のカードエナゾーンに置いた後、手札に加えるカードを選ぶことは出来ますか?
A:はい、ライフバースト効果にある、エナゾーンにあるカード手札に加える効果は、デッキの一番上のカードエナゾーンに置いた後に選択します。

Q:に《羅植 サクラ》1体と《制限された表現 ドット》が居る状態で対戦相手《ドント・ムーブ》使用し、こちらのアップ状態のシグニ2体がダウンしました。
  この場合、《羅植 サクラ》の常時能力は何回発動しますか?
A:この場合、《羅植 サクラ》常時能力は2回発動条件を満たし、2回発動します。

Q:効果によってのダウンと、効果以外によってのダウンの違いを教えてください。
A:アタックすることによるダウン効果によるものではありません。
  また、シグニルリグ能力で、コロン( : )によって区切られた左側はコスト、右側が効果です。スペルアーツに書かれている処理はすべて効果です。
  よって、スペルアーツに書かれている「ダウンする(させる)」という処理、およびシグニルリグ能力でコロン( : )より右側に書かれている「ダウンする(させる)」といった処理によって、《羅植 サクラ》は発動条件を満たします。

Q:《バイオレンス・スプラッシュ》《原槍 エナジェ》起動能力などによって対戦相手シグニバニッシュされトラッシュに送られたとき、《羅植 サクラ》の1つ目の常時能力発動しますか?
A:はい、《バイオレンス・スプラッシュ》などによってトラッシュに置かれたとしても「バニッシュされた」ことに変わりなく、《羅植 サクラ》の常時能力発動します。(2015/01/05)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-24 (日) 23:34:03 (935d)